日々是好麺

S谷の食べた麺の記録。





無鉄砲@西武池袋催事

無鉄砲@西武池袋催事 がむしゃら茶とんこつラーメン

■がむしゃら茶とんこつラーメン/750円


無鉄砲@西武池袋催事 がむしゃら白とんこつラーメン

■がむしゃら白とんこつラーメン/750円

仮アップ。

posted by S谷 17:14comments(0)trackbacks(0)






無鉄砲@西武池袋催事

無鉄砲@西武池袋催事 がむしゃら黒とんこつラーメン

■がむしゃら黒とんこつラーメン/750円

西武池袋本店で開催中の「全国味の逸品会」に、ドロドロ超濃厚豚骨ラーメンで知られる関西の『無鉄砲』が出店している。今回提供するメニューは黒・白・茶3色の「がむしゃらとんこつラーメン」(各750円)。東京・沼袋の支店で深夜に出しているラーメンと同じものなのかな? 『無鉄砲』の超濃厚ドロドロスープに比べるとライトな豚骨ラーメンといえるが、それでも一般的な豚骨ラーメンと比べたらスープの濃さは相当なものだ。

まずは催事の初日に「がむしゃら黒とんこつラーメン」を食べてきた。濃厚スープの豚骨ラーメンに、焦がしニンニクの香味油を加えたもの。濃厚で甘味のあるスープに香ばしい香りがマッチして美味い。いつもの『無鉄砲』の麺に比べると細めの麺を合わせている。

こんな豚骨ラーメンが百貨店催事で食べられるとは、すごい時代になったものだ。今回の「全国味の逸品会」は会期を3期に分けて、それぞれ違ったラーメン店がやってくる。『無鉄砲』が出店するのは4/25日まで。
それにしても、今年の西武池袋は催事のラーメンに力を入れているな〜。
posted by S谷 10:35comments(0)trackbacks(0)






徳島ラーメン 東大@小田急百貨店催事

東大@小田急催事 徳島ラーメン(肉入り)

■徳島ラーメン(肉入り)/850円
※生卵は無料サービス

小田急百貨店新宿店で開催中の「四国・山陽の観光と物産展(3/21〜3/27)に、徳島ラーメンの『東大』が出店している。3種の徳島ラーメンのうち、いわゆる「茶系」の有名店(茶系の他には黄系白系がある)。お台場のラーメン国技館にも出店していたので、東京で食べたことがある人も多そうだ。

注文したのは「徳島ラーメン(肉入り)」。生卵は無料サービスで、食券を渡すときに口頭で注文する仕組みだ。濃厚な豚骨醤油ラーメンに、甘辛く煮付けた豚バラ肉をトッピングしたもの。茶系の定番スタイルですね。徳島で食べた『いのたに』などに比べると、味付けは濃いめでインパクトありますね。

ちなみに同じイートインスペースで、津山ホルモンうどんも食べられる。催事終わる前に食べに行こうっと。
posted by S谷 11:24comments(0)trackbacks(0)






鳥しん@東武池袋催事

島しん@東武池袋催事 奄美鶏飯セット

■奄美鶏飯セット/850円

少し前の『嵐にしやがれ』だったかな? ゲスト出演した俳優の伊勢谷友介さんが奄美大島の郷土料理「鶏飯(けいはん)」を紹介していたのだが、これが何とも美味しそうだった。ちょうど東武池袋で開催していた「大鹿児島展」に、奄美の鶏飯のお店が参加していたので、さっそく食べに行ってきた。

「鶏飯」とは、早い話が鶏スープを使ったお茶漬け。鶏肉や錦糸玉子、ネギ、刻んだ漬け物などをご飯の上に乗せて、鶏だしのスープをぶっかけたものだ。澄んだスープながら、鶏の香りやうまみがたっぷり詰まっていて美味かった。ラーメン好きに喜ばれそうな食べ物だ。美味しゅうございました。

さて、こちらのお店ではこのスープを使ったラーメンも食べられる。で、下の写真が「奄美鶏飯ラーメン」。器の中にライスが入っているかのようなネーミングだがそういうわけではない。「鶏飯」のスープを使った醤油ラーメンで、ちょっとコショー効かせすぎなところが気になったけれど美味しくいただきました。個人的な好みを言えば、鶏飯の方がまろやかで好きだった。

島しん@東武池袋催事 奄美鶏飯ラーメン

■奄美鶏飯ラーメン/700円

■奄美鳥飯と島料理の 鳥しん
鹿児島県奄美市名瀬伊津部町12-6
※東武池袋の催事はすでに終了しています。
posted by S谷 13:59comments(0)trackbacks(0)






ラァメン家 69'N'ROLL ONE@西武池袋催事

69NROLL ONE@西武池袋催事 花巻

■花巻/1100円

西武池袋本店で開催されていた『全国有名 寿司・弁当うまいもの会』に、町田の人気店『69'N'ROLL ONE』が出店。町田のお店を休業して、店主自ら催事場のキッチンに立っている。この日は出勤前に西武の前を通ると、ちょうどこれから開店するところだった。つい魔が差して催事場に行ってみると、ちょうど僕が会場一番乗り。そのまま『69'N'ROLL ONE』のイートインに飛び込んだ。

