日々是好麺

S谷の食べた麺の記録。





麺屋薫堂@仲御徒町

麺屋薫堂@仲御徒町 旨辛つけ麺

■旨辛つけ麺/1030円

 台東区立平成小学校から南に2〜3分歩いたところにあるお店。アゴ(トビウオ)でダシをとったラーメンが人気を博しており、お昼は結構混むことも。基本メニューはほぼ食べているのだが、まだ食べたことがなかったのがこの「旨辛つけ麺」。普段は辛いものを敬遠しているのだが、この日は気分を変えて食べてみることにした。「あごだしつけ麺(930円)」の食券を買って、現金で100円追加して注文する仕組みだ。

 基本の「あごだしつけ麺」に、辛味調味料を加えてアレンジしたもの。辛さ控えめで作ってもらったので通常とは違うかもしれないが、唐辛子系のピリリとした辛味は魚介ダシの風味を壊さぬ程度でほどよく、私でもじゅうぶんに辛味を楽しめた。トッピングは基本でチャーシュー、味玉、カイワレが乗る。つけ汁の底にはほぐれたチャーシューが少々。何だかチャーシューが大判になったかな?

「旨辛つけ麺」は期間限定メニューという扱い。特に期日を決めているわけではなさそうだが辛味調味料がなくなったら終了するようだ。

■麺屋 薫堂
東京都台東区台東3-4-5

posted by S谷 12:30comments(0)trackbacks(0)






さんじ@稲荷町

さんじ@稲荷町 悶絶ミネストローネら〜めん

■悶絶ミネストローネら〜めん/1000円

 浅草通りから東上野三丁目の交差点を南下した先にあるお店。レギュラーメニューはカニや煮干しを使ったラーメンだが、その日限りの特別メニューをほぼ毎日提供している。この日の限定は「悶絶ミネストローネら〜めん」。個人的にもミネストローネスープは好きなので、さっそく食べに行ってきた。

 現れたラーメンは、ミネストローネ風の真っ赤なスープに低温調理のチャーシューや刻みタマネギが盛り付けられた一杯。スープの中には具がゴロゴロ入っている。ジャガイモやニンジンが入っているのかと思ったが、よく見ると具はすべて背脂(脂身)の固まり。背脂粒をちょっと浮かせたというレベルではない。固まりがゴロゴロ入って何だかヤバイ感じ。ミネストローネに背脂、なんという意表を突く組み合わせだろう。意外にも脂でギトギトする感じはほとんどなく食べやすかったが、さすがに大量の背脂が沈んだスープはけっこう残してしまったな。

 店主のTwitterによると、9月27日(金)にも「悶絶ミネストローネ」をやるらしい。しかも今度は「ソイソース」仕様。興味のある方は急げ。
■さんじ
東京都台東区東上野3-25-12

posted by S谷 12:30comments(0)trackbacks(0)






【新店】JAPANESE FISH NOODLE ウミノチカラ@仲御徒町

JAPANESE FISH NOODLE ウミノチカラ@仲御徒町 真鯛つけ麺(塩)

■真鯛つけ麺(塩)〆ご飯セット/1,020円

 9月14日、蔵前橋通り沿いにオープンしたばかりの新店。「日本近海の旬の魚、海鮮にこだわったラーメン」がコンセプトで、鮮魚系スープを使ったメニューが中心。数日前に「真鯛らーめん」を食べてきたばかりだが、今回は「真鯛つけ麺’(〆ご飯セット)」を食べてきた。ちなみに「真鯛つけ麺」単体では900円になる。

 つけ汁のベースは、「真鯛らーめん」と同じ白濁したスープ。これにモチモチした太目のストレート麺を合わせている。具材はチャーシュー、海苔、青菜。つけ汁には鯛のすり身が入っている。提供時はつけ汁が熱々だったが、麺をかなり冷たく締めてある。そのため、麺はちょっと汁につけて食べるようにしないと。すぐにつけ汁がぬるくなってしまうので注意。個人的には熱々のつけ汁と冷たい麺のギャップは大きければ大きいほど好きなので、こういうつけ麺は大歓迎だ。

