日々是好麺

S谷の食べた麺の記録。





本枯中華そば 魚雷@春日

魚雷 つけ麺

■つけ麺/800円

住友不動産後楽園ビル隣の、コーヒーサイフォンで追い鰹してスープを仕上げるお店。先月から「つけ麺」も始まっている。あのスープで作るつけ麺とはどんなのだろうと気になって、つけ麺提供開始からしばらく経つがようやく食べに行ってきた。

ラーメンと異なり、つけ麺用のトッピングはあらかじめ決まっているようで、特に好みを尋ねられることはない。しばらく待っていると、つけ汁の器が先にやってきた。中にはすでに具が入っているのですね。入っているのは2種(?)のチャーシューと、ウズラ玉子、ナルト、チンゲン菜。

ラーメンとは違って、つけ麺は濃厚動物魚介系。つけ汁は醤油の味や酢の酸味が強いタイプ。麺は柔らかな弾力がある太麺で、独特の香りがある。美味しく頂いて満足なのだが、つけ麺ではスープをサイフォンで仕上げないのだそうで、あのスープを食べられなかったのがちと残念ではある。


■本枯中華そば 魚雷
東京都文京区小石川1-8-6
posted by S谷 18:39comments(0)trackbacks(0)






【新店】本枯中華そば 魚雷@春日

魚雷 本枯中華そば

■本枯中華そば/700円

長野県を中心に数店舗を展開しているグループの新店。都内では、『烈士洵名』に続く2号店となるのかな? 10日ほど前に『めじろ』の常連さんに「すぐにテレビで紹介されるから、混む前に行った方がいい」と強く薦められていたのだが、ようやく初訪問。すでに多くのブロガーさんがレポートされている通り、コーヒーサイフォンでスープを仕上げるというのが面白いではないか。

魚雷 本枯中華そば トッピング麺とスープに盛りつけられているのは、青菜と白い泡(カツオや煮干しを使ったエスプーマとのこと)のみ。その他、数種類のトッピングの中からお好みで3種選んだものが別皿で提供される。この日は9種のトッピング(鶏オーブン焼き、タマリ漬け叉焼、ウズラ、メンマ,岩のり、根まがり竹、ナルト、キクラゲ、ちんげん菜)が用意されており、ウズラ、鶏オーブン焼き、根まがり竹を選んだ(皿の右上はネギ)。

魚介や動物で作ったトリプルスープ(?)に、コーヒーサイフォンでカツオの本枯れ節の加えて仕上げる。作っている様子はオモシロ系だが、出来上がったスープはカツオの風味が上品かつガツンと効いており、強く印象に残る味になっている。麺も香り豊かで美味しいですね〜。ネギを別皿にしたのは大正解。入れる前と後で違った美味しさを楽しめる。

実は、最初は「サイフォンなんて奇をてらいすぎじゃね〜の?」なんて思っていたのだが、素直にとっても美味しい。wikipediaの説明を読んでみたら、これは理にかなった調理方法なのではないかと思えてきた。

美味しゅうございました。実は先々週にテレビで紹介される予定だったようだが、朝青龍関の引退報道で延期(?)になったらしい。今日は18時半頃にお店に行ったらとても空いていたが、いずれ大人気店になるんだろうな。興味のある方は、早めに行っておくことをオススメします。


■本枯中華そば 魚雷
東京都文京区小石川1-8-6
posted by S谷 18:35comments(2)trackbacks(0)






らーめん 台風。@茗荷谷

台風。 ら〜めん

■ら〜めん/700円

仮アップ。
posted by S谷 13:00comments(0)trackbacks(0)






麺蔵 兵右衛門@茗荷谷

兵右衛門 玉子らーめん

■玉子らーめん/740円

茗荷谷にある会社と新しく仕事をすることになり、挨拶も兼ねて打ち合わせ。朝イチの打ち合わせを終えて、会社に帰る前に近場でランチ。『台風。』に行ってみたら水曜日は定休日。その替わり……と言っては失礼だが、ぼぶさんやTkzさんのブログで紹介されていたこちらのお店に行ってみた。

お店に着いたのはちょうど12時頃。ランチタイムで混雑する時間帯で、僕はすぐに座れたが、しばらくすると常に何人か待っている状態で繁盛している。メニューは「らーめん」「つけ麺」を基本に、各種トッピングでバリエーションを出している。それぞれ基本は醤油味だが、注文すれば塩味バージョンで作ってくれるそうだ。

魚介風味を効かせたスープに、背脂を少し浮かせてほどよい油感を出した醤油ラーメン。麺は平たく切った自家製の太麺。茹で加減は僕の好みにちょうどよく、ほどよく柔らかいがしっかりした歯ごたえを残している。大きめにカットされたネギとスープの相性がよく、麺を食べ終えた後もネギをすくって食べているうちにいつの間にかスープまで完食した。派手さはないけれど、とても美味しかった。


