日々是好麺

S谷の食べた麺の記録。





【新店】極辛BLACKつけ麺 七代目 けいすけ@秋葉原

七代目けいすけ つけ麺 並盛

■つけ麺 並盛/700円 温泉玉子/120円

個性的なラーメンで人気を博している『けいすけ』系列店。この8月26日、秋葉原に『七代目』をオープンした。つい先日『五代目』ができたばかりだから、すごい勢いですね。『七代目』の特徴を一言で表現するのは難しい。「痺れる辛さの味噌つけ麺」というだけでは不十分だな。「満足いくまでたくさん食べられる」というのも大きな特徴だ。

麺のメニューは今のところ「つけ麺」1種類のみ。辛さや量を選べるほか、各種のトッピングもそろっている。この日は「COMING SOON」となっていたが、ちかぢか「七代目らーめん」も始まるらしい。

この日は「つけ麺」を1辛・並盛(200g)で注文した。席に着くと、まず小さなライスが出てくる。このライスはおかわり自由で、卓上のゆで玉子(ひとり2個まで無料サービス)や漬けものをおかずにして食べられる。麺の量は100g増やすごとに100円増しになるが、ライスなら何杯食べても追加料金はない。

つけ麺は、痺れる辛さの黒い香味油が入っており、かなり強めの味付け。土台は味噌味らしいのだが、辛さに隠れてよくわからなかった。つけ汁の器には、ネギやメンマなどの定番の具に加え、白身魚のフライ(カレイらしい)がたっぷり入っている。揚げたてのフライと強めの味付けがいい感じで、ご飯が進む進む。Dさんが言うところの「ご飯がすすむオカズつけ麺」という表現はぴったり。有料のトッピングでは、「とり天」や「豚角煮」など、さらにご飯が進んでしまいそうなものが揃っている。

僕は麺を食べに来たのか、ご飯を食べに来たのかよくわからなくなってくる一杯。こういうのアリなの? と思いつつも、いろいろ食べられて面白かったな〜。


■極辛BLACKつけ麺 七代目 けいすけ
東京都千代田区外神田1-3-4
posted by S谷 13:02comments(0)trackbacks(0)






あたりや食堂@岩本町

あたりや食堂 雷々麺

■雷々麺/700円

宮崎県都城市の老舗が東京に進出。7月21日、神田須田町に支店がオープンした。場所は都営新宿線岩本町駅と秋葉原駅の中間くらいかな?

ラーメンもあるが、こちらの名物はオリジナルの餡かけ麺「雷々麺」。太い麺にピリ辛の餡をかけたもので、味はだいぶ違うが茨城のスタミナ冷やしと少し似ているところがある。

餡に入っている具は挽肉、さつま揚げ、タマネギ、ニラなど。ちゃんぽんの麺を合わせているそうだ。辛さはほんのちょっとピリ辛という程度で、辛いモノ苦手な人でも食べやすいレベル。麺の茹で加減は柔らかめで、食感はフカフカしている。

ランチタイムはサービスで半ライスが付く。餡が残るように麺を食べ終え、半ライスを入れて一緒に食べた。そのせいかもしれないが、全体的に味薄めに感じてしまったなぁ…。もちろん美味しく頂きましたが、ライスのことを考えずに麺にガンガン餡を絡めて食べたら印象違ったのかも。


■あたりや食堂
東京都千代田区神田須田町2-15-3
posted by S谷 14:06comments(0)trackbacks(0)






【新店】ソラノイロ@麹町

ソラノイロ 特製中華ソバ

■特製中華ソバ/950円

6月14日、麹町にオープンした新しいお店。お店はガラス張りで明るくキレイ。店員さんの服装もスタイリッシュで、揃いのワークキャップが格好よかった。女性客も多かったな。ご主人は『一風堂』や『五行』を運営する「力の源カンパニー」出身というのもうなずける。

醤油味の「中華ソバ」と、野菜たっぷりの創作ラーメン「ベジソバ」を軸に、各種トッピングやサイドメニューがある。期間限定のラーメンもあり、今は「グリーンベジ冷麺」というのをやっている。

