日々是好麺

S谷の食べた麺の記録。





【百貨店催事】富山麺遊会@西武池袋催事

富山麺遊会@西武池袋催事 富山シロエビらーめん

■富山シロエビらーめん/840円

西武池袋本店で開催している『全国味の逸品会』は4月26日から中盤に入り、ラーメン店のイートインには『富山麺遊会』が出店している。昨年の東京ラーメンショーにも参加していた、富山県のラーメン店の業界団体だ(今回の催事は実質『麺家いろは』が参加しているっぽい)。メニューは「富山シロエビらーめん(840円)」「富山ブラック黒醤油らーめん(840円)」「富山ブラック味玉チャーシューめん(1,050円)」の3種類。おそらく「富山シロエビらーめん」は東京ラーメンショーで出していたものとほぼ同じのようだ。

富山名産のシロエビをペーストにして白濁豚骨スープと混ぜ合わせているそうだ。エビの風味は思ったほど強くなく、おとなしめな印象だった。普段『いろは』で出しているシロエビのラーメンの方が風味を楽しめるように思える。トッピングのとろろ昆布は美味かった。

5月2日からは後半となり、今度は『麺屋 一燈』がやってくるのでそちらも楽しみだ。


■西武池袋本店
第12回 全国味の逸品会
後半 5月2日(木)〜7日(火)
posted by S谷 13:35comments(0)trackbacks(0)






新福菜館@新宿伊勢丹催事

新福菜館 伊勢丹催事 中華そば

■中華そば/735円

ずいぶん長い間、京都のラーメンなんてきっとアッサリしているに決まってると思い込んでいたのだが、雑誌『ダカーポ』に赤井英和さんが書いたコラムを読んで、どうもそうではないらしいということを知った(15年以上前の話だ)。初めて京都に行ったとき、コラムで紹介されていた『新福菜館』と『第一旭』で続けて食べたときは「京都ラーメン」の意外な姿に驚いたものだ。今思えば、あれが人生初のラーメン連食だったのかもしれない。
その『新福菜館』が、新宿伊勢丹恒例の『伝統のモダンの共演 京都展』に出展している。真っ黒なスープにたっぷり盛られたチャーシューが特徴だ。スープのビターな味わいと、ネギの甘味がよく合っている。


■伊勢丹 新宿店
第20回記念 伝統とモダンの共演 京都展 
1月9日(水)〜14日(月・祝)

■新福菜館 府立医大前店
京都府京都市上京区中御霊町419
posted by S谷 10:01comments(0)trackbacks(0)






無鉄砲×中華蕎麦 とみ田@西武池袋催事

無鉄砲×とみ田 西武池袋催事 特製黒鰹豚骨そば

■特製黒鰹豚骨そば/1,000円

西武池袋本店恒例の「全国有名寿司・弁当とうまいもの会」が本日からスタート。今年は関西の『無鉄砲』と千葉の『とみ田』がコラボレーションし、今回の催事用の特別メニューを出している。
濃厚な豚骨スープに鰹風味を加え、全粒粉入り(?)の細麺を合わせたラーメン。卓上のニンニクダレはお好みで。通常版は800円だが、「特製」バージョンでは味玉と炙りチャーシューが入る。イベントらしいインパクトある一杯で、美味しゅうございました。

■西武池袋本店
第8回 全国有名 寿司・弁当とうまいもの会
1月8日(火)〜15日(火)

■無鉄砲 東京中野店
東京都中野区江古田4-5-1

■中華蕎麦 とみ田
千葉県松戸市松戸1339
posted by S谷 10:00comments(0)trackbacks(0)






無鉄砲@西武池袋催事

無鉄砲@西武池袋催事 がむしゃら茶とんこつラーメン

■がむしゃら茶とんこつラーメン/750円


無鉄砲@西武池袋催事 がむしゃら白とんこつラーメン

■がむしゃら白とんこつラーメン/750円

仮アップ。

posted by S谷 17:14comments(0)trackbacks(0)






