日々是好麺

S谷の食べた麺の記録。





【新店】凪 Noodle BAR@歌舞伎町

 凪 Noodle BAR プレオープン 煮干ラーメン

■煮干ラーメン
※この日はプレオープン営業で無料。通常価格は850円

6月10日に歌舞伎町にオープンした、『凪』グループの新店舗。今度のお店はダイニングバー形式で、24時間営業にするそうだ。麺類のメニューは『煮干王』スタイルのラーメンやつけ麺が中心になるが、中には「煮干ベジそば」などの新作も(麹町『ソラノイロ』とのコラボメニューだそうだ)。

この日は正式オープン前のプレオープン。昼夜それぞれ100食ずつ「煮干ラーメン」や「煮干つけ麺」が無料で振る舞われた。食べてきたのは「煮干ラーメン」。生田社長によるとチャーシューが自慢のようだが、残念ながら品切れとのこと。『凪』ならではの煮干しスープに極太縮れ麺、ワンタンのような「いったんもめん」は健在。細かく刻んだ海苔が見た目に面白い。これまで『凪』で食べてきた煮干ラーメンの中では、エグミ抑えめで甘い味付けだった。「煮干しが苦手な方はご遠慮ください」とはいうものの、ゴールデン街で出しているものに比べるとちょっと違った印象。食べやすくチューニングしてあるのかも。

昔の『凪』みたいな、麺酒場風のお店になるといいな。


■凪 Noodle BAR
東京都新宿区歌舞伎町1-9-6
posted by S谷 21:45comments(0)trackbacks(0)






つけそば 丸長@目白

丸長 目白 チャシューやさいつけそば

■チャシューやさいつけそば/1,050円

あの『東池袋 大勝軒』を輩出した老舗グループの系列店。改装のため長期休業していたが、昨年の夏から営業を再開している……と、偉そうに書いたが実は今回が初訪問だ。この日食べてきたのは「チャーシューやさいつけそば」。麺はあらかじめ茹で置きしているようで、席について注文すると30秒もかからずにつけそばが出てくる。

つけ汁の器には細かく切ったチャーシューと茹で野菜(モヤシとキャベツなど)がたっぷり入り、麺を浸ける余裕もないほど。つけ汁は少し甘味もあるが塩っぱめで酢も強く効いており、お店の雰囲気とは違ってなかなかインパクトある味付けだ。

チャーシューと野菜のボリュームのせいか、麺並盛りでもけっこうお腹いっぱいになった。女性ひとりの客が多かったのが意外だが、過度に脂っこくもないので女性でも食べやすいのかも。


■つけそば 丸長 目白店
東京都新宿区下落合3-19-4
posted by S谷 12:00comments(0)trackbacks(0)






【新店】らぁ麺 やまぐち@西早稲田

やぁ麺 やまぐち 追い鰹中華そば

■追い鰹中華そば/750円

立川『麺屋にゃみ』・府中『麺創研かなで』で腕をふるっていた山口裕史さんが、西早稲田にオープンした新店。メニューは今のところ「追い鰹そば」「鶏そば」という2種類の醤油ラーメンを基本に、オプションのトッピングやサイドメニューの「豚めし」などで構成している。
食べてきたのは「追い鰹そば」。パッと見はアッサリしてそうに見えるが、しっかりしたコクのあるスープにカツオの風味を贅沢に加えた「ごちそう感」たっぷりのラーメンだ。やや太目のストレート麺は、茹で加減少し固めで歯切れ良い食感が心地いい。美味しかったな〜。


■らぁ麺 やまぐち
東京都新宿区西早稲田2-11-13
posted by S谷 12:30comments(0)trackbacks(0)