 麺を食べ終えた後は、スープ割りしたつけ汁を「〆ご飯」に注いで食べる。これは文句なく美味いしボリューム的にも満足。美味しゅうございました。後は醤油味の「鯖だしらーめん」「鯖だしつけ麺」も残っているので、またしばらくしたら食べに行こう。

■JAPANESE FISH NOODLE ウミノチカラ
東京都台東区台東1-32-6

posted by S谷 13:00comments(0)trackbacks(0)






【新店】JAPANESE FISH NOODLE ウミノチカラ@仲御徒町

JAPANESE FISH NOODLE ウミノチカラ@仲御徒町 真鯛らーめん(塩)

■真鯛らーめん(塩)/880円

 9月14日にオープンしたばかりの新店。千葉県を中心に展開するラーメン店『まるは』の系列店で、東京進出1号店ということになるそうだ。場所は蔵前橋通り沿いで『ラーメンイエロー』の斜め向かいあたり。近隣には『天神下大喜』『粋な一生』『麺屋薫堂』などもあり、ちょっとした激戦区になっている。

「日本近海の旬の魚、海鮮にこだわったラーメン」がコンセプトで、鮮魚系スープを使ったメニューが中心。麺類のメニューは塩味の「真鯛らーめん」「真鯛つけ麺」と、醤油味の「鯖だしらーめん」「鯖だしつけ麺」の他、その日限りの特別メニューなど。
この日注文したのは「真鯛らーめん(塩)」。真鯛を使った白濁スープに細目のストレート麺を合わせたラーメンで、鯛の上品な香りと力強い鮮魚の香りを両立させたもの。鮮魚の香りは苦手な人もいるのではないかと思うが、生臭い印象はなく美味しく食べられた。トッピングは大判のチャーシューに青菜、鯛(?)のしんじょ、青菜など。スープはちょうどよい塩加減で好印象。柚子の香りもよかった。残ったスープと一緒に食べるご飯がセット販売されており、これを注文しなかったことを少し後悔した。

 真鯛を使った鮮魚系ラーメンということで、錦糸町の人気店と比較されてしまうのは避けられなさそう。あちらを初めて食べたときの衝撃を思い出すとちょっと弱い気がするが、コンセプトは面白いし職場にも近いので、ちょいちょい通うことになりそう。

 定期的に限定メニューも出していくようで、9月28日(土)には「クエらーめん」が予定されているそうだ(約20食の数量限定)。

■JAPANESE FISH NOODLE ウミノチカラ
東京都台東区台東1-32-6

posted by S谷 11:45comments(0)trackbacks(0)






稲荷屋@稲荷町

稲荷屋@稲荷町 ポタージュ・シャンピニョン フォアグラパルフェ 夏ゴボウのフィナンシェ

■ポタージュ・シャンピニョン フォアグラパルフェ 夏ゴボウのフィナンシェ/900円

 浅草通り沿いにある黄色い看板のラーメン店。基本メニューはオーソドックスな醤油ラーメンだが、定期的に変わる特別メニューが意表を突いて面白い。店主はフレンチの出身で、特別メニューはその技法を活かしたものが多いのだ。この日食べてきたのも8〜9月限定の特別メニュー。その名も「ポタージュ・シャンピニョン・フォアグラパルフェ・夏ゴボウのフィナンシェ」。名前を聞いても何のことだがパッとわからなかったが、つまりはキノコの冷製ポタージュを使って冷たいラーメンに仕立てたものだ。

 トロリとした冷製ポタージュは、甘くクリーミーで、フェットチーネのような平打ち麺に絡みつく。もうほとんどラーメンを食べている気がしないのだが、最近はキノコを使ったスープもさほど珍しくなくなってきたかもしれない。トッピングは、ゴボウを使ったフィナンシェに乗っている鴨肉やフォアグラのパルフェ(クリーム状に仕立てた料理)。正直なところフォアグラのパルフェなど食べて良し悪しがよくわからないのだが、美味しく楽しく食事が出来たので私としては大満足。毎度よくわからないと思いつつも新たな限定メニューが始まるとまた食べたくなるので、特別メニューとしては大成功していると思う。美味しゅうございました。