この日は具だくさんの「特製中華ソバ」を食べてきた。スープに浮いた黄色い油や、青白2色のネギがきれいな醤油ラーメン。見た目の美しさもさることながら、香りがいいなぁ。ネギ油かと思ったら、ラードや鶏油の香りもありますね。土台のスープは鶏や煮干などを旨味をバランスよく合わせたもの。縮れの入った平たい細麺はスープの持ち上げもよく、食感もいい。美味しゅうございました。

この日は「ベジソバ」とどちらを食べるか迷って「中華ソバ」を選んだ。実はこの翌々日(17日)もベジソバ目当てで行ったのだが、ベジソバは12時過ぎで売り切れ。今週末はテレビでも紹介されるというから、しばらくは早めに行って並ばないと食べられないかもしれないな〜。


■ソラノイロ japanese soup noodle free style
東京都千代田区平河町1-3-10
posted by S谷 12:19comments(0)trackbacks(0)






【リニューアル】神保町 可以

神保町 可以 三色つけめん

■三色つけめん(手前から「醤油」「トマト」「海老味噌」)/950円

『渡なべ』系列の『神保町 可以』がリニューアル。看板メニューの「味噌らーめん」を捨てて、新たにつけ麺専門店として再出発することになった。メニューはつけ麺のみでラーメンはない。他には各種のトッピングがあるだけなのだが、スゴイのはつけ汁の種類。なんと8種類も用意されている。

・醤油
・味噌
・海老醤油
・海老味噌
・辛醤油
・辛味噌
・トマト
・カレー

この中から好きなもの1〜3種類を選ぶ仕組み。この日は3種類食べられる「三色つけめん」を注文して、「醤油」「海老味噌」「トマト」を選んだ。麺の周りにつけ汁の器が3つも並ぶ姿は、ちょっと恥ずかしいかもしれない。でも周囲を見たら、たいていの皆さんは2〜3種類食べているのがわかるはず。気後れすることはない。ちなみに「一色」は750円、「二色」は850円だ。

基本的にはどれも豚骨魚介系の同じスープを使っているみたい。見た目はどれもよく似た色で、三色というのはちょっと言い過ぎなんじゃ……とも思うがまぁいいや。

いちばん基本になるのは「醤油」であろう。つけ汁の中に鰹節がそのまま入っており、これが効いているのかな? スモーキーな香りがアクセントになっている。豚骨魚介系スープで醤油味と聞くと、「またあれか」と思うかもしれないが、意外と個性的で美味しかった。「トマト」はケチャップみたいな香りが加わったもの。「海老味噌」は確かにそういう味。

3種類も味があるので、それぞれをしっかり食べられるよう中盛(400g)を注文したら、だいぶお腹いっぱいになった。並盛でも300gあるので、三色でもじゅうぶんに食べられるはずだな。なお、麺は大盛(500g)までが同料金。


■神保町 可以
東京都千代田区神田神保町2-2-12
posted by S谷 12:20comments(0)trackbacks(0)






【新店】ジャンクガレッジ@東京ラーメンストリート

ジャンクガレッジ まぜつけ

■まぜつけ(並盛)/1000円

前日に引き続き、東京駅八重洲地下街の『東京ラーメンストリート』へ。この日は『ジャンクガレッジ』に行ってきた。大崎『六厘舎』からスピンオフした「まぜそば」専門店……と思っていたのだが、今は「迷ったらラーメン!」なんですね。

この日食べたのは東京ラーメンストリート店限定(?)の「まぜつけ」。以前『大つけ麺博』で出していたものが進化したもの。名物の「まぜそば」に2種類のつけ汁を付けて、「まぜそば」としてもつけ麺としても食べられるようにしたもの。手前のつけ汁は濃厚な豚骨魚介スープ。奥はマー油を効かせたカレー風味。

「まぜそば」は、極太麺にゆで野菜や背脂、揚げニンニクチップ、卵黄、タレをまぜて食べるもの。ニンニクや背脂でジャンクな味わい。スープがないということになっているけれど、本当は超濃厚な豚骨スープがちょっとだけ入っている。

