日々是好麺

S谷の食べた麺の記録。





TOKYO 豚骨 BASE@JR品川駅改札内

TOKYO豚骨BASE 豚骨プレーン+香油+煮玉子

■豚骨プレーン+香油+煮玉子/800円

JR品川駅改札内の商業施設『エキュート品川サウス』にあるラーメン店で、4月5日にオープンしたばかり。『博多 一風堂』がプロデュースしたというのが話題になっている。その名の通り、豚骨スープを使ったさまざまなラーメンがあり「豚骨プレーン(650円)」「豚骨醤油(700円)」「味噌豚骨(750円)」の3種類を基本に、香味油や辛肉味噌、各種のトッピングでアレンジできる。

この日は「オススメ」のひとつ、「豚骨プレーン+香油+煮玉子」のセットを食べてきた。後から聞いたところでは麺の茹で加減は指定できないそうだが、そうと知らずに麺固めで注文したらやってくれた(と思う。たぶん)。

サラッとしたスープの軽めの豚骨ラーメン。確かにスープの味付けは『一風堂』に似ているが、同じモノではない。麺は定番の博多風細麺にに比べるとちょっと太いかな。固めにしてもらったかもしれないが、食感がボソボソしているのが気になった。素直に普通の茹で加減にしてもらえばよかったのだろうな。香油は『一風堂』っぽく、いろんな香りが加わってにぎやかな味になる。

品川駅で乗り換える際に改札を出ずに豚骨ラーメンを食べたい……というときにはいいのだろうが、まわりに安価な立ち食いそば店が多い中、どの程度支持されるのか気になるところ。


■TOKYO 豚骨 BASE MADE by 一風堂
東京都港区高輪3-26-27 品川駅エキュート品川サウス内
posted by S谷 13:35comments(0)trackbacks(0)






【新店】表参道 火風鼎(かふうてい)

火風鼎 チャーシューワンタンメン

■チャーシューワンタンメン/1100円

4月21日、表参道に白河ラーメンの名店『火風鼎(かふうてい)』の支店がオープン。場所は前に『麺家大海』が入っていたところ。東京では白山に続く2店目になる。メニューは豊富で、醤油味の「ラーメン」の他に「塩」や「みそ」、「青山の塩」に「オマールにぼし」「KING TORINO」……などなど。後で知ったのだが、昼と夜でメニューを分けているみたいですね。お昼は正統派の白河ラーメンを作り、夜は鶏をもっと強く効かせた「TRINO」や「KING TRINO」を出すそうだ。

この日はオープン2日目。お店に着いたのは13時半を過ぎていたが、お店の外で7〜8人が待っていた。10分くらい待ったかな? 券売機のいちばん左上にあった「チャーシューワンタンメン」を注文した。

醤油の香りがキリッと立ったスープに、びろびろ縮れた手打ち麺。麺の太さが不揃いで食感が面白いッ! チャーシューはよくある煮豚とは違ったタイプで、歯ごたえあって噛みしめるほど旨味や風味が口にひろがる絶品。美味しゅうございました。


■表参道 火風鼎
東京都港区南青山3-13-20
posted by S谷 13:48comments(0)trackbacks(0)






MASTER NOODLE! 試食会/ラーメン屋 秀@赤坂

ファッションブランド『mastermind JAPAN』と『秀ちゃんラーメン』のコラボ企画。北青山の『THE CONTEMPORARY FIX』が1月8〜10日の3日間『MASTER NOODLE!』というラーメン店になり、この日だけのスペシャルなラーメンが食べられる。ラーメンは「JAPAN BLACK」と「JAPAN COOL」の2種類。それぞれ2980円という価格だが、これはラーメンのドンブリ込みの価格。食べ終わった器は洗って箱に入れ、持ち帰れるというわけ。ドンブリは『mastermind JAPAN』のロゴが入った特別仕様。ファンにとっては垂涎のアイテムになるみたい。この日は赤坂『秀』で行われた試食会に誘っていただき、喜んで行ってきた。

mastermind JAPAN × 秀ちゃんラーメン JAPAN BLACK
■JAPAN BLACK/2980円(ドンブリ込みの価格)