■稲荷屋
東京都台東区元浅草2-10-13

posted by S谷 12:45comments(0)trackbacks(0)






麺処 若武者 ASAKUSA 〜FUKUSHIMA NOODLE STYLE〜@浅草

麺処 若武者 ASAKUSA@浅草 会津山塩物語

■会津山塩物語/750円

 福島県二本松市に本店を置く『麺処 若武者』が東京に進出。埼玉県の草加にあった支店『東北六縣堂』を浅草に移転する形で、今年の7月にオープンしたばかり。場所は浅草ROXの近くで通りを挟んでだいたい斜め向かい側。麺類のメニューは数種類あり、塩ラーメンの「会津山塩物語」に醤油味の「黒煮干中華そば」、鶏白湯スープを使った「濃厚福島鶏白湯」「特濃旨辛福島鶏台湾」「福島鶏白湯のつけそば」など。その他は各種トッピングやサイドメニューの「ぶためし」などがラインナップされている。

 食べてきたのは「会津山塩物語」。澄んだスープの塩ラーメンで、喜多方ラーメン風の縮れた平打ち麺を合わせている。スープは鶏が主体かな? 背脂が少し浮いているがかなりアッサリしている。貝ダシのおかげか、シンプルながら単調にならない味に仕上げてある。好みの味で美味しく食べてきたが、個人的にはもう少しボリュームが欲しい。たくさん食べたければ「豚めし」などとセットで注文する前提なのかも。

■麺処 若武者 ASAKUSA 〜FUKUSHIMA NOODLE STYLE〜
東京都台東区西浅草2-27-12

posted by S谷 12:30comments(0)trackbacks(0)






スパイス・ラー麺 卍力@秋葉原

スパイス・ラー麺 卍力@秋葉原 スパイス・ラー麺

■スパイス・ラー麺/830円

 8月14日、西葛西に本店を置く『卍力』が、秋葉原に2号店を出店。場所は昭和通り沿いで『カレーは飲み物。』や『なぜ蕎麦にラー油を入れるのか』の近く。『卍力』といえば、エスニックでスパイシーなカレー風スープを使ったラーメンで人気を博している。店内には辛そうなスパイスの香りがただよい、お店に入るだけで汗をかいてしまいそう。

 ラーメンは基本の「スパイス・ラー麺」を軸に、トッピングを増量した「スパイス・パクチーラー麺(980円)」や「スパイス・特製ラー麺(1080円)」、他にはサイドメニューのご飯モノなどをラインナップ。注文したのは基本の「スパイス・ラー麺」。すべてのメニューにパクチーが入るようだが、苦手ならネギに変えてもらえる。

 スープはスパイシーで、カレーのようだが似て非なる独特の味わい。一見して真っ黒く見えるが、表面には赤黒いオイルが浮いているようにも見える。それなりに辛いが、舌を刺激する強烈な辛味というものではない。スープの辛味のせいか、パクチーがかなり甘く感じられたのが意外だった。トッピングは他にモヤシやブロッコリー、柔らかいチャーシューなど。モヤシはラードで炒めたような香りがあり、これがスープと合わさった風味は新鮮に感じた。私は本来辛いモノもパクチーも苦手なのだが、これは美味かったな。今度行ったらパクチーは増量したいとすら思った。この日はラーメンしか食べなかったが、余裕があればライスを頼んで残ったスープと食べたら美味そうだ。

 美味しゅうございました。ただし、やっぱり辛いものは辛い。外を歩いて帰るのが恥ずかしくなるほど汗だくになってしまった。こういう食事をして汗をかかない人はどういう準備をしているのだろう? 単に体質が違うだけ?

■スパイス・ラー麺 卍力 秋葉原店
東京都台東区台東1-10-5

 

posted by S谷 16:04comments(0)trackbacks(0)