日々是好麺

S谷の食べた麺の記録。





めじろ@川崎

めじろ川崎 蛤の塩冷やしー夏の思い出ー今年403杯目。
川崎BEのラーメンSymphonyに出店している、めじろ川崎店に初訪問。数分待って行列の先頭に行くと、厨房に立っている店長の悠太君と眼が合いかるく会釈。悠太君は、毎週月曜日代々木店でもラーメンを作っており、代々木店でいつも川崎限定のはまぐりのラーメンの写真を見せてくれる。なかなか川崎まで行く機会がなかったのだが、はまぐりのメニューもそろそろおしまいになるかもしれないので行ってきた。

目当ては「蛤の塩冷やしー夏の思い出ー」と「はまぐりの奇跡(温かいラーメン)」。ともに「はまぐりの奇跡」の食券(630円)を買い、口頭で冷やしにするか温かいのにするか伝える。

まずは「蛤の塩冷やしー夏の思い出ー」から。文字通り、はまぐりの風味がする冷たい塩ラーメン。白髪ネギと青紫蘇、ミョウガがトッピングされている。悠太君曰く、海の浅瀬から岩が顔を出している姿をイメージしたとのこと……だけどちょっとよくわからなかった(失礼!)。シャキッと冷たいスープにミョウガの刺激がほどよく、実に夏にふさわしい冷やしラーメンといえよう。

美味しゅうございました。

■七重の味の店 めじろ 川崎店
神奈川県川崎市川崎区駅前本町26−1 B1F
posted by S谷 13:10comments(0)trackbacks(0)






らぁめん大山(たいざん)@川崎ラーメンシンフォニー

大山@川崎 かき揚げ塩今年230杯目。
川崎ラーメンシンフォニー発来訪で、くにがみ屋にひきつづきハシゴ。どこで食べようか迷ったが、僕のローカルフードのバイブル『駅前の歩き方』で紹介されていた駿河湾の桜エビのかき揚げを使ったラーメンが食べられるということで、静岡県富士市に本店を構える「らぁめん大山」に行く。

もちろん、かき揚げの入った「かき揚げ塩(950円)」を注文。食券を渡すと、ニンニクの有無を尋ねられたが、カウンターに塩ラーメンにはニンニクを入れるのがオススメのようなことが書かれていたので、それに従って入れてもらう。

壁に貼られたウンチクによると、スープは羅臼、利尻、日高の3つの昆布をブレンドし、鶏ガラと野菜でとってダシに、モンゴルの塩と駿河湾のホタテを使ったカエシを合わせたものらしい。出てきたラーメンは香りもよく、いいダシが出ていて美味しいのだが、発来店の今日はニンニクを控えるべきだったかもしれない。粗めにクラッシュされたニンニクがドンブリ中央にのせられていたが、最初ドンブリ周囲のスープをすすって感動。ところが食べ進むうちにニンニクがまじってしまい、最後の方は最初に感じたおいしいダシを感じられなくなってしまったのだ。本当に、ニンニクの味しかしなくなってしまった。

桜エビのかき揚げは、雪を箸でつまんでいるかのように柔らかく、サクサクした歯ごたえをキープしていながらも箸でさくっと切れる。そのまま食べてもおいしいが、固まりを慎重にラーメンにうつしてスープに沈めると、一瞬で溶けて海老の香りが香ばしいスープに変化する。

ニンニクを少量に減らすか、まったく入れなくてもじゅうぶんにおいしかったように思える。やや後悔。また改めてリベンジしたいラーメンでした。

■らぁめん大山 川崎店
神奈川県川崎市川崎区駅前本町26−1 川崎BE地下1F
posted by S谷 22:17comments(0)|-






くにがみ屋@川崎ラーメンシンフォニー

くにがみ屋@川崎 甘露らーめん今年229杯目。
現在進行中の本のカバーイラストについて川崎で打ち合わせ。打ち合わせが終了したのは午後9時を過ぎていたが、帰りに川崎BEのラーメンシンフォニーに寄って同行していたプロダクションのM氏と二人で遅い夕食をとる。正直なところ、本丸亭を目当てにしていたのだがギリギリ終了してしまったようで、M氏も注目していた(ように見えた)本鮪スープの「くにがみ屋」に入る。東久留米に本店があるようだが、本店、川崎店ともに発来訪。

食券を買おうとすると、本鮪スープは本日お休みとのこと。いきなりがっかりしたが、よく見ると今日は代わりに「本鮪+鶏+真鯛+豚」の四身一体スープが提供されると書かれている。安心して「甘露(味玉)ラーメン(780円)」の食券を購入。

出てきたスープは、粘性の高い白濁スープ。サバ系とは明らかに違う複雑な魚介の香り。一口すすってみると、鶏と豚に加え、確かにマグロやタイの風味もしっかり感じられる。これは、動物+魚介系Wスープが好きな人なら相当幸せになれる味。スープの所々に浮いている茶色い粉は、おそらく本鮪の魚粉と思われる。

小降りのチャーシューは、軽くローストされているようで、濃厚なスープの中で存在感のある香ばしさ。決してチャーシューの香りがスープから浮いてしまうことがなく、満足。表面の揚げネギがさらに味にアクセントをつける。麺は中細の縮れ麺で、黄色い光沢のあるタイプ。コシがあっておいしい。麺を食べていくと、どんぶりの底から白ネギが浮いてきた。後から新鮮な刺激のある薬味が加わり変化を楽しめる。

味玉は黄身がゼリー状に固まっており、強い味付けはされていない。濃厚なスープが玉子に十分な味をつけていた。

うーん、こんなラーメンは初めて食べた。これは美味しい。大満足。結局M氏とはここで別れて、もう一軒ハシゴすることに決めたのでした。

■くにがみ屋 2号店
神奈川県川崎市川崎区駅前本町26−1 川崎BE地下1F

posted by S谷 22:14comments(0)|-