日々是好麺

S谷の食べた麺の記録





らーめん喜久@北浦和

らーめん喜久 ラーメン

■ラーメン/600円

北浦和駅西口を出て、17号を右に曲がって7〜8分歩いたところにあるお店。一見して昔ながらの町中華っぽいお店だが、いつも行列が出来ているのでこの街に越してきてからずっと気になっていた。お店の自信作は「海老ワンタンメン(750円)」とのことだが、初めて来たのでまずは基本の「ラーメン」を注文してみた。

細かい背脂粒の浮いた醤油ラーメン。豚骨清湯スープをベースに醤油ダレ主体の味付け。昔ながらの醤油ラーメンのひとつの形と言えるが、けっこう印象に残りやすい美味いラーメンだ。後を引くスープの旨味もいいし、背脂の甘味もいいバランス。肉厚で柔らかい煮豚チャーシューも美味いのだが、何より麺がいい。ほどよい縮れが入った細目の平打ち麺で、スープの持ち上げもよいし、食感も好みのタイプだ。これは美味しいな〜。行列もうなづける。

 

■らーめん喜久
埼玉県さいたま市中央区新中里1-14-17

 

JUGEMテーマ:ラーメン

posted by S谷 22:00comments(0)trackbacks(0)






すごい煮干しラーメン凪@大宮

凪 大宮店 豚王

■豚王/820円

新宿ゴールデン街発祥の『凪』の大宮店。以前は豚骨ラーメンをメインにしていたが、しばらく前にリニューアルして現在は煮干しラーメンがメインになっている(豚骨の「豚王」は今でも食べられる)。iPadによる注文システムや、回転寿司のようなラーメン配膳システムを取り入れた変わったお店だ。

この日注文したのは「豚王」。ニンニクの効いたスープに博多風の細ストレート麺を合わせた豚骨ラーメンだ。美味しくいただきましたが、気になることがある。iPadで麺の硬さやスープの味などを細かく注文できるのだが、どこまで対応しているのかわかりにくい。この1年で何度かここで「豚王」を食べており、いつもネギは「駒葱」にして「ニンニク抜き」で注文しているのだが、出てくるラーメンにはいつも万能ネギとニンニクが入っている。おそらく注文システムは煮干しラーメンに特化したもので、豚王には対応していないのではないかと思うが、実際どうなのだろう。美味いのに、何だかモヤモヤしてしまう。

 

■すごい煮干しラーメン凪 大宮店
埼玉県さいたま市大宮区大門町1-24

 

posted by S谷 14:00comments(0)trackbacks(0)






麺や七彩@八丁堀

麺や七彩 喜多方らーめん(醤油)

■喜多方らーめん(醤油)/820円

今年で創業10周年を迎えた、喜多方ラーメンの名店。八丁堀にお店を移してからは、注文を受けてからその都度小麦粉をこねて麺を打つという試みにチャレンジしている。

実はこの日が八丁堀店の初訪問。注文したのは「喜多方らーめん(醤油)」。動物系スープをベースに、ほのかに煮干しなどの魚介が効いたバランス良い無化調スープに、打ち立てならではの平打ち縮れ麺を合わせた醤油ラーメン。麺はかなり太目で、「打ち立て」だから味わえる食感がいい。チャーシューは部位の異なる肉が2枚入る。

東京で美味いラーメンはどこかという話題で常に名前が挙がる人気店だが、実際に出しているラーメンはかなり素朴。田舎風の蕎麦やうどんに近いイメージかもしれない。けれども、麺の食感などは野趣あふれるインパクトがあり、僕らがよく知っている喜多方ラーメンとは味も食感も別次元だ。美味しゅうございました。「肉そば」にすればよかった。

■麺や七彩
東京都中央区八丁堀2-13-2

 

JUGEMテーマ:ラーメン

posted by S谷 13:00comments(0)trackbacks(0)






味噌呉田 Life@北浦和

味噌呉田 Life 味噌ラーメン

■味噌ラーメン/870円

北浦和の人気店『柳麺 呉田』が毎月第2・第4月曜日に味噌ラーメン専門店にチェンジ。屋号も『味噌呉田 Life』に改めて営業している。営業日は、店頭の掲示も確認されたい。

写真は基本の「味噌ラーメン」。少し濁ったスープに、やや固めに茹でられた中太縮れ麺を合わせた味噌ラーメン。野菜や豚バラ肉と一緒に中華鍋でスープを炒めて仕上げている。写真ではよく見えないが、炒めた豚バラスライスなども入っている。スープの塩味は控えめなのは『呉田』らしいが、しっかりした旨味があり美味しい。もっとはっきりした味が好みなら、卓上の刻みショウガと刻みニンニクを入れよう。麺の食感がピロピロしていい感じ。大判のチャーシューもうれしいね。

