日々是好麺

S谷の食べた麺の記録。





麺家Shumen Doushi@南与野

麺家Shumen Doushi@南与野 秋刀魚まぜSOBA

■秋刀魚まぜSOBA+半ライス/950円

 埼京線の南与野駅と、京浜東北線の北浦和駅の間、埼大通り沿いにある緑色のラーメン店。お店の外壁に鶏・豚・牛のイラストが描かれており、それぞれを合わせたスープ・具材を使ったラーメンがウマイ。

 この日はカミさんと子ども二人と一緒にランチ。期間限定の「秋刀魚まぜSOBA」を食べてきた。ちなみに初めての来店ではこのメニューを注文することが出来ないルールがある。このルールは徹底されているようで、食券を渡して注文する際に念を押される。

 鶏そぼろ、豚バラチャーシュー、牛のしぐれ煮(……?)のような3種の肉にたっぷりのネギ、生卵、マヨネーズ、そしてネギの下にはサンマの蒲焼きが盛り付けられている。器の底には、モッチリした太麺と、独特の香りがあるタレ。サンマ蒲焼きとタレの味が混ざった味がなかなか魅力的だ。麺を食べ終えたら、残ったタレや具材の中にライスを放り込んで一緒に食べる。サンマ蒲焼きと白飯の相性が良いのは皆さんご存じの通り。ライスまで食べるとかなりお腹いっぱい。美味しゅうございました。

 これまでも何度かここに子どもを連れてきているが、最近は子ども用のメニューを選ぶのにちょっと悩んでしまう。だいぶ前はチャーシュー1枚にネギやメンマが入った、いわゆる「ノーマル仕様」っぽいメニューがあったのだが、しばらく前から具なしの「かけSOBA」と具だくさん仕様の「極 -Kiwami-」だけになっている。具だくさんを注文して残ってしまってももったいないし、麺とスープだけというわけにもいかない。場所がら子連れ客は多そうなのでノーマル仕様の需要はあると思うのだが……。

■麺家Shumen Doushi@南与野
埼玉県さいたま市中央区新中里2-1-11

posted by S谷 13:30comments(0)trackbacks(0)






酒彩 香の里@末広町

酒彩 香の里@末広町 しじみらーめん

■しじみらーめん/750円

 しらばく前に蔵前橋通りを歩いていたら、ランチタイムに「しじみらーめん」を出している小料理屋を見つけたので改めて行ってみた。場所は地下鉄末広町駅の交差点から蔵前橋通りを東に進み、JRのガードの手前で路地を左に入ったところ。夜営業の締めのラーメンがお昼にも食べられる、ということらしい。

 お店に入ったのは13時過ぎで、そろそろランチタイムも一段落したのか先客はゼロ。ランチメニューは基本的にこの「しみじらーめん」のみで、他には「ゴマおにぎり(100円)」とトッピングのバター(無料)があるくらい。

 澄んだスープに極細の縮れ麺を合わせたもの。スープはしじみのダシがよく出た塩味で、かなりアッサリしているが美味い。しじみラーメンといえば青森のご当地ラーメンが知られているが、こちらのお店でもやはり青森から取り寄せた麺を使っているそうだ。いわゆるチャーシューなどのトッピングはないが、しじみの身をほじくりながら食べていると不思議と満足してしまった。もう少しコッテリ目が好みなら無料トッピングのバターがよさそうだ。後から来た常連とおぼしき客がふたりいたが、どちらもバターを載せていた。

 夜の料理も美味そうだ。機会を作って行ってみたい。

■酒彩 香の里
東京都台東区上野3-1-5

 

posted by S谷 13:20comments(0)trackbacks(0)






【新店】麺屋 紫極@さいたま新都心

麺屋 紫極@さいたま新都心 ラーメン

■ラーメン/700円

 8月下旬、旧中山道沿いにオープンしたばかりの横浜家系ラーメンのお店。店主は東京・中野の『二代目武道家』出身。JRのさいたま新都心駅と与野駅の中間くらいに位置するが、徒歩で行くならさいたま新都心の方が近い。といってもそんなに駅の近くではなく、クルマの客をターゲットにしているような立地。コインパーキング利用者に味玉をサービスしているのは路駐対策だろう。基本的のラーメンは横浜家系の豚骨醤油ラーメン1種類。トッピングやセットメニューでバリエーションを出している。ちなみに15時まではライスが無料サービスだ。