何が黒いのかと思ったら麺が黒いクリーミーで濃厚なスープの豚骨ラーメン。写真をパッと見た感じでは、どこが「BLACK」なんだろうと思ったが、持ち上げた麺が真っ黒でビックリ。竹炭を練り込んであるそうだ。黒い仕掛けは麺だけじゃない。ワンタンの中には真っ黒なマー油(ニンニクなどを焦がした香ばしい油)が入っている。途中でワンタンを破るとスープに黒い油が広がって、見た目も味も変わっていく。スープに浮かせて香りをつけるためのものなので、ワンタンをそのまま食べないように注意。その他、写真ではうまく伝わらないかな? 味玉もしっかり色が付けられて黒っぽい。チャーシューも黒砂糖を使って黒く染めており、一緒に添えられるガリ(生姜)まで真っ黒にしてあるという念の入り様だ。この日は『秀』で普段使われている器での提供となったが、当日はこちらの「JAPAN BLACK」専用ドンブリで提供される。


mastermind JAPAN × 秀ちゃんラーメン JAPAN COOL
■JAPAN COOL/2980円(ドンブリ込みの価格)

もう一方の「JAPAN COOL」は、動物系食材を一切使わず、無化調で仕上げたもの。『秀ちゃんラーメン』のニューヨーク支店で出しているベジタブルヌードルを土台にしたもので、利尻昆布やシイタケ、ポルチーニ茸などでスープを作っている。トッピングもすべて野菜。焼いた山芋やナス、醤油漬けにしたアボカトなど。店主の河原秀登氏によると、おそらく300kcal程度しかないのではというから女性にも喜ばれそう。こってりしたラーメンの満足感とは違うが、すっきりと美味しかった。ラヲタ的にもこちらの方が楽しめるかも。「JAPAN BLACK」同様、普段の器で提供されたが、当日はこちらの専用ドンブリが使われる。


最終的なメニューは以上の2種類だが、これまでもいろんなメニューが試作されたそうだ。下の写真はボツになった試作メニュー。真っ黒で、これを黒い器に入れたら写真とるの難しそうだ。この真っ黒いのを隣に座っていた某ラーメン評論家が食べている様子はこちら。麺も見事に真っ黒だ。

mastermind JAPAN × 秀ちゃんラーメン 試作


■MASTER NOODLE!
東京都港区北青山3-12-14
THE CONTENPORARY FIX
2011年1月8〜10日に開催
posted by S谷 12:00comments(0)trackbacks(0)






梅蘭@六本木ヒルズ

梅蘭 牛肉入り辛口梅蘭やきそば

■牛肉入り辛口梅蘭やきそば/1260円

勤務先のイベントで、六本木でブルーマンを鑑賞。終演後、二次会に移動中に仲間とはぐれてしまい、まぁどうせひとりになってしまったし、腹も減ったので何か食って行くか……ということで立ち寄った六本木ヒルズの『梅蘭』。横浜中華街の人気店の支店で、本店はえらい行列が出来るがこちらは並ばずに食べられる。

野菜たっぷりの餡を、焼き固めた麺で包んだ「梅蘭やきそば」がここの名物。通常バージョン(900円)は先日中華街で食べたので、今回はちょっと贅沢な「牛肉入り辛口梅蘭やきそば」を食べてみた。

麺を割ると、牛肉や白菜、タマネギ、ニラ、ニンジンなどを炒めた甘くてピリリと辛い餡が現れる。これを麺に絡めて食べるわけで、カリッと焼き上がった部分ややわらかいところなどいろいろあって、麺の食感に変化があって面白い。美味いですね〜。見た目で感じるよりもボリュームがあり、けっこうお腹がふくれる。ずいぶん満腹になったので、腹ごなしに二次会会場の恵比寿まで歩いて移動した。


■梅蘭 六本木ヒルズ店
東京都港区六本木6-10-1
六本木ヒルズ ヒルサイド1F
posted by S谷 15:20comments(0)trackbacks(0)






