日々是好麺

S谷の食べた麺の記録。





天神下 大喜@仲御徒町

天神下 大喜@仲御徒町 特製とりそば

■特製とりそば/950円

 説明不要の超有名店。何を食べても美味しいが、一番人気は「とりそば」だろう。「とりそば」は20年近く前にテレビのラーメン番組で日本一をとり、このお店が一躍有名になるきっかけを作った看板メニュー。先日、ご主人がTwitterで「とりそば」のリニューアルを告知。さっそく食べに行ってみた。

 注文したのは具だくさんの「特製とりそば」。鶏の風味たっぷりのスープに自家製の細ストレート麺を合わせ、鶏チャーシューや鶏ミンチ、たっぷりの白髪ネギなどを盛り付けたラーメン。以前に比べてだいぶ鶏が強くなり、「アッサリ」という言葉では表現しにくいかも。長らくアクセントに春菊が使われてきたが、スープが濃くなるのにつれて春菊では合わなくなってしまったのか、春菊の代わりに柚子のオイルペーストが入るようになった。濃くなったスープを柚子がスッキリさせ、スルスルと最後まで美味しく食べられる。

 しかし今回のリニューアルで一気に変わったわけではない。1年くらい前からスープはどんどん濃くなってきていたし、春菊が使われなくなってからも数ヶ月経つ。最近は柚子皮が入っていたんじゃなかったかな。とはいえ、しばらく「とりそば」を食べていなかった人は結構な変化に驚くかも。

■天神下 大喜
東京都台東区台東2-4-4

 

posted by S谷 13:00comments(0)trackbacks(0)






稲荷屋@稲荷町

稲荷屋@稲荷町 10月限定 イベリコのコンソメとギフトボックス

■イベリコのコンソメとギフトボックス/1500円

 浅草通り沿いにある黄色い看板のラーメン店。鶏のみを使ったシンプルな醤油ラーメンが看板メニューだが、店主のフレンチの経験を活かした期間限定メニューも面白い。10月の限定は「イベリコのコンソメとギフトボックス」。普段の限定は900円で販売されることが多いが、今回は1500円。材料費がかなりかかってしまいこの価格になったそうだ。

 洋風のコンソメスープに細麺が泳ぎ、その名の通りに美しく盛り付けられた「ギフトボックス」。ここでは何度かコンソメスープのラーメンを食べているが、今回のは前のに比べてスープがまろやかというか力強い。一口味わっただけでは単に「スッキリと美味しいコンソメ」という印象だが、何度も味わっていると、あぁ今までのスープとは何か違うな、と感じられる。つけ合わせの「ギフトボックス」は、フォアグラやトリュフなどを包んで作ったもので、フレンチのコースに出てくるような料理。中身がスープに溶け出さないよう、「一口でバクッと」食べるのがオススメだそうだ。

 このお店らしい特別メニューで楽しめたし美味かった。ちなみに券売機に1500円のボタンはなく、750円の食券を2枚買って注文する仕組み。ただし、750円の食券はレギュラーメニューなので基本的に売り切れの表示はない。限定メニュー目当てで行く際は、まだ残っているかどうか最初に確認することをオススメします。

■稲荷屋
東京都台東区元浅草2-10-13

posted by S谷 12:30comments(0)trackbacks(0)






麺屋薫堂@仲御徒町

麺屋薫堂@仲御徒町 旨辛つけ麺

■旨辛つけ麺/1030円

 台東区立平成小学校から南に2〜3分歩いたところにあるお店。アゴ(トビウオ)でダシをとったラーメンが人気を博しており、お昼は結構混むことも。基本メニューはほぼ食べているのだが、まだ食べたことがなかったのがこの「旨辛つけ麺」。普段は辛いものを敬遠しているのだが、この日は気分を変えて食べてみることにした。「あごだしつけ麺(930円)」の食券を買って、現金で100円追加して注文する仕組みだ。

 基本の「あごだしつけ麺」に、辛味調味料を加えてアレンジしたもの。辛さ控えめで作ってもらったので通常とは違うかもしれないが、唐辛子系のピリリとした辛味は魚介ダシの風味を壊さぬ程度でほどよく、私でもじゅうぶんに辛味を楽しめた。トッピングは基本でチャーシュー、味玉、カイワレが乗る。つけ汁の底にはほぐれたチャーシューが少々。何だかチャーシューが大判になったかな?

「旨辛つけ麺」は期間限定メニューという扱い。特に期日を決めているわけではなさそうだが辛味調味料がなくなったら終了するようだ。

■麺屋 薫堂
東京都台東区台東3-4-5

posted by S谷 12:30comments(0)trackbacks(0)






鶏白湯しら川@小川町

鶏白湯しら川@小川町 コク濃しら川ラーメン

■コク濃しら川ラーメン/880円

 神田小川町の路地裏、『下松ラーメン五ツ星』の跡地に出来た鶏白湯ラーメンのお店で、今年の5月頃にオープンしていたらしい。メニューは基本の「しら川ラーメン(780円)」の他、「コク濃しら川ラーメン」「しら川つけ麺(900円)」「しら川担々麺(950円)」など。他には鶏白湯スープを使ったと思しきカレーライス。「しら川ラーメン」と「コク濃」のどちらかにするか迷ったが、スタッフの説明(「しら川」はアッサリ。「コク濃」は濃厚スープ好きな方に喜ばれるとのこと)を聞いて、「コク濃しら川ラーメン」を注文した。味玉かライスがサービスされるというので、味玉をチョイス。

 泡立つほどの濃厚スープに、博多ラーメンのような極細ストレート麺を合わせた鶏白湯ラーメン。青ネギにキクラゲが入るところも博多ラーメンっぽい。スープは濃厚でボテッと重たいが、過度な油分はなくクリーミーで食べやすい。素直に美味しい鶏白湯スープだ。トッピングの鶏肉は、焼鳥のようなモモ肉(?)が3〜4個。香ばしくて好印象。刻みタマネギがアクセントになるのかもしれないが、もともと甘いスープにタマネギの甘さが加わり、ちょっとクドく感じる。

 予想以上に美味しく満足。しかし、お店のある神田錦町1丁目14番地は『鶏ポタラーメンTHANK』『鶏ラーメンTOKU』など鶏白湯ラーメンのお店ばかりが集中しており相当な激戦区。それでも7月には秋葉原にも出店しているようなので、かなり流行っているのかな?

