日々是好麺

S谷の食べた麺の記録。





福寿@南台

南台福寿 中華そば

少し前の『金めじ』で、食べ歩きのベテランI氏から教わったお店。笹塚『福寿』の兄弟店が、南台にあるというのだ。

中野通りから南台商店街を入り、しばらく行くと左手にあるお店。なるほど暖簾は笹塚『福寿』と同じだ。ドアを開けると、煮干しの香りならぬタバコのニオイがプワ〜ンと漂う。常連さんが飲みながらタバコを吸っているようだ。まぁ、僕も喫煙者なのでこういう状況には理解があるつもりだが、このニオイはおそらくガラム……?? これにはちょっと参った。

手前のテーブル席について「中華そば(500円)」を注文。先に料理の注文が入っており、僕の注文分の調理は後回し。おかげで待っている間にガラムのニオイは落ち着き、店内には煮干しの香りが顔を出してきた。ちょうどよい頃合いに「中華そば」登場。確かに前評判どおり、東京風醤油ラーメンの昔ながらの正統派スタイルで、ちょっと煮干し風味を強くチューニングしたという感じ。「普通のラーメン」と言ってしまえばそれまでだが、いわゆる「昔ながらの東京ラーメン」全盛の時代でもなかなか美味しかったのではないかと思う。

完食……、あッ、器の底に「日本一」って書いてない。
posted by S谷 19:00comments(0)trackbacks(1)






麺や 七彩@都立家政

七彩 ちゃーしゅーめん タイプB

何度も振られた『七彩』だが、ようやく再び行くことができた。「あるだけ限りの限定冷やし担々麺」にも惹かれたが、今度こそはとレギュラーメニューの「喜多方ちゃーしゅーめんタイプB(920円)」を注文。Bというのは喜多方の名店『坂内』の頭文字で、『坂内』っぽい塩ラーメンということらしい。

何年も前に喜多方で食べた『坂内』の味はあんまり覚えてないが、だいぶ違うような気がするが旨い。チャーシューは柔らかなバラ肉と、しっとりとした赤みの肉の2種類が入っている。麺はもっちりした太めの縮れ麺。麺のスープも具材も美味しく、とても満足できる一杯だった。美味しゅうございました。

なお、『坂内』といえばチェーン展開しているのでおなじみの店ではあるが、本家とチェーンではガンダムとジムくらいは違う……と言ったらわかりやすい…かな?
posted by S谷 17:20comments(0)trackbacks(0)






十八番(おはこ)@野方

十八番 らーめん

『七彩』に行ったら、まだ中にお客さんいっぱいいるのに100食完売の札が出ている。あとちょっと早く来れば食べられたのかな…と思いつつ、仕方ないので引き返す。目当てのお店に降られた後は、他の気になるお店に行けるチャンス。今日は「孟宗竹を使った手打ち麺」ということで前々から気になっていた野方の『十八番』に立ち寄った。

カウンター6席のみのお店かと思ったら、奥にテーブル席もある。空いていたカウンター席に座り、「らーめん(700円)」を注文して出来上がりを待つ。なかなか盛況でほぼ満席。団体客も何組か訪れていたがご主人は丁重に断っていた。

しばらく待って「らーめん」の出来上がり。チャーシュー2枚に多めのメンマ、ネギがトッピングされている。スープは醤油味。東京風のオーソドックスなスープだが、ちょっとオイリーで甘味があるのが特徴かな。孟宗竹で打ったという麺の太さはかなり不ぞろい。歯ごたえ・コシもばらばらだけれども、不規則な食感が予想不能で面白い。この麺、味も香りもなかなか強く、パンみたいな香りすら感じられる。

決して今風の洗練されたラーメンではないのだけれど、近くにあったら時々食べたくなるかもしれない。
posted by S谷 18:22comments(2)trackbacks(0)






麺や 七彩@都立家政

七彩 冷やしらーめん(塩)

かねてよりの宿題店『七彩』をようやく初訪問。標準メニューも食べてみたいが、今日の目当ては「冷やしらーめん(塩)」。

雑誌か何かの取材かな? カメラマンさんが写真を撮っている。撮影機材の脇を通って奥に入ると先客1名。そのお客さんがお店の方とずっとしゃべっている。常連さんかと思って見たら、石神秀幸さん。おー、取材に来ていたのですね。

冷やしラーメンは7種類もラインナップされている。塩味の冷やしは820円の食券で注文する。オーダーの際「塩で…」と伝えると、わさびオイルの有無を尋ねられる。よくわからないが美味そうなので『入り」で注文。

ちと写真の補正がうまくいかなかったのだが、実物は赤や緑や黄色やピンクできれいな一杯。糸唐辛子にキュウリ、ネギ、変な海藻、メンマそっくりなメンマじゃないもの、ピンクのチャーシュー。麺は平たい太めの縮れ麺。何というか……………、スープと麺と具材が美味しいです。スープは鶏と魚の風味。わさびオイルもほどよい刺激を加えている。麺はもぎもぎ・もちもち・ギュッ・ポン!という感じの存在感のあるもの。糸唐辛子はほどよい辛味を与え、変な海藻とキュウリがザクザクした食感を加え、そして何よりチャーシューが大変なことになっている。このチャーシューは美味すぎ。

お店の方に伺ったところ、変な海藻は石垣島産の「スーナ」。向かいの沖縄物産店に売っているそうだ。そしてメンマそっくりなメンマじゃないものは芋がら。里芋の茎を干した物らしい。

いやー、もっと早くくれば良かった。美味すぎ。そろそろ冷やしも終わりらしいので、今から7種類コンプリートするのはちょっと無理だ。冷やしの終了後は、「白湯つけ麺」を始めるとのこと。鶏白湯なのかな? 『むさし坊』出身のお店なだけに楽しみですね。
posted by S谷 19:05comments(0)trackbacks(0)






好日@東中野

好日 煮玉子らぁめん

東中野の『好日』で夕食。何年か前に友人に連れられて行った覚えがあるが、このブログを始めてからは初めてかも。今回は「煮玉子らぁめん(800円)」を注文。

正統派の醤油ラーメン。無化調とのことだが、さまざまな食材が重層的に風味を構成しており物足りなさはない。煮干しや鶏、カツオ、昆布などの味がはっきり感じられるがうまく馴染んでいる。それぞれの食材はオーソドックスな醤油ラーメンでよく使われるものなので、多くの人が懐かしさを感じそうな味。だけれど、昔そこらでよく食べることができたラーメンのレベルではない。きっと、厳選された食材をバランスよく巧みにまとめているのだろう。美味いです。麺はツルツルした太めのストレート麺。玉子麺っぽい甘さも感じる。

トッピングは赤身のチャーシュー、細裂きのメンマ、海苔、味玉、ネギ。チャーシューは柔らかくジューシー。味玉は中までしっかり味が染みているが、ほどよい加減の醤油味。メンマはタレではっきりとした味がつけられている。

夜に行ったせいか、餃子とビールで軽く一杯やりラーメンで締めるお客さんが多い。家の近所にあったら僕もこういう食べ方をしたくなった。美味しゅうございました。
posted by S谷 20:00comments(0)trackbacks(0)






らーめん 麺好(めんこう)@中野富士見町

麺好 ラーメン
続きを読む >>
posted by S谷 14:55comments(0)trackbacks(1)






無骨地味そば 短太固(たんたこ)@中野新橋

短太固そば
続きを読む >>
posted by S谷 14:10comments(0)trackbacks(0)