塩つけ麺 灯火@四谷三丁目

灯花 淡麗塩つけ麺

■淡麗塩つけ麺/750円

四谷三丁目駅近く、『温州軒』や『もぐら』が入っていた小さな物件に昨年オープンしたお店。基本メニューは「淡麗塩つけ麺」「淡麗塩そば」の2種類だ。
一味唐辛子の赤に水菜の緑が映えて、見た目も鮮やかな「淡麗塩つけ麺」。ツルツルした平打ちの太麺に、スッキリした塩味のつけ汁を合わせている。しっかりした鶏のダシに魚介の香り。適度な油感もあって麺との絡みもよい。麺に添えられる柚子胡椒もよいアクセントだ。炙ったチャーシューも美味しかったな〜。締めは昆布茶を使ったスープ割り。旨味たっぷりのまま塩気を和らげてくれる。美味しゅうございました。


■塩つけ麺 灯花
東京都新宿区荒木町8-3
posted by S谷 17:00comments(0)trackbacks(0)






新宿煮干ラーメン 凪@新宿ゴールデン街

凪@ゴールデン街 味玉煮干ラーメン

■煮干ラーメン/750円

ずいぶん久しぶりにゴールデン街『凪』に行ってきた。この日食べたのは「煮干しラーメン」。強烈に煮干しを効かせたスープに、縮れた極太麺と幅広の「いったんもめん」が名物の看板メニューだ。以前食べたときよりも少し味付けがまろやかになったような気がするが、インパクトは健在。最近は数量限定で細麺もあるようだ。

■新宿煮干ラーメン 凪
東京都新宿区歌舞伎町1-1-10 2F
posted by S谷 14:42comments(0)trackbacks(0)






煮干しらーめん 玉五郎@新宿三丁目

煮干しらーめん玉五郎 味玉煮干しらーめん

■味玉煮干しらーめん/780円

大阪を中心に展開する『玉五郎』が東京に初出店。新宿マルイ本館裏のゴーゴーカレー跡地にオープンした。Google Mapなどで探すと、見当違いの場所を案内されるので注意。

メニューは「煮干しらーめん」「つけ麺」を軸に、各種トッピングやサイドメニューを揃えている。この日は「味玉煮干しらーめん」に、トッピングの「ゆず三ツ葉(50円)」を注文した。

「煮干しらーめん」というネーミングの通り、確かに煮干しは効いているが、特別に煮干しを強調しているわけではなく、動物系やサバ(?)などもバランスよく効かせたタイプ。煮干しと聞くと『凪』や『伊藤』をイメージする人も少なくないだろうが、ここのラーメンは『青葉』に近いテイストだ。黒胡椒を振ってあるところもそれっぽいですね。


■煮干しらーめん 玉五郎 東京新宿店
東京都新宿区新宿3-31-5

※7月15日に食べたラーメンです。後ほど日付を改めます。
posted by S谷 02:59comments(1)trackbacks(0)






麺屋武蔵@西新宿

麺屋武蔵 豆乳冷やし麺

■豆乳冷やし麺/850円

『麺屋武蔵』新宿本店の特別メニュー。オリンピックで日本を応援しようということかな? 見ての通り、日の丸をあしらった盛り付けが『麺屋武蔵』らしい。

真っ白いスープの中央に鎮座するのはトマトなどで作ったアイスクリーム。ラー油がたっぷり入っているそうで、真っ赤なアイスが溶け出すほどに冷たく、そして辛くなっていくという仕掛けだ。ハムや貝柱で風味を加えた豆乳スープに、平たい太麺が入っている。ヘルシーな豆乳スープと聞いて、女性向けのラーメンをイメージしていたが、この麺は太くて弾力もあり、男性でもじゅうぶんな食べ応えを味わえるだろう。

真っ白なスープに隠れて見えないが、いろんな具が入っている。衣をつけた鶏肉、赤と黄色のパプリカ、ヤングコーン、スナップエンドウ、キクラゲ、カリカリしたハム(?)など。色鮮やかで見ていて楽しい一杯だった。

この「豆乳冷やし麺」、キッコーマンの調製豆乳とのコラボレーション企画で、同社のWebサイトには家庭で作るためにアレンジしたレシピなどが掲載されている。へぇ面白い。作ってみようかな。

毎日15時から1日20食限りの提供となる。8月31日まで。


■麺屋武蔵
東京都新宿区西新宿7-2-6
posted by S谷 22:44comments(0)trackbacks(0)