2種類のつけ汁は、どちらもドロ〜リとしており、つけ麺風……というよりは、まぜそばをいろんな味で食べるためのディップソースという感じ。もともといろんな味を楽しめる「まぜつけ」を、さらにエスカレートさせた感じで面白い。この日食べたのは並盛り。一般的にはこの店の並盛りは少なくないはずなのだけれど、いろんな味が目まぐるしく出てくるので、もっと食べたかったな。お腹に余裕があるとき、たっぷり大盛を食べにこよう。


■ジャンクガレッジ
東京都千代田区丸の内1-9-1 東京駅一番街B1F
posted by S谷 19:31comments(0)trackbacks(0)






蟹専門 けいすけ 北の章@東京ラーメンストリート

蟹専門 けいすけ 北の章 極上渡り蟹の味噌らーめん 味玉入り

■極上渡り蟹の味噌らーめん 味玉入り/950円

4月8日、東京駅八重洲地下街の『東京ラーメンストリート』がリニューアルオープン。新たに『斑鳩』『七彩』『ジャンクガレッジ』『ほん田』が加わって合計8店舗になった。これに伴って、以前から入っていた『二代目 けいすけ 海老そば外伝』もリニューアル。屋号もメニューも一新し、事実上の新店となったと考えていいのかな。

新たな屋号は『蟹専門 けいすけ 北の章』。その名の通りカニを使ったラーメン……なんて説明がどうでもよくなるくらい、今度の器はスゴイな。ドンブリが北海道の形していますよ。

メニューは味噌・醤油・塩の3種類そろったラーメンに、味噌つけ麺。札幌風のラーメンに、蟹風味を加えたものということらしい。今回食べてきた「極上渡り蟹の味噌らーめん」は、アツアツの油で覆われた味噌ラーメン。網走の沖にあるのはおろしショウガ。途中で加えるとまた美味い。蟹の風味はじゅうぶんに味わえるが、リニューアル前の「伊勢海老そば」とか「四代目」の渡り蟹のインパクトに比べるとちょっと弱め。先日まで新宿住友ビルで行われていたイベントに出ていたものと基本的には同じかな。

後で聞いたところによると、塩や醤油はもっと蟹風味が強いみたい。今度はそっち食べてみよう。器の底に詰まった麺を引っ張り上げる際、汁がはねやすいので、男性でも遠慮なく紙エプロンを使うことをオススメします。


■蟹専門 けいすけ 北の章
東京都千代田区丸の内1-9-1 東京駅一番街B1F
posted by S谷 18:51comments(0)trackbacks(0)






二代目 けいすけ 海老そば外伝@東京ラーメンストリート

二代目 けいすけ 海老そば外伝 伊勢海老そば+海老わんたん

■伊勢海老そば/850円 海老ワンタン/200円

仕事で協力してもらっている会社の広報さんに呼び出され、東京駅近くの某所へ。用件を済ませて帰る前に、八重洲地下街の東京ラーメンストリートを覗いてみた。そろそろこちらもオープンして1年が経つのですね。久しぶりに『二代目けいすけ 海老そば外伝』に寄ってみた。1周年記念の特別メニュー「激辛伊勢海老タンタン麺」も気になったがこの時間は売り切れ。こちらの名物「伊勢海老そば」を食べてきた。

『二代目けいすけ』の「海老そば」も美味いが、こちらの「伊勢海老そば」はスープのコクも深く、甲殻類の香ばしさもずっと強烈。ともすれば苦みすら感じるが、これがまた美味いんですね〜。オレンジピール(?)の香りも爽やかで、食欲をそそる。

追加トッピングの海老ワンタンは、餡と一緒に海老のむき身が包んであり、これだけで酒のつまみになりそう。これを入れるとやたらと豪華になりますね。美味しゅうございました。よそでは食べられないスペシャルな感じも堪能できて、こういうラーメン集合施設に来て並んだだけの満足感を味わえますね〜。美味しゅうございました。


■二代目 けいすけ 海老そば外伝
東京都千代田区丸の内1-9-1 東京駅一番街B1F
posted by S谷 19:45comments(0)trackbacks(0)