■麺蔵 兵右衛門
東京都文京区大塚4-41-13
posted by S谷 12:00comments(0)trackbacks(0)






らーめん台風。@茗荷谷

台風。 つけめん+味染卵

■つけめん/800円 味染卵/100円

池袋で用事を済ませ、ちょいと丸ノ内線に乗ってこちらのお店までランチ遠征。ここに来るのはずいぶん久しぶりだが、最近ラーメン好きのお仲間さんからこちらの評判を聞く機会が多くて気になっていたのだ。

動物+魚介の濃厚つけ汁に、浅草開化楼の太麺を合わせたつけ麺。流行りの豚骨魚介というタイプだが、ねっとりしたつけ汁としっかりした醤油味。よくわからないが甲殻類っぽい香ばしさが見え隠れ。そして何より印象深いのは麺。

麺のもっちりした弾力。何というのかな。ギュ〜ッと噛みしめると柔らかいのに、かみ切れるまで1テンポ遅れる食感というのかな? 麺の茹で加減が絶妙なのだ。浅草開化楼の麺は固いという評判があるそうで、確かに固めに茹で上げてモギッとした食感で出すお店はあるし、それももちろん美味しいのだけれど、それだけにここの麺の茹で加減はインパクトじゅうぶん。

いやぁ美味いッす。S谷、仕事でこれからお付き合いする会社の事務所が茗荷谷にあるらしく、定期的に近くまで行くことになりそう。これから打ち合わせ(というかその後のランチ)が楽しみになりそう。


■らーめん 台風。
東京都文京区小石川5-34-6 
posted by S谷 18:57comments(0)trackbacks(0)






初代けいすけ@本郷三丁目

初代けいすけ 黒味噌ラーメン

■黒味噌ラーメン/780円

『初代けいすけ』の「黒味噌ラーメン」がリニューアル。同時にメニューも刷新され、「二段仕込み醤油ラーメン」や「ゆずの香りの塩ラーメン」も加わる。

竹炭を使った黒い味噌ラーメン。ショウガや山椒を強めに効かせたシャープな味付けは従来通りだが、けっこういろいろ変わっている(以前の写真はこちら)。モヤシなど野菜が加わり、『二郎』級に油が増えてコッテリ度がアップ。合わせる麺も極太になった。すでに気付いた人もいるだろうが、以前数量限定で出ていた「けいじろう」をがベースになっているようだ。卓上には刻みニンニクが置かれており、「これ前からあったっけ?」と気になっていたのだが、そういうことなら納得できる。

さらにインパクトのあるラーメンになったのは間違いないし、美味しく食べてきたのだが、油が多過ぎるように思えた。サービスのライスをスープに入れて食べる人が多そうだが、この油の多いスープにご飯を入れて食べるのにはちょっと抵抗を感じてしまうのだが……。


■初代けいすけ 本郷本店
東京都文京区本郷5-25-17
posted by S谷 12:02comments(0)trackbacks(0)






【新店】麺仙 葵賀佐(あがさ)@千石

麺仙 葵賀佐 札幌味噌ら〜めん+名物玉子

■札幌味噌ら〜めん/850円 名物玉子/100円

都営三田線千石駅A2出口そばにオープンした新店。名店『すみれ』から独立した札幌『麺匠 咲弥(さきや)』の東京進出店だそうだ。メニューは野菜とスープを炒めて合わせる札幌味噌ラーメンを軸に、トッピングやデザートなどのオプションメニューを揃えている。

今日は基本の「札幌味噌ら〜めん」に味玉をトッピングして注文した。『すみれ』や『純連』ほどラードでコッテリしてはいないが、期待通りの熱々スープ。『すみれ』ほどショウガが強く効いていないが、かえってマイルドで食べやすいかも。写真ではよく見えないがチャーシューの上におろしショウガが盛り付けられており、これを溶かせばインパクトあるショウガ風味も加わります。昔百貨店催事で食べた同門の『彩未』もこんな感じだったような。

予想通りの味ではあるけれど、期待通りの美味しい味噌ラーメンに大満足。三田線沿線エリアでこの手の味噌ラーメンを食べたくなったら迷わずここに行けばいい。ちょいと値が張るが、ワインを飲ませて育てた「ワイントン」のチャーシューメン(並1800円/大盛り1850円)も食べてみたい。

来たときは気づかなかったが、お店を出ると香ばしいラードの香りが漂っている。自転車に乗った小学生のグループが「焼き肉屋の匂いがする! 腹へった〜!」などと騒ぎながら通り過ぎていった。そう思う気持ちはよくわかる。美味しゅうございました。


■麺仙 葵賀佐
東京都文京区千石1-23-7
posted by S谷 15:00comments(0)trackbacks(0)