日々是好麺

S谷の食べた麺の記録





つけめんTETSU@新宿西口京王モール

つけめんTETSU 芳醇!トリュフ和えそば

■芳醇トリュフ和えそば/1800円

 期間限定の新作。1日10食限りだそうだが、19時頃でもまだ残っていた。細麺を使った和えそばで、黒トリュフがたっぷり入っている。トリュフの薫りを楽しみつつ、塩やレモンで味を調整。温玉入りご飯で締めるというもので、それなりにいい値段するのだが美味しそう。

 ……と思って注文したのだが、ちょっと好みに合わなかった。和えそばなのだが、麺が乾いてくっついてしまいまぜにくい。その上かなり味が薄い。一緒に盛られた塩をうまく振ればバランスよくなりそうだが、乾いた麺に塩がくっついているのでこれまた混ぜにくい。トリュフの香りはいいとして、全体的にひと味足りない感じがしてしまう。チャーシューと海老の味をおかずに何とか麺を食べきった感じ。最後の温玉ご飯はまぁ確かに美味かったが、それでいいのか? 何だかモヤモヤしてしまう。

 こんな新作が『TETSU』で通ると思えないので、ひょっとしたら作り方にミスがあったのかも。とはいえ改めて食べてみようとは思わないな。

■つけめんTETSU 京王モール新宿店
東京都新宿区西新宿1丁目 南口地下街1号京王モール

 

 

JUGEMテーマ:ラーメン

posted by S谷 19:00comments(0)trackbacks(0)






【百貨店催事】金色不如帰@西武池袋催事

金色不如帰@西武池袋催事 鴨脂と本枯追い鰹の醤油そば(特製)

■鴨脂と本枯追い鰹の醤油そば(特製)/1200円

 西武池袋本店で開催中の「全国味の逸品会」に、幡ヶ谷の『金色不如帰』が出店中(といっても、もう終わっちゃったけれども)。実店舗の基本メニューはハマグリのスープを使った「そば(醤油)」や「塩そば」なのだが、今回の催事には、夜営業のみ提供している「鴨脂と蛤の醤油そば(850円)」で参加。その他、催事用の新作「鴨脂と本枯追い鰹の醤油そば(900円)」を1日50食限りで用意。それぞれ300円アップで、チャーシューや味玉が追加される「特製」になる。

「蛤」or「追い鰹」、どちらを食べるか迷ってしまう。普段の催事イートインでは、なるべく実店舗のメニューを食べるようにしているのだけれど、今回は何度も通った『不如帰』。催事限定の「鴨脂と本枯追い鰹の醤油そば」の特製を食べてきた。一口目から品の良いカツオの香りが口いっぱいに広がる、和テイストの醤油ラーメン。鴨脂でコクや風味を持ち上げている。全粒粉の入った細目のストレート麺は、スープの味も香りもよく持ち上げる。柚子の香りがうつったチャーシューもウマイ。食べてて幸せになる一杯だ。美味しゅうございました。

 引っ越してから幡ヶ谷のお店にほとんど行けてないのだけれど、また久しぶりに行きたいなぁ……。(そして数日後に行ったのでした)

■SOBAHOUSE 金色不如帰
東京都渋谷区幡ヶ谷2-47-12

 

JUGEMテーマ:ラーメン

posted by S谷 13:00comments(0)trackbacks(0)






超ごってり麺 ごっつ@秋葉原

超ごってり麺 ごっつ しょうゆラーメン(背脂多め)

■しょうゆラーメン/750円

 亀戸に本店がある背脂ラーメンのお店。店主は千葉の『なりたけ』出身というから、パンチの効いた背脂ラーメンを期待できる。メニューの種類はいろいろあるが、今日は初めて来たので基本の「しょうゆラーメン」を注文した。背脂の量を尋ねられるので多めにしてもらったが、基本の量でもけっこう多いらしい。

