日々是好麺

S谷の食べた麺の記録。





【新店】○心厨房(まごころちゅうぼう)@木場

○心厨房 味玉らーめん今日は仕事を終えてから新店巡り。3日に東陽町にオープンした『○心厨房』に行ってきた。近くには、勤務先の上司が大好きな『来来軒』などがある激戦区。お店に着いたのは7時半頃。閉店間際だからか、先客はひとりだけ。

「味玉らーめん(700円)」を注文。カウンターが高くて調理の様子はよく見えないが、注文してから「ジューッ!」と何か炒める音が聞こえてきた。店内にただようラードともやしの香り。期待しながらラーメンが出来るのを待つ。

ラーメンが出来た。豚の香りが香ばしい、豚骨系の醤油ラーメン。よくある家系の豚骨醤油とも違い、魚介系素材も入っているようだ。といっても『渡なべ』や『嗟哉』のような濃厚豚骨魚介系とも違い、豚の甘味を活かした独創的なラーメンに仕上がっている。トッピングは、メンマ、肩ロース肉(?)のチャーシューに加え、もやしとニラ、ニンニクをラードで炒めたもの。ニンニクは火が通って柔らかく、臭みもないので下処理をしたもの(ダシをとるのに使った?)を入れているようだ。写真ではネギに隠れてよく見えないが、辛味の粉が少量入っている。麺は浅草開化楼の太縮れ麺。「みにくいアヒルのちぃ麺」らしい。

最初は豚の甘味を楽しみ、途中で辛味の粉を溶かすとまた印象が変わる。けっこうな辛さがあるか、旨味も増すように思えた。面白い仕掛けである。辛いバージョンのメニューも用意されており、店主さんに尋ねたところ、辛味の粉を増量しているとのこと。辛いといえば、卓上に置かれている一味。この一味の効きがいい。ちょっと入れたがかなり辛味が増し、汗が噴き出す。

市ヶ谷の『くるり』店主から祝花が届いていた。店主のブログを見ても、ここで何かを勉強したとある。ラードで炒めたもやしとニラは、『くるり』の影響なのだろう。

美味しゅうございました。ホームページによると、今後は週替わりのラーメンなども計画しているようだ。また楽しみなお店が出来たなぁ…。

■○心厨房
東京都江東区東陽1-25-6

posted by S谷 19:45comments(3)trackbacks(8)