■鶏白湯しら川 小川町店
東京都千代田区神田錦町1-14-7

posted by S谷 14:00comments(0)trackbacks(0)






塩生姜らー麺専門店 MANNISH@淡路町

MANNISH@淡路町 塩生姜らー麺 味玉入り

■塩生姜らー麺 味玉入り/950円

 靖国通りの淡路町交差点から南に歩くこと2〜3分、通りの左側にある塩生姜ラーメンの専門店。店主は幡ヶ谷『我武者羅』などの出身だそうだ。2016年に神田駅近くにオープンし、その後移転して現在に至る。基本のメニューは「塩生姜らー麺」のみで、味玉入りや肉増しでバリエーションがあるくらいだが、限定メニューとしてつけ麺や油そばなどもあるので店内の貼り紙は要チェックだ。ただし、限定メニューの中には常連のみを対象にしたものもあるようなので注意。

 初めてなので、基本の「塩生姜らー麺」を注文。味玉を追加した。鶏ベースのスープに生姜をビシッと効かせて、濃厚かつシャープな味わい。中太のストレート麺は生姜の風味をたっぷり蓄えてスルスルッと口に入ってくる。トッピングの鶏肉はプリプリして好み。食べ進めるほどに器の底に沈んだ生姜が舞って、さらに生姜の風味をブーストさせる。あまりに美味くて食べるのに夢中になってしまった。気付けばスープはほぼ完飲。

 あぁ美味かった。もっと早く行けばよかった。

■塩生姜らー麺専門店 MANNISH
東京都千代田区神田司町2-2-8

posted by S谷 13:00comments(0)trackbacks(0)






さんじ@稲荷町

さんじ@稲荷町 悶絶ミネストローネら〜めん

■悶絶ミネストローネら〜めん/1000円

 浅草通りから東上野三丁目の交差点を南下した先にあるお店。レギュラーメニューはカニや煮干しを使ったラーメンだが、その日限りの特別メニューをほぼ毎日提供している。この日の限定は「悶絶ミネストローネら〜めん」。個人的にもミネストローネスープは好きなので、さっそく食べに行ってきた。

 現れたラーメンは、ミネストローネ風の真っ赤なスープに低温調理のチャーシューや刻みタマネギが盛り付けられた一杯。スープの中には具がゴロゴロ入っている。ジャガイモやニンジンが入っているのかと思ったが、よく見ると具はすべて背脂(脂身)の固まり。背脂粒をちょっと浮かせたというレベルではない。固まりがゴロゴロ入って何だかヤバイ感じ。ミネストローネに背脂、なんという意表を突く組み合わせだろう。意外にも脂でギトギトする感じはほとんどなく食べやすかったが、さすがに大量の背脂が沈んだスープはけっこう残してしまったな。

 店主のTwitterによると、9月27日(金)にも「悶絶ミネストローネ」をやるらしい。しかも今度は「ソイソース」仕様。興味のある方は急げ。
■さんじ
東京都台東区東上野3-25-12

posted by S谷 12:30comments(0)trackbacks(0)






【新店】大勝軒@笹塚

大勝軒@笹塚 中華麺(小)+ワンタン

■中華麺(小)/700円 ワンタン/100円

 永福町系の新店で、笹塚・観音通り商店街に9月10日にオープンしたばかり。実は30年以上前にもほぼ同じ場所(2〜3軒隣くらいか?)に永福町系の『笹塚大勝軒』があった。新店と旧店に直接のつながりはないらしいが、『大勝軒』が復活したように思えて感慨深い。

 店内はカウンターのみで6席。店主がひとりで切り盛りしていた。メニューはシンプルで、「中華麺」の「大」が1000円、「小」が700円、「子ども麺」が500円、トッピングは100円の「ワンタン」のみ。子供用のクッションも用意されており、子連れでも利用できるようになっている。

 「中華麺(小)」に「ワンタン」を注文。「小」といっても常識的な一人前のサイズがある。煮干しスープにラードを浮かせ、やや柔らかめに茹で上げた中細麺を合わせたラーメン。チャーシューは部位の異なる肉が2種類入るのが嬉しい。ワンタンは餡が少量入ったものが5粒ほど。永福町系の本家と比べると細かい違いはいろいろあり、煮干しの強さやラードの量など控えめで、総じてマイルドな印象。

 この街でこのラーメンを食べられるとことには感激してしまう。何しろ旧『笹塚大勝軒』といえば、地元民にとっては伝説的なラーメン店。実は私自身も実家がすぐ近所にあり、初めて行ったラーメン店はおそらく『笹塚大勝軒』だったと思う。長く続く愛されるお店になることを期待しています。

■大勝軒
東京都渋谷区笹塚1-24-5

posted by S谷 19:00comments(0)trackbacks(0)