 ネギがたっぷり入った背脂醤油ラーメン。ネギやチャーシューでよく見えないが、スープの表面(というか表層)は背脂粒でびっしり覆われておりギットギト。確かに脂っこいが、ピシッと強めの醤油ダレや太麺とのバランスは良好。ネギも脂っこさをほどよく中和してくれるので、見た目ほどのくどさを感じずに背脂の甘味を堪能できる。上野~秋葉原界隈で背脂補給したくなったら、ぜひ行きたいお店。また来て他のメニューも食べてみたい。

■超ごってり麺 ごっつ 秋葉原店
東京都千代田区神田松永町18-1

 

JUGEMテーマ:ラーメン

posted by S谷 13:00comments(0)trackbacks(0)






【新店】新潟ラーメン@池袋

新潟ラーメン 濃厚背脂煮干し

■濃厚背脂煮干し/800円
 池袋駅東口のパチンコ店『楽園タウン』に併設されたラーメン店。ラーメン評論家の石神秀幸さんが厳選した地方のお店が交代で入るというコンセプトでスタートしたが、最近は『渡なべ』が各地のご当地麺を再現するという形に落ち着いているみたい。今回のテーマは「新潟ラーメン」。最近は新潟5大ラーメンというようだが、その中から2つ、背脂煮干しラーメンと割スープ付き味噌ラーメンが選ばれた。
 今日食べたのは、背脂煮干しラーメンをアレンジした、「濃厚背脂煮干し」。ご当地ラーメン「背脂煮干し」をアレンジし、濃厚な豚骨スープに煮干しを強く効かせたもの。塩っぱいので、割スープで好みの味に薄めて食べるのだそうだ。果たしてどんなものが出てくるのやら。ちょっと怖い物見たさで注文してみた。
 ドロリと濃厚なスープに、太目の平打ち麺を合わせたラーメン。刻みタマネギがたっぷりトッピングされている。確かに1/3ほど食べたところで、塩っぱくてキツくなってきたので薄めた。好みの加減に薄めることで、グッと食べやすくなる。しかし塩味はちょうどよくなった(と思う)が、果たしてこれは美味いのか。なんだかモヤモヤしてしまう。初めて来たのだし、「濃厚」じゃない方にしとけばよかったかな?
 なお、この「濃厚背脂煮干し」、気を付けて食べないと汁ハネがスゴイのでご注意。隣の席からも汁が飛んでくるよ。
■新潟ラーメン
東京都豊島区南池袋1-24-5

 

JUGEMテーマ:ラーメン

posted by S谷 14:00comments(0)trackbacks(0)






つけ麺 どでん@さいたま新都心

つけ麺 どでん 極・どろつけ麺 小

■極・どろつけ麺 小/800円

 北浦和『どでん』の系列で、こちらはつけ麺の専門店。お店は旧中山道沿い、JR与野駅とさいたま新都心駅の中間程度に位置している。最初に意表を突かれるのが、無料トッピングの数々。入り口入って右側の棚に、ニンニクやショウガ、タマネギ、桜エビ、海苔、魚粉、玉子(生&ゆで)などのトッピングが置かれ、好きな分だけ入れ放題。珍しいところでは、ちょっと前に流行った酢タマネギなども。

 注文したのは、基本メニューともいえる「極・どろつけ麺 小」。麺の量は「小」で200gというから、つけ麺としては常識的な量。チャーシューが通常の煮豚(いわゆるブタ)とローストポークの2種類あり、注文時に選択する。この日は煮豚を選んだ。また、別皿の「アブラ」を付けるかも尋ねられので、もちろんつけてもらった。

 つけ汁はドロリと濃厚な豚骨スープ。若干の獣臭さはあるものの、マイルドで食べやすい。ニンニクやショウガ、魚粉などで好みのテイストにいくらでも調整できるが、何も足さなくてもじゅうぶんに美味い。とはいえ、この手のつけ麺を食べようと思ってきているのだから、個人的にはニンニクをちょっと入れて食べたいところ。麺は極太の平打ち縮れ麺。口の中で大暴れするような食感が楽しい。別皿のアブラは、醤油で味付けられた大粒の背脂片。これをつけ汁がわりに麺をくぐらせて食べると、これまたジャンクな味わいでクセになる。いやぁ美味い! 次来るときは小といわず中盛くらいにしようかな。トッピングもいろいろ試してみたいし。