無鉄砲@西武池袋催事

無鉄砲@西武池袋催事 がむしゃら黒とんこつラーメン

■がむしゃら黒とんこつラーメン/750円

西武池袋本店で開催中の「全国味の逸品会」に、ドロドロ超濃厚豚骨ラーメンで知られる関西の『無鉄砲』が出店している。今回提供するメニューは黒・白・茶3色の「がむしゃらとんこつラーメン」(各750円)。東京・沼袋の支店で深夜に出しているラーメンと同じものなのかな? 『無鉄砲』の超濃厚ドロドロスープに比べるとライトな豚骨ラーメンといえるが、それでも一般的な豚骨ラーメンと比べたらスープの濃さは相当なものだ。

まずは催事の初日に「がむしゃら黒とんこつラーメン」を食べてきた。濃厚スープの豚骨ラーメンに、焦がしニンニクの香味油を加えたもの。濃厚で甘味のあるスープに香ばしい香りがマッチして美味い。いつもの『無鉄砲』の麺に比べると細めの麺を合わせている。

こんな豚骨ラーメンが百貨店催事で食べられるとは、すごい時代になったものだ。今回の「全国味の逸品会」は会期を3期に分けて、それぞれ違ったラーメン店がやってくる。『無鉄砲』が出店するのは4/25日まで。
それにしても、今年の西武池袋は催事のラーメンに力を入れているな〜。
posted by S谷 10:35comments(0)trackbacks(0)






徳島ラーメン 東大@小田急百貨店催事

東大@小田急催事 徳島ラーメン(肉入り)

■徳島ラーメン(肉入り)/850円
※生卵は無料サービス

小田急百貨店新宿店で開催中の「四国・山陽の観光と物産展(3/21〜3/27)に、徳島ラーメンの『東大』が出店している。3種の徳島ラーメンのうち、いわゆる「茶系」の有名店(茶系の他には黄系白系がある)。お台場のラーメン国技館にも出店していたので、東京で食べたことがある人も多そうだ。

注文したのは「徳島ラーメン(肉入り)」。生卵は無料サービスで、食券を渡すときに口頭で注文する仕組みだ。濃厚な豚骨醤油ラーメンに、甘辛く煮付けた豚バラ肉をトッピングしたもの。茶系の定番スタイルですね。徳島で食べた『いのたに』などに比べると、味付けは濃いめでインパクトありますね。

ちなみに同じイートインスペースで、津山ホルモンうどんも食べられる。催事終わる前に食べに行こうっと。
posted by S谷 11:24comments(0)trackbacks(0)






鳥しん@東武池袋催事

島しん@東武池袋催事 奄美鶏飯セット

■奄美鶏飯セット/850円

少し前の『嵐にしやがれ』だったかな? ゲスト出演した俳優の伊勢谷友介さんが奄美大島の郷土料理「鶏飯(けいはん)」を紹介していたのだが、これが何とも美味しそうだった。ちょうど東武池袋で開催していた「大鹿児島展」に、奄美の鶏飯のお店が参加していたので、さっそく食べに行ってきた。

「鶏飯」とは、早い話が鶏スープを使ったお茶漬け。鶏肉や錦糸玉子、ネギ、刻んだ漬け物などをご飯の上に乗せて、鶏だしのスープをぶっかけたものだ。澄んだスープながら、鶏の香りやうまみがたっぷり詰まっていて美味かった。ラーメン好きに喜ばれそうな食べ物だ。美味しゅうございました。

さて、こちらのお店ではこのスープを使ったラーメンも食べられる。で、下の写真が「奄美鶏飯ラーメン」。器の中にライスが入っているかのようなネーミングだがそういうわけではない。「鶏飯」のスープを使った醤油ラーメンで、ちょっとコショー効かせすぎなところが気になったけれど美味しくいただきました。個人的な好みを言えば、鶏飯の方がまろやかで好きだった。

島しん@東武池袋催事 奄美鶏飯ラーメン

■奄美鶏飯ラーメン/700円

■奄美鳥飯と島料理の 鳥しん
鹿児島県奄美市名瀬伊津部町12-6
※東武池袋の催事はすでに終了しています。
posted by S谷 13:59comments(0)trackbacks(0)