日々是好麺

S谷の食べた麺の記録。





らーめん五ノ神製作所@大久保

らーめん五ノ神製作所 海老リッチらーめん

■海老リッチらーめん/750円

新宿の『つけ麺 五ノ神製作所』の系列店。新宿のお店がつけ麺専門店なのに対し、こちらはラーメンがメインだ。
基本メニューの「海老リッチらーめん」はドロリとした濃厚なスープのラーメンで、強烈に効かせた海老の風味が特徴。赤いスープに紫キャベツのビジュアルもインパクトありますね。チャーシューはニンニクの香りが強いのがちょっと気になったが、美味しく食べてきた。

トマトを使ったラーメンや、サイドメニューのバジルご飯も美味そうだ。気になる……。


■らーめん 五ノ神製作所
東京都新宿区百人町1-23-22
posted by S谷 14:10comments(0)trackbacks(0)






油そば専門店 GACHI@曙橋

油そば専門店GACHI 油そば 太麺

■油そば 並(太麺)/680円

市ヶ谷の人気店『庄の』の系列店で、油そばの専門店。基本メニューはオーソドックスな油そばなのだが、創作ラーメンに強い『庄の』系列店だけあって、「つけ油そば」「カレー油そば」などオリジナリティのあるメニューも揃えている。

基本の「油そば」は、太麺か細麺を選ぶことができる。今回食べてきたのは太麺。味付けはオーソドックスな醤油味で、背脂と刻みタマネギを和えた「薬味背脂」などのトッピングが珍しい。打ち立ての自家製麺を使っていることをアピールしているが、これはどういう効果があるのだろう? 麺の熟成がないほうがタレと絡みやすいとか、そういうことがあるのかもしれない。

次回は細麺を試してみよう。定番のラー油や酢だけでなく、さまざまな調味料が用意されているのでいろんな味わい方ができるのも楽しそうだ。


■油そば専門店 GACHI
東京都新宿区住吉町7-10
posted by S谷 12:29comments(0)trackbacks(0)






麺屋 優創@大久保

麺屋 優創 豚骨醤油ラーメン

■豚骨醤油ラーメン/680円

大久保の社会保険中央総合病院に家族が入院していたので、11月から12月にかけて、ほぼ毎日様子を見に行っていた。この日は、その病院のすぐそばのこちらのお店で遅めのランチを食べてきた。

独特な魚介スープが有名なお店だが、メニューの右上に書かれている「マジトン出汁」なるスープを使った「豚骨醤油ラーメン」が気になっていたので食べてきた。きっと、それはそれは濃厚なスープを使った豚骨ラーメン……と思っていたら、出てきたのは意外にも横浜家系に近いものだった。よくある家系とはスープの風味などは違うが、なかなか好きな味だった。


■麺屋 優創
東京都新宿区百人町2-19-11
posted by S谷 16:30comments(0)trackbacks(0)






凪 Noodle BAR@歌舞伎町

凪 Noodle Bar 凪王

■凪王/800円

6月にオープンしたばかりの『凪』グループの新店。開店当初は煮干し風味のラーメンを出していたが、先頃リニューアルして動物系白湯スープのラーメンに変わった。豚骨スープっぽいが、豚だけでなく鶏や牛などいろいろ使っているそうだ。
写真の「凪王」は基本メニューで、これをベースに「黒王」「赤王」「翠王」「山椒王」など、10種類以上のバリエーションが用意されている。「トリュフ王」が気になるぞ。


■凪 Noodle BAR
東京都新宿区歌舞伎町1-9-6
posted by S谷 17:00comments(0)trackbacks(0)






新宿煮干ラーメン 凪@新宿ゴールデン街

凪@新宿ゴールデン街 塩ラーメン

■塩ラーメン/800円

ご存知、新宿ゴールデン街にある煮干しラーメンの有名店。醤油味が基本だが、しばらく前から塩ラーメンも出している。

縮れた極太麺にちゅるちゅるした「いったんもめん」は『凪』ならでは。塩味のスープは、醤油味に比べると煮干しの風味が少し控えめに感じるが、旨味がたっぷりでインパクトじゅうぶん。『凪』らしい一杯だ。


■新宿煮干ラーメン 凪
東京都新宿区歌舞伎町1-1-10 2F
posted by S谷 07:30comments(0)trackbacks(0)






【新店】凪 Noodle BAR@歌舞伎町

 凪 Noodle BAR プレオープン 煮干ラーメン

■煮干ラーメン
※この日はプレオープン営業で無料。通常価格は850円

6月10日に歌舞伎町にオープンした、『凪』グループの新店舗。今度のお店はダイニングバー形式で、24時間営業にするそうだ。麺類のメニューは『煮干王』スタイルのラーメンやつけ麺が中心になるが、中には「煮干ベジそば」などの新作も(麹町『ソラノイロ』とのコラボメニューだそうだ)。

この日は正式オープン前のプレオープン。昼夜それぞれ100食ずつ「煮干ラーメン」や「煮干つけ麺」が無料で振る舞われた。食べてきたのは「煮干ラーメン」。生田社長によるとチャーシューが自慢のようだが、残念ながら品切れとのこと。『凪』ならではの煮干しスープに極太縮れ麺、ワンタンのような「いったんもめん」は健在。細かく刻んだ海苔が見た目に面白い。これまで『凪』で食べてきた煮干ラーメンの中では、エグミ抑えめで甘い味付けだった。「煮干しが苦手な方はご遠慮ください」とはいうものの、ゴールデン街で出しているものに比べるとちょっと違った印象。食べやすくチューニングしてあるのかも。

昔の『凪』みたいな、麺酒場風のお店になるといいな。


■凪 Noodle BAR
東京都新宿区歌舞伎町1-9-6
posted by S谷 21:45comments(0)trackbacks(0)






つけそば 丸長@目白

丸長 目白 チャシューやさいつけそば

■チャシューやさいつけそば/1,050円

あの『東池袋 大勝軒』を輩出した老舗グループの系列店。改装のため長期休業していたが、昨年の夏から営業を再開している……と、偉そうに書いたが実は今回が初訪問だ。この日食べてきたのは「チャーシューやさいつけそば」。麺はあらかじめ茹で置きしているようで、席について注文すると30秒もかからずにつけそばが出てくる。

つけ汁の器には細かく切ったチャーシューと茹で野菜(モヤシとキャベツなど)がたっぷり入り、麺を浸ける余裕もないほど。つけ汁は少し甘味もあるが塩っぱめで酢も強く効いており、お店の雰囲気とは違ってなかなかインパクトある味付けだ。

チャーシューと野菜のボリュームのせいか、麺並盛りでもけっこうお腹いっぱいになった。女性ひとりの客が多かったのが意外だが、過度に脂っこくもないので女性でも食べやすいのかも。


■つけそば 丸長 目白店
東京都新宿区下落合3-19-4
posted by S谷 12:00comments(0)trackbacks(0)