 注文したのは「ラーメン」。もちろん麺のかたさ、味の濃さ、油の量は好みに合わせて作ってくれる。この日は全部「ふつう」で作ってもらった。正統派の家系ラーメンのスタイルを踏襲しつつ、かなり濃厚な豚骨スープを使いパンチのある一杯に仕上げている。単純な印象だけで言えば、『侍』や『わいず』よりも濃いように感じた。豚骨の臭みが若干あるが、これはこのラーメンの魅力ともいえるだろう。

 美味しゅうございました。それにしてもスープが予想以上に濃厚で驚いた。個人的な好みではこんなに濃くなくてもいいような気がするが、たまにこういう予想を上回るラーメンに出会えると楽しい。量産型の家系ラーメンしか食べたことがない人には、ビックリするようなインパクトがあるのでは。

■麺屋 紫極
埼玉県さいたま市大宮区北袋町1-328-2

posted by S谷 20:00comments(0)trackbacks(0)






稲荷屋@稲荷町

稲荷屋@稲荷町 8〜9月限定 ガスパチョと貝の泡ジュレ

■8〜9月限定 ガスパチョと貝の泡ジュレ/900円

 淺草通り沿いにある黄色い看板のお店。鶏を使ったシンプルな無化調スープの醤油ラーメンが人気だが、フレンチの技法を活かした特別メニューも面白い。今回食べてたのは8月〜9月(?)の特別メニュー「ガスパチョと貝の泡ジュレ」。

 2色のスープ(というかエスプーマ?)を使った、ビジュアルが美しい冷製ラーメン。これまでの特別メニューの中でもかなり前衛的で説明するのが難しい。ご主人曰く、フレンチのコースの途中に出てくるようなちょっとした料理を意識して作ったもので、「見た目重視で味は保証できない(笑)」とのこと。冗談はさておき、カルダモンなどの香辛料をいろいろ使っているそうで、好みが分かれるのではないかと気にしていた。

 赤い泡はガスパチョのムースで酸味があり、白い泡はムール貝などのスープから作ったもので味わいはまろやか。まったく味の違った泡が混ざってくると酸味とまろやかさがいい感じで融合してくる。中央にある餃子のようなものは、刻んだ貝などを包み込んだラビオリ。中央を貫くように振りかけられているのが、竹炭パンやカルダモンを合わせて作ったスパイス。

 はじめて口にする味で、美味いのかどうかよくわからなかったのが正直なところ。でもね、こういう変わったラーメンを食べるのはやっぱり面白い。量が少なく、ボリューム的に物足りないところがあったが、面白い対処法を店主から教わったので近々また食べに行ってみよう。

■稲荷屋
東京都台東区元浅草2-10-13

posted by S谷 13:00comments(0)trackbacks(0)






【百貨店催事】中華そば処 琴平荘@小田急百貨店

中華そば処 琴平荘@小田急催事 中華そば

■中華そば/920円

中華そば処 琴平荘@小田急催事 中華そば

■琴平スペシャルみそ中華そば/1300円

 まさか小田急に来るとは……。

 もとは山形県の旅館が閑散期に始めたラーメン店。それが評判になってラーメン専門店に業態変更したという変わり種。

 醤油味の「中華そば」は、独特な魚介風味のスープにモチモチした太麺を合わせたもの。小田急催事に合わせた特別メニュー「琴平スペシャルみそ中華そば」は、一味とニンニクを効かせた味噌ラーメン。こちらはチャーシューや味玉が増量になった具だくさん仕様。9月4日が最終日で、ラストオーダーが16時。まだの人は急げッ!

■中華そば処 琴平荘こんぴらそう
山形県鶴岡市三瀬己381-46 
※10月1日から翌年5月31日まで、冬期間のみ営業

posted by S谷 14:00comments(0)trackbacks(0)






すごい煮干ラーメン 