日々是好麺

S谷の食べた麺の記録。





鶏そば 一瑳@浦和

鶏そば 一瑳 つけめん

■鶏白湯つけ麺(並)/780円
浦和界隈のグルメ本を開けば、たいてい載っているお店。鶏のスープを使ったラーメンが評判で、いつも夜遅くまで行列が絶えない。あっさりスープ/濃厚スープの「鶏そば」を中心に、「つけ麺」「まぜそば」などメニューは豊富。この日は「つけ麺」を食べてきた。夜遅くになると売り切れていることが多い、人気のメニューだ。
つけ汁は真っ黄色で、スープは見るからに濃厚そう。つけ汁に浮いた茶色いモノは魚粉。スープは鶏の香りが強くてちょっとクセがあるので、魚粉が溶けてくると食べやすくなるかも(でも個人的には鶏だけの風味をもう少し味わいたかったな)。つけ汁の中には細裂きのメンマと鶏の肉団子が沈んでいる。麺がかなり固めの茹で加減で意表を突かれる。インパクトはあるが、ここまで固くしなくてもいいのではないかと思うが……。
揚げエシャロットや自家製ラー油など、卓上の薬味で味を変えるのも一興。締めのスープ割りももちろん可能だ。総じて美味しく好みの味だったが、出来るなら、次は麺柔らかめで注文してみたい。

 

■鶏そば 一瑳
埼玉県さいたま市浦和区高砂1-8-11

 

JUGEMテーマ:ラーメン

posted by S谷 12:00comments(0)trackbacks(0)






【閉店】浦和の劇場 漁三郎@浦和

浦和の劇場 漁三郎 チャーシューメン

■チャーシューメン/850円
浦和には『たかの』という佐野ラーメンのいいお店があるのだが、駅からちと遠いのが難点。と思っていたら、もっと駅近くで食べられるお店があることをいけ麺さんのところで知った。この『浦和の劇場 漁三郎』は居酒屋なのだが、平日のランチタイム限定で佐野ラーメンを出しているのだ。

塩味のスープに、茹で加減柔らかめの平たい麺を合わせたラーメン。スープはかなりアッサリ目だが、動物系の旨味が強く出ていてかなり満足できる。基本のラーメンが580円というのは、かなりコストパフォーマンスいいのではないだろうか。写真のチャーシューメンには、厚み1cmはあろうかという柔らかい豚肉が4枚も入っておりボリューム満点。

かなり好みの味で気に入った。美味しゅうございました……のだが、こちらのお店は7月23日(土)をもって閉店してしまった。しかし、ランチの佐野ラーメンが好評なため、蕨市に佐野ラーメンのお店『湧(わく)』をオープンするそうだ。楽しみ……なのだが、ちょっと遠いな。

 

■浦和の劇場 漁三郎
埼玉県さいたま市浦和区仲町2-3-5

■佐野らーめん 湧(わく)
埼玉県蕨市北町3-6-13

 

JUGEMテーマ:ラーメン

posted by S谷 12:00comments(0)trackbacks(0)