日々是好麺

S谷の食べた麺の記録。





西尾中華そば@駒込

西尾中華そば 本日の中華そば 高座豚のざる中華

■本日の中華そば 高座豚のざる中華/750円

「馬鹿中華」を食べるつもりで行ったのだが、店頭には「本日の中華そば 高座豚のざる中華」と書かれたポスターが出ている。あれ? 明日からじゃなかったっけ? と思いながら注文してみた。まだ6月なのに、西尾さんうっかり仕込んでしまったようだ。

前金制。「豚丼(300円)」も一緒に注文し、合わせて1050円。最初に豚丼が出て、それを食べながら「高座豚のざる中華」の出来上がりを待つ。この豚丼、あくまでラーメンのサイドメニューなのでミニサイズだが、これで一杯きちんと食べたくなるくらいに美味しい。

で、しばらくして「高座豚のざる中華」が出来上がる。トウモロコシ麺の独特の食感と、つけ汁の表面を覆う油の感じが何かに似ている。そう、お蕎麦の鴨南蛮にそっくり。もちろん油も肉も鴨とは違うが、なんかよく似ているのだ。そのせいか(だからかどうか知らないが?)、このつけ汁には七味がよく合う。大きめに切られたネギもそれっぽい。美味しゅうございました。

次回こそは「馬鹿中華」を食べよう。それにしても「豚丼」美味しすぎ。こちらで食事される際は、おなかに余裕があればぜひ一緒に食べることをお勧めします。


■西尾中華そば
東京都北区西ヶ原1-54-1
posted by S谷 12:45comments(0)trackbacks(0)






【新店】自家製麺 伊藤@赤羽

自家製麺 伊藤 肉そば

■肉そば/750円

煮干しラーメンの名店、王子神谷の『伊藤』の系列店で、14日にオープンしたばかり。店主は王子神谷のご主人の息子さんにあたり、鶯谷『遊』店主の弟さんにあたる方だそうだ。お店の外装は古い民家そのもので、看板も出ておらずとてもラーメン屋さんには見えない。営業時間を書いた手書きのポスターと「営業中」の札だけが目印になっている。食券制で、券売機は建物右の通路を奥に入ったところにある。

メニューは『伊藤』ならではの「中華そば」に、王子神谷にはない「比内鶏そば」の2本立て。これらはトッピングはネギのみのいわゆる「かけそば」で、「肉そば」にするとチャーシューが入る。「比内鶏そば」にも惹かれるが、当初の予定通りの「肉そば」を注文した。

煮干しを強く効かせた醤油味のスープに、堅めに茹で上げた自家製の細麺。チャーシューは過剰に味付けしておらず、肉の甘みを味わえるもの。煮干し風味はガツンと効いており、スープには銀色の煮干し粉が浮くほど。けっこうなインパクトがあるけれど、どこか優しい和の雰囲気もある。美味しゅうございました。


■自家製麺 伊藤
東京都北区赤羽1-2-4
posted by S谷 18:52comments(0)trackbacks(0)






【新店】西尾中華そば@駒込

西尾中華そば 中華そば+味付玉子

■中華そば/700円 味付玉子/100円

5月14日にオープンした、渋谷に本店を構える『凪』の新店。渋谷本店で日曜日に試験営業(?)していた『西尾中華そば』が路面点として開業し、駒込のしもふり商店街に店舗を構えた。5〜6人も入ればいっぱいになるカウンター席のみのお店で、ゴールデン街のお店よりも狭いらしい。屋号の通り、お店を仕切るのは『凪』中心メンバーの西尾さん。お店に着いたのは午後2時を過ぎていたが、地元商店街の人なのかな? お客さんでいっぱいでずっと満席状態だった。

甘めに仕立てた醤油ラーメン。鶏と魚とトウモロコシをモチーフにしたお店のマークの通り、スープは鶏と魚介のダブルスープ、トウモロコシの粉「マサ」を練り込んだ特製麺を使っている。味玉は、西尾さんならではの黄身をとろとろに茹でたもの。チャーシューは焼き上げた豚バラ肉。以前、西尾さんは「シンプルな中華そばですよ」と言っていたが、現代風で独創的なラーメンになっており、「中華そば」というノスタルジックな言葉で表現できるものではない。美味しゅうございました。

今のところはラーメンは「中華そば」1種類だが、そのうち塩味や、西尾さんきまぐれの「本日の中華そば」も始まる予定。

お店を出て、車を駐めたコインパーキングに戻る途中にBakuさんと遭遇。うわ〜、車で来るんじゃなかった。1杯でいいから(?)ビールをご一緒したかったなぁ。


■西尾中華そば
東京都北区西ヶ原1-54-1
posted by S谷 18:46comments(0)trackbacks(0)






麺処 ほん田@東十条

麺処ほん田 香味鶏だし味玉らーめん

■香味鶏だし(あっさり)味玉らーめん/750円

今年の2月にオープンしたお店。食べてきた知人がこぞって「美味い」と言っているので、ぜひ食べてみたかった。天気が良いので、家から片道15kmほどの距離を自転車で行ってみた。東十条、思ったより遠くない。

18時半過ぎにお店に着くと、お店の外では2人待っている。近くに自転車を停めて振り返ると、いつの間にか8人待ちに! オープンから3ヶ月、確実に行列のできる人気店になっているようだ。

食券を買ってから列で待つ仕組み。メニューは「香味鶏だし(あっさり)」「濃厚豚骨魚介こってり」の2種類のラーメンに、「魚介」「柚子」の2種類のつけ麺。今回は「香味鶏だし味玉らーめん」を食べてきた。店頭のメニュー以上にも、券売機には数多くのメニューが書かれていた。

和だしの香りが効いた鶏主体のスープに、独特の香ばしさがある香味油。固めに茹でられた細麺も、このタイプのスープには珍しいかも。トッピングはザックリ切られた大量のネギに、水菜、ピンク色のチャーシュー、メンマ、海苔、味玉(こいつはオプション)。チャーシューは噛み切れない筋が残っており、そこだけちょっと気になった。

独特の香味油は、ニンニク、ショウガ、タマネギ、鷹の爪、リンゴを揚げて作ったものだとのこと(と店頭の雑誌に書いてあった)。今度マネして家で作ってみよ。

美味しゅうございました。「こってり」のラーメンやつけ麺も食べてみたいですねー。


■麺処 ほん田
東京都北区東十条1-22-6
posted by S谷 21:23comments(0)trackbacks(0)






中華そば屋 伊藤@王子神谷

伊藤 肉そば
続きを読む >>
posted by S谷 12:10comments(0)trackbacks(1)






玄蔵@東十条

玄蔵 玄流麺
続きを読む >>
posted by S谷 21:00comments(0)trackbacks(0)






燦燦斗(さんさんと)@東十条

燦燦斗 らーめん+味玉
続きを読む >>
posted by S谷 20:15comments(0)trackbacks(0)