■柳麺 呉田

埼玉県さいたま市 浦和区常盤9-16-7

 

JUGEMテーマ:ラーメン

posted by S谷 19:00comments(0)trackbacks(0)






二代目にゃがにゃが亭@三河島

二代目にゃがにゃが亭 特製さんま香油そば

■特製さんま香油そば/1030円
 都内では数少ない、本格的な白河ラーメンが食べられるお店。ご主人は本場白河の『とら食堂』出身者だそう。この日は期間限定の「しいたけそば」の提供最終日とのことで、食べ納めに行った人も多いのでは。
 この日注文したのは、前から気になっていた「さんま香油そば」。基本の「中華そば」がキリッとした醤油味なのに対し、こちらは甘めでややコッテリした味付け。独特の魚介の風味と、麺の食感の良さが印象に残る一杯だ。「特製」は部位の異なる焼豚チャーシュー数種類やワンタンが入る具だくさん仕様。チャーシューはよく味が染みており、ワンタンはピロピロした食感がいい。美味しゅうございました。さて、戻って仕事仕事……。
■二代目にゃがにゃが亭
東京都荒川区荒川3-61-6

JUGEMテーマ:ラーメン

posted by S谷 13:00comments(0)trackbacks(0)






【新店】煮干背脂系ラーメン 根津 濱之屋@根津

濱之屋 煮干背脂ラーメン

■煮干背脂ラーメン/750円

 2月20日にオープンしたばかりの新店で、場所は千代田線根津駅と千駄木駅の中間くらい。新潟のご当地ラーメン、背脂煮干醤油ラーメンの専門店だ。基本メニューは「煮干背脂ラーメン」で、他には背脂の入らない「中華そば(700円)」や激辛の「メキシコ(850円)」など。その他のメニューも今後追加されていく様子。

 この日注文したのは基本の「煮干背脂ラーメン」。油の量は選べるが、普通で作ってもらった。見ての通りの背脂粒が浮いた醤油ラーメン。煮干しの風味はほどよく、醤油ダレの味がはっきりした組み立て。茹で加減固めの太ストレート麺を合わせており、個人的にはもうちょい柔らかくてもいいような気がするが、きっとこのくらいが流行っているのだろう。写真ではよく見えないが、厚めで食べ応えのあるチャーシューが入る。美味しい一杯だと思います。

 なお、実は食べに来たのは二度目。最初は背脂増量の「大油」を注文したのだが、液状の油がたっぷり過ぎて味がよくわからなかった(下の写真が「大油」。上と比べると、スープというか油の量が全然違う!)。かなりコッテリしたラーメンも食べ慣れているつもりでいたが、やっぱり最初は普通にしとくべきだった。

濱之家 煮干背脂ラーメン煮玉子(大脂)

■煮干背脂系ラーメン 根津 濱之屋

東京都文京区根津1-27-6

 

JUGEMテーマ:ラーメン

posted by S谷 13:00comments(0)trackbacks(0)






むぎとオリーブ@さいたま新都心

むぎとオリーブ 塩SOBA白

■塩SOBA白/800円

 さいたま新都心けやき広場1Fレストラン街に昨年オープンしたお店。本店は銀座にあり、ミシュランでビブグルマンをとっているそうだ。この日は家族でけやき広場のイベントにやってきた。朝イチで整理券をゲットしてから、イベントが始まるまでこちらで早めのランチを食べることにした。

 私が注文したのが「塩SOBA 白」。さいたま新都心のお店の限定メニューだそうだ。ほんのりビターな魚介風味の塩ラーメン。しっかりしたコクがあるが、動物系食材不使用のこと。やや固めに茹で上げた細目のストレート麺を合わせている。結んだナルトや、焼き目をつけた山芋のトッピングがなんだかオシャレだ。

 子ども用のハイチェアもあり、ファミリーでの利用もしやすい。なお、子どものラーメンをネギ抜きで注文したら、全員のラーメンにネギが入っていなかった。ネギは別皿で提供されたので、家族でシェアしやすいようにという配慮であろう。このあたりのサービスはさすが。しかし、もうちょっとテーブルはきれいにしとかないとビブグルマンの名が泣くぞ。

■むぎとオリーブ さいたま新都心店
埼玉県さいたま市中央区新都心10 けやきひろば

 

JUGEMテーマ:ラーメン

posted by S谷 11:15comments(0)trackbacks(0)