東京油組総本店@赤坂見附

東京油組総本店 油そば

■油そば(並盛)/680円

実はこの日は赤坂見附でラーメンやつけ麺を出しているとんかつ屋さん『フリッツ』に行こうとしたのだが、13時半頃にお店に着いたら麺類は売り切れたとのこと。がっかりしつつもiPhoneで近所のラーメン屋さんを検索したら出てきたのがこちらのお店。以前に渋谷店に行ったことがあるが、あれ? このブログでは書いていないかも。

シンプルな油そば。麺に乗っているのはメンマ、刻み海苔、刻みチャーシュー……といちいち説明しなくても写真見りゃ伝わるな。まずは麺をよくかき混ぜて、器の底に沈んだ醤油ダレを和えて、お好みで酢やラー油で味付けする定番スタイルの油そばで美味いです。この日は並盛にしたけれど、大盛り(よくわからないがたぶん1.5玉くらい?)やW盛(そう言うからには2玉なんだろう)も同じ680円で食べられる。

この手のラーメンに最初に「油そば」と名付けた人のセンスってどうなんだろ……って思うくらいのアッサリした、オーソドックスな油そば。卓上の刻みタマネギをたっぷり入れるとまた美味いです。


■油そば 東京油組総本店
東京都港区赤坂3-10-20
posted by S谷 13:45comments(2)trackbacks(1)






新橋 おらが@新橋

おらが らーめん

■らーめん/700円

え〜、お台場ラーメンPARKの第一弾の最終日は13日だと勘違い。仕事帰りに思いっきりお台場行ってしまいましたよ……。12〜13日は店舗入れ替えのためにお休みとのことで、雨の中、フジテレビ前でしばらくボーゼンとしていました……。11日が最終日とのこと、ちゃんとホームページやブログに書いてありましたね。

ゆりかもめで新橋に戻り、帰宅途中に立ち寄ったのが『おらが』。2008年3月にオープンしたお店で、豚骨魚介系のラーメン/つけ麺が食べられる。お店に着いたのは19時半くらいだったかな? カウンター7席は満席で、店内でふたり待っていた。券売機で「らーめん」の食券を購入。麺は並盛で180g。中盛(360g)まで同料金で、大盛(540g)は100円増しだったかな? 並と中の間の量も作ってもらえるようだ。

ややトロミのある濃厚な豚骨魚介スープに太麺を合わせたラーメン。味付けはマイルドで、豚骨や魚介のほかにもいろいろ入っていそうな気がする。薬味の刻みタマネギがいい感じ。


■新橋 おらが
東京都港区新橋4-14-4
posted by S谷 19:35comments(0)trackbacks(0)






元祖一条流がんこラーメン@アクアシティお台場

元祖一条流がんこラーメン お台場 伊勢海老味噌ラーメン

■伊勢海老味噌ラーメン/850円

東京ビッグサイトで開催中の『東京国際ブックフェア』を見学……に行く途中に、アクアシティお台場のラーメン店集合施設『ラーメン国技館』でお昼を食べた。これまで定期的にお店が総入れ替わりしているが、現在は過去の人気店だけを改めてラインナップしているのだそうだ。

どこで食べようか迷ったが、かつて『がんこ』のスペシャルで出した「伊勢海老味噌ラーメン」を復刻して基本メニューにしたというのに興味を惹かれてこちらのお店に入った。

『がんこ』といえば、牛のスープだとか、強く記憶に残る塩っぱさとか、プリプリッとした硬めの麺とかいうイメージがあったのだが、あんまりそういう感じはしない。甘めのマイルドな味噌ラーメンで、麺は柔らかめ。スープは火傷しそうなほど熱々で、どちらかというと「純すみ」みたいな札幌風味噌ラーメンみたいな感じ(いや、ぜんぜん違いますが)。もっと甲殻類の香ばしさを期待していたのだけれど、その辺はよくわからなかった。

普通に美味しく食べられたのだけれども、あんまり『がんこ』で食べた気はしなかった。


■元祖一条流がんこラーメン
東京都港区台場1-7-1 アクアシティお台場5F
posted by S谷 12:17comments(1)trackbacks(0)