日々是好麺

S谷の食べた麺の記録。





広島ぶち辛つけ麺 am/pm弁当

am/pm弁当 広島ぶち辛つけ麺今年393杯目。犬の散歩の途中、am/pmで買ってきた、コンビニ弁当の広島つけ麺。値段は450円なり。醤油ダレにラー油とゴマを混ぜてつけ汁を作る。ラー油はお好みの量を入れろということだが、とりあえず全部入れてみた。麺は6つのブロックに小分けされた黄色い中細麺。付属の水をかけて麺をほぐしておく。チャーシュー1枚、メンマ、茹でたキャベツとモヤシ、万能ネギが入る。

一口目、辛さはさほど感じなかったのだが、遅れて数秒後にジワッとした辛さがやってくる。さらに時間が経つと、舌と唇に痛みを感じるほど。

とりあえず、食べたということの報告まで。
posted by S谷 08:45comments(0)trackbacks(1)






エースコックカップラーメン 頑者

エースコック 頑者カップ今年319杯目。
本川越にある頑者(がんじゃ)の味の再現を試みたカップラーメン。スープは液体のみ。お湯を注ぐ前に入れるのは、ネギやチャーシューの入った乾燥かやくだけ。麺は中太で、お湯で戻す時間は5分。食べる直前に液体スープ、ふりかけ(魚粉)、海苔を入れる。液体スープを少しなめてみたが、魚の風味がかなり濃厚。仕上げに魚粉を入れるので、風味はさらに増加される。
かなり出来のいいスープだった。インスタントでもこんなスープできちゃうんだね。驚いた。

posted by S谷 16:30comments(0)trackbacks(1)






池袋大勝軒 元祖つけめん カップラーメン

池袋大勝軒元祖つけめんカップ今年279杯目。
池袋大勝軒のつけめんの味を再現した、エースコックのカップラーメン。あつもりで食べるように作られているが、麺を洗って冷やしても食べられそう。実店舗の味を知らないのでどこまで再現できているのかはわからないが、大勝軒十五夜@新宿御苑や新宿大勝軒@大久保とはだいぶ違う感じで、つけ汁には酸味が強く出ている。熱湯5分と書かれているけど、98度のお湯で5分ではちょっと短い感じ。きちんと沸騰したお湯で作らないといけなかったかな?

とりあえず食べたってことの報告まで。
posted by S谷 23:24comments(0)trackbacks(0)






香味スープの贅沢 焼ホタテの香り立つ海鮮塩

昼にマルちゃんの「金のたまご」うどんを食べた。中村屋のプロデュースしたカップ麺で、ホントに鶏油の味がする和風ラーメンみたいな塩スープなのだけれども、一応うどんだからカウントには入れない。

夕方、サークルKサンクスと日清食品コラボの「香味スープの贅沢 焼ホタテの香り立つ海鮮塩」を食べる。これが今年の247杯目。

ホタテの味かどうかよくわからなかったけれど、ひるがおみたいな風味を少し感じる塩スープ。お湯を入れて4分待つように書かれているが、この時間では麺がほぐれにくかったので1分ほど余計に待った。だけれども、延びにくいノンフライ麺なので、多少多めに待っても大丈夫。

別添の香味オイルの風味がよかった。
posted by S谷 19:00comments(0)|-






汐留ラーメン@日清食品カップラーメン

汐留ラーメン限定塩カップ今年214杯目。
日本テレビの企画から誕生した「汐留らーめん」が5月7日まで限定で出していた、ハンバーグ入り塩ラーメンの再現を試みたカップラーメン。実物を食べたことがないのでどこまで肉薄できているのか評価することはできないが、とりあえず食べてみた。
ハンバーグはレトルトで提供される。実物はタケノコ、タコなどを練り込んであり変わった食感が楽しめるとのことだが、タケノコしかわからなかった。味は微妙。ハンバーグ以外の具が寂しいのがちょっと残念。スープは鶏の香りがする塩味。カップ麺のスープとしては、よくできているという印象。

posted by S谷 09:19comments(0)trackbacks(0)






麺や雅(みやび)@十勝新津製麺カップラーメン

麺や雅@カップメン今年205杯目。
今年2度目のカップラーメンは、十勝新津製麺の「麺や雅 焼伝説焼醤油(298円)」。札幌ら〜めん共和国に出店している、石狩市に本店を置く有名店のメニューを再現することを試みたカップラーメンだ。ノンフライ麺+レトルト具材という、十勝新津製麺お得意のスタイル。入っているのは、海苔、感想具材(ネギ)、液体スープ、レトルトのチャーシューとメンマ。粉末スープは使わない。

「焼醤油」というネーミングから、焦がし醤油系の濃厚で香ばしいスープを期待していたが、そうではなかった。濃い目ながら上品な感じの醤油スープなので、いわゆる北海道ラーメンの定番スタイルとはちょっと違う。お湯を入れる前は細い麺だと思っていたが、時間が経ってふたを開けるとけっこうな太麺になっていたのは驚いた。まぁ、じゅうぶん美味しいのではないでしょうか。

今回は、レトルトの水分は捨ててから具をカップに入れた。こうやって作る方が美味しいように思える。
posted by S谷 23:43comments(0)trackbacks(1)






光麺@CircleKSunkus 熟成光麺カップラーメン

カップの熟成光麺今年194杯目。しかも初のインスタントラーメン(「緑のたぬき」は何度か食べたけど、あれはラーメンではないし)。

お店と同じかどうかという議論は置いておいて、やっぱりノンフライ麺は美味しいね。
レトルトは別の容器に熱湯を入れて温めて、麺が戻った後にドバーッと入れる。この手のインスタントラーメンを作るときいつも気になるのが、レトルトに入っている汁。やっぱり入れない方がいいのかな。これで味が変わっちゃう気がする。
posted by S谷 17:26comments(0)trackbacks(0)