 若い客層が中心と思っていたのに、私が行ったときは他に年配のご夫婦、4〜5才の幼児を連れたパパなどがおり、このエリアではファミリーに受けいられている様子。最初は意外に感じたが、今ではそれもよくわかる。美味しゅうございました。

■つけ麺 どでん
埼玉県さいたま市大宮区北袋町1-333

 

JUGEMテーマ:ラーメン

 

posted by S谷 12:34comments(0)trackbacks(0)






さんじ@稲荷町

さんじ Addict Crab+うずら

■Addict Crab/900円 うずら/50円

 昨日の夕方、某店でラーメンを食べていたら『さんじ』のご主人にバッタリ遭遇。そういえば最近『さんじ』にご無沙汰しているので、今日のランチに行ってみた。

 注文したのは、「Addict Crab」の「うずら」トッピング。マッドクラブ(ノコギリガザミというカニの一種)からダシをとったラーメンだ。実は同じメニューを2ヶ月ほど前にも食べているのだが、見た目からして大きく違っている。以前食べた「Addict Crab」は、タレ中心で仕上げたカニ風味の醤油ラーメンという印象であった。今日のはオレンジ色のスープに黄色い油が浮き、見た目はまるで「Crazy Crab」。今ではこうなっているらしい。

 カニのコッテリラーメンの「Crazy〜」に対し、あっさり路線の「Addict〜」と思っていたが、今日の「Addict〜」はけっこう濃厚でインパクトのあるラーメンだ。なかなか味わえないカニのスープに甘めの刻みタマネギと、低加水の細麺がよく合っている。美味い。これが今のAddictなら、Crazyはどれだけクレイジーなことになっているのだろう?

■さんじ

東京都台東区東上野3-25-12

JUGEMテーマ:ラーメン

posted by S谷 14:45comments(0)trackbacks(0)






【新店】支那そば 大和@稲荷町

支那そば 大和 特製ワンタン麺<ワンタンハーフ> 白だし

■特製ワンタン麺<ワンタンハーフ> 白だし/900円

昨日職場近くで食事を済ませ、淺草通りを歩いていたら新店を発見。店頭のメニューを見て驚いた。まるで『八雲』じゃんか! 調べてみると前日にオープンしたそうで、けっこう話題になっていたのですね。ちっとも知らなかった。

で、本日改めて食べに行ってみた。しらけんさんによると、このお店の経営者が『八雲』と懇意にしていることからできたお店のようだ。店内はカウンター7席と2人テーブルがふたつ。メニューは「白」「黒」2種類の「支那そば」を軸に、「海老わんたん」「肉わんたん」など各種トッピングでメニューを構成している。「白」「黒」を合わせた「MIX」も対応可能。「つけそば」の扱いはない。

注文したのは「特製ワンタン麺<ワンタンハーフ>」の白だし。通常の「特製ワンタン麺(1000円)」は海老と肉のワンタンが3個ずつ入るが、「ハーフ」は2個ずつ入って100円安い。『八雲』で最後に食べたのは数年前なので比較はしにくいが、記憶の中の『八雲』の味とほぼ同様。動物や魚介をバランス良く合わせたスープに、茹で加減やや固めの中細ストレート麺を合わせている。一見して塩ラーメンのようだが、白醤油の風味がわかりやすく味わえる。ワンタンは海老も肉も絶品。チャーシューは本家同様、ほどよく味のついた焼き豚を使っている。

美味しゅうございました。このエリアの中でも特に注目されるお店になっていくだろう。

■支那そば 大和
東京都台東区東上野6-1-7

 

JUGEMテーマ:ラーメン

posted by S谷 13:00comments(0)trackbacks(1)