注文したのは「花巻」。日本蕎麦でいうところの「花巻そば」を『69'N'ROLL ONE』風にアレンジしたもの。基本の醤油ラーメン「2号ラーメン」に生海苔を加え、大きな1枚の焼き海苔で覆った。フタを外すと海苔の香りがふわっと漂う仕掛けも花巻そば譲り。昔の人も、こうしたギミックで食を楽しんでいたのですねぇ。土台は「2号ラーメン」といっても、海苔の香りが加わると印象はだいぶ変わりますね。香ばしくて美味しかった。


■69'N'ROLL ONE
東京都町田市原町田3-1-4 町田ターミナルプラザ2F
※西武池袋本店の催事は1/18まで
posted by S谷 10:05comments(0)trackbacks(0)






ラァメン家 69'N'ROLL ONE@西武池袋催事

69NROLL ONE@西武池袋催事 2号ラーメン

■2号ラーメン/900円

町田の『69'N'ROLL ONE』が西武池袋本店の『全国有名 寿司・弁当とうまいもの会』後半週に出店。言わずと知れた町田の人気店で、リーゼントの嶋崎店主もテレビのラーメン番組などですっかりおなじみですね。

今回の催事には、看板メニューの「2号ラーメン」と、鯵100%という「塩ニボニボ」を用意。それぞれトッピングでいろいろバリエーションがある。まずは看板メニューの「2号ラーメン」を食べてきた。11時前に会場に着いたが、早くもけっこうな行列。席に案内されてラーメンが出てくるまで20分ほどかかったかな。

比内地鶏100%スープを使ったという醤油ラーメン。やけに黄色く見えるのは、表面を覆う鶏油によるもの。澄んだスープを見てアッサリした味わいを想像していると、インパクトある鶏の味に意表を突かれるかも。どこか生玉子の味に似てるかも……なんてことを僕は一瞬思ったほど。麺の茹で加減は柔らかいと感じるかもしれないが、しなやかで弾力はじゅうぶん。トッピングの鶏チャーシューかな? しっとりしていて美味しかった。



そして同日15時頃。別の買い物のついでに催事場に立ち寄り様子を見たら、意外と行列が少ないのでまた並んでしまった。まぁ、遅めのランチにはちょうどよい時間だ。席に案内されると、ちょっと離れたところには大崎さんの姿も。今度注文したのが「塩ニボニボ」。

69NROLL ONE@西武池袋催事 塩ニボニボ

■塩ニボニボ/900円

煮干しの風味たっぷりの塩ラーメンで、土台のスープは鯵煮干100%なのだそう。仕上げに鶏油を使っているのかな? まろやかで美味しかった。七味や柚子がアクセント。「2号ラーメン」同様、しっとりした鶏チャーシューがトッピングされるが、こちらの方がだいぶぶ厚く切ってあるような気がした。

だいぶ前に町田に行ったとき(……といっても移転前ですが)は、張り詰めた雰囲気でちょっと緊張したけれど、催事ではだいぶ気楽に食べられますね。「2号ラーメン」と「塩ニボニボ」どちらも美味しゅうございました。18日までやっているので、期間中はもう何度か来てみよう。


■69'N'ROLL ONE
東京都町田市原町田3-1-4 町田ターミナルプラザ2F
posted by S谷 11:08comments(0)trackbacks(0)






中華蕎麦 とみ田@西武池袋催事

とみ田@西武池袋催事 石臼引きつけめん+トッピング全部乗せ

■石臼挽きつけめん/800円 トッピング全部乗せ/200円

西武池袋本店で本日から『全国有名 寿司・弁当とうまいもの会』が始まった。西武の催事はラーメン店が楽しみですね。この催事は2週にわたって開かれ、前半集(1/6〜1/12)は松戸の『とみ田』が、後半集(1/13〜1/18)は町田の『69'n'ROLL ONE』が出店する。

今回、『とみ田』のメニューはつけ麺のみ。オプションで味玉や炙りチャーシューが用意されている。メニューの写真はこちら

濃厚な動物魚介スープに極太麺という組み合わせ。今「つけ麺」というと大半がこの組み合わせだけれども、ドロリとしたつけ汁の濃度はかなりのもので、全粒粉麺はもっちりしていて主張も強い。稀少な石臼挽きの粉を使った麺が今回のポイントなのだそうだ。ゆずがときどき効いてくるのもいい感じ。ちょっとインパクト過多な感じはあるけれど、どこでも食べられるつけ麺とは一線を画している。美味しゅうございました。スープ割りもできるが、ちょいとぬるいのが気になった。(※1/11追記 10日に再び行ったところ、スープ割りは熱々になっていた)

トッピング全部乗せにすると、炙りチャーシューと味玉が乗る。つけ汁の中にはチャーシューやメンマが多めに入っており、追加トッピングなしでも満足できそう。


■中華蕎麦 とみ田
千葉県松戸市松戸1339
posted by S谷 11:50comments(0)trackbacks(0)