日々是好麺

S谷の食べた麺の記録。





博多 一風堂@東銀座

一風堂@銀座 本店かさね味

■本店かさね味/850円

珍しく銀座まで来たので、「本店かさね味」が食べられるという銀座の『一風堂』へ。「本店かさね味」は福岡の本店だけで出していたメニューだったのだが、昨年から関東でも数店舗で食べられるようになった。

今まで「赤丸かさね味」の別バージョンみたいなものだと思い込んでいたが、実際に食べてみるとまったく違うラーメンだった。豚骨主体のラーメンだと思っていたが、以前やっていた「極新味」に似た感じがあるので鶏白湯スープがブレンドされているのかな? トッピングは部位の異なる2種のチャーシューに、茹でキャベツ、味玉、刻みタマネギ、ネギ、揚げネギ(?)、ナルト。麺は中太のツルツルしたストレート麺。バリカタで注文したら、アルデンテのパスタみたいだった。次に食べるときは普通の茹で加減でいいかも。へ〜、こういう『一風堂』もあるんだ〜と、楽しく食べられたし美味しかった。

『一風堂』には暮れから丸の内、明大前、銀座と3店行ったが、ぜんぶメニューが違う。共通しているのは「白丸元味」のみで、ほかはこんな感じ。

・丸の内 白丸元味、赤丸かさね味、からか麺
・明大前 白丸元味、赤丸かさね味、博多つけ麺
・東銀座 白丸元味、本店かさね味、からか麺

もちろん考えあってのことなのだろうし、ラヲタとしてはいろいろ違いがあって面白いのだが、普通の人にはちと複雑でわかりにくいのではないかな。

ところで、今年は創業25周年なのだそうで、餃子券をもらえたり25円で替え玉が食べられたりなどいろいろキャンペーンやっています。詳しくはこちら


■一風堂コレクション 銀座店
東京都中央区銀座3-11-14 B1F

あ、住所を調べてようやく気付いたが、「本店かさね味」を出しているお店は屋号に『コレクション』がつくのね……。知るの遅すぎだな。
posted by S谷 15:16comments(0)trackbacks(0)






河原成美 四季のラーメン 特別編/銀座 五行

河原成美 四季のラーメン@銀座 五行 お披露目ちゃんぽん

■お披露目ちゃんぽん/1000円

『一風堂』や『五行』の河原成美社長が手がける創作ラーメンイベント……なのだが、今回はちょっといつもと違う。「特別編」と題し、11月16日にオープンする系列のちゃんぽん専門店『元祖焼麺 ちゃんぽん太郎』のお披露目会を行った。今回もラーメン好きのお仲間さん、いけ麺@so-netさんとがぶさんと一緒に行ってきました。

河原社長はかつて福岡で『アフター・ザ・レイン』というダイニングバーを営んでおり、そこの名物のちゃんぽんを復刻したということらしい。今回はお披露目会で1000円。基本メニューのちゃんぽんが1000円するわけないだろうからどうやって出してくるのかと不思議だったが、別皿で豪華なトッピング(キャベツの酢漬け、豚バラのチャーシュー、味玉、チーズ入りハムカツ、鶏唐揚げ、小さなおにぎり)がついてじゅうぶんにお得な価格になっている。

たっぷりの野菜やシーフードが入ったちゃんぽん。白濁したスープには旨味が凝縮されており、これは素直に美味い! 『元祖焼麺』の名が示す通り、麺には焦げ目がついている。事前に配布されたパンフレットには「カリッと油で焼いた麺」と書かれていたが、食感の差はそれほど目立たなかったので、もうちょっと極端に焼いちゃってもよさそう。

卓上にはソースや酢、ラー油、カレー粉などが用意されており、好みで味を調整できる。個人的にはソースをかけるのは??な感じだが、以前TBSアナウンサーの安住紳一郎さんがラジオ『日曜天国』で「鹿児島県民の人はちゃんぽんにウスターソースをかける習慣を持っている」と言ってたのを思い出した。今日はラー油を少々と、そして最後にカレー粉を入れて食べた。

食べ終えてレジで代金を支払うと、来週金曜日に行われるレセプションの招待状をいただいた。『四季のラーメン』ならではのスペシャル感はなかったが、豪華なちゃんぽんにレセプションの招待状、じゅうぶんにお得な内容だった。満足!


■元祖焼麺 ちゃんぽん太郎
東京都新宿区西早稲田3-20-2
※2009年11月16日オープン。場所は『一風堂』高田馬場店の斜め向かいあたりかな?
posted by S谷 19:52comments(3)trackbacks(1)






Pour~Cafe@銀座一丁目

Pour Cafe 山形ラーメン

■山形ラーメン/800円

仮アップ。
銀座一丁目のカフェで、山形風の冷やしラーメンが名物のお店だが、今回は熱いラーメンをいただいた。
煮干しや節など魚介素材中心に味を組み立てた醤油ラーメン。かなり熱々。
posted by S谷 17:07comments(0)trackbacks(0)






Pour~cafe@銀座一丁目

Pour Cafe 山形水ラーメン

■山形水ラーメン/900円

前の晩に職場の大宴会。当然のように飲み過ぎてしまい激しく二日酔い。今晩は富士登山というイベントが待っているのに……。お昼に友人のお店で散髪を予約しており、ボケ〜ッとしながら髪を切ってもらっているうちに回復してきた。

散髪後、近所の『Pour~Cafe』で遅めの昼食。あまりコッテリしたものは食べたくないが、こちらには超アッサリの冷やしラーメンがある。ランチメニューはドリンクとセットで900円。今日はジンジャーエールと一緒に注文した。

山形風の冷やしラーメンで、動物系を使わず魚介系食材から水出ししたスープを使った冷たい醤油ラーメン。トッピングはチャーシューに味玉1/2個、メンマ、ネギ、そして器の中央に盛り付けられているのは凍ったスープ。このおかげで器の中はキンキンに冷たくなっているし、溶けてもスープが薄くなることはない。

ゴクゴク飲める感じのさっぱりしたスープは、二日酔いじゃなくても美味しいはず。しっかり完食して、体調もだいぶ元に戻ってきた。食後、有楽町のスポーツショップで買い物をして、夕方には富士山に向かうのだった。


■Pour~Cafe
東京都中央区銀座1丁目14-9
posted by S谷 15:30comments(0)trackbacks(0)






河原成美 四季のラーメン/銀座 五行

銀座 五行 河原成美 四季のラーメン 真赤な太陽

■真赤な太陽/1200円

『一風堂』『五行』の河原成美社長の創作ラーメンイベント。僕は昨年10月の「あら燻薫」、今年2月の「GENKAI TAICHA 2009」、そして5月の「久留米荘はロックだ!」に続いて4回目の参加となります。今回は「麺恋いブログ」のいけ麺@So-netさん「ざんぱーすー」の384さんと一緒に行ってきました。

今回のテーマは「真赤な太陽」。美空ひばりさんのヒット曲ですね。

五行 四季のラーメン
器の中央にドーンと乗った白くて丸いのは自家製の豆腐。ラー油で真っ赤に染まったスープと合わせて、ギラギラ照りつく真夏の太陽を表現しているのだそうだ。そう。お気づきの通り、平たく言えば麻婆豆腐のラーメンである。豆腐を崩すと、下から肉味噌や平打ちの太麺が現れる。スープは物凄く辛そうだが、決して激辛というわけではない。スープの旨味もしっかり味わえる。なんだか甲殻類っぽい香ばしさも見え隠れ。エビ? カニ? やっぱりエビかな? 食べている途中、巨大なミルを持ったスタッフさんが席を回って四川山椒を挽いてくれる。痺れる刺激が加わって、さらに麻婆豆腐化していく。

写真の右に写っているのはパイナップルライス。麺を食べ終えたら残った豆腐やスープをライスに注いでリゾット風にして食べる。パイナップル+麻婆豆腐ってどういう組み合わせなんだと思ったが、パイナップルの酸味が入ると南国風(?)で美味い。

今回はデザートも付く。パイナップルのソースとミントを乗せたライムの氷菓に、チョコレートでくるんだ自家製のラスク。すっぱい刺激が辛いものを食べた口直しにいい感じ。

ほんと食べ終わってしまうのがもったいないです。美味しゅうございました。
posted by S谷 20:32comments(3)trackbacks(0)






河原成美 四季のラーメン/銀座 五行

河原成美 四季のラーメン@五行 久留米荘はロックだ!

■久留米荘はロックだ!/1200円

『一風堂』『五行』の河原成美社長が手がける創作ラーメンイベント。S谷は昨年10月の「あら燻薫」、今年2月の「GENKAI TAICHA 2009」に続いて3度目の参加です。今回、ラーメン好き仲間のふたり、いけ麺@So-netさんがぶさんと一緒に行ってきました。

今回のテーマは「久留米荘はロックだ!」。福岡県は久留米市六ツ門町のうどん屋さん『久留米荘』のうどんにインスパイアされた、うどん風ラーメンということらしい。

麺は限りなくうどんに近づけた中華麺。スープは豚骨清湯をベースに、煮干しや通常の十数倍量の昆布を使っているそうだ。旨味、風味ともに強烈なのだが、不自然な旨味過多な感じは皆無。これはラーメンか? と問われると、やっぱりうどんなのでは……と思ってしまうが、そんなことどうでもいいくらいに美味いです。

つけ合わせは甘辛い豚肉、桜エビ、一本揚げのゴボウ天にあおさ海苔の天ぷら、一口大のおいなりさんにかしわおにぎり、出汁をとった後の昆布。トッピングして食べるのかと思ったが、トッピングはスープに入れずに食べるのが河原社長オススメの食べ方なのだそうだ。スープがあまりに美味く行ったので、その味を崩したくないということらしい。

本当に美味しゅうございました。これだけの料理が1200円なんて破格の安さだ。とても楽しい時間を過ごせた。そして、今回参加した多くの関東人が同じことを考えていると思うのだが、とにかくいちど『久留米荘』のうどんを喰ってみたい!
posted by S谷 20:00comments(5)trackbacks(3)






Pour~cafe@銀座一丁目

Pour~cafe 油ラーメン

■油ラーメン/800円……だっけ?

友人がやっている美容室で散髪。お店を出てきて気付いたが、ここは『Pour〜cafe』のすぐ近所だった。こちらは山形風の冷やしラーメンが名物。だいぶ暖かくなってきたので冷たいラーメンを食べようかと思って行っていると、メニューに「油ラーメン」というのが出ているのに気付いてそれを注文した。

事前にレジで注文と精算を済ませ、席で出来上がりを待つ仕組み。数分待って現れたのは、レタスがたっぷり入ったサラダ風の汁なし和え麺。トッピングはレタスにパプリカ、ニンジン、ネギ、メンマ、チャーシュー、温泉玉子。器の底には酸味のある醤油ダレが沈んでいる。ワシワシかき混ぜて完食。なんだか名前で損をしているように思えるほど、すっきりさっぱり美味しく食べられた。


■Pour~Cafe
東京都中央区銀座1丁目14-9
posted by S谷 12:30comments(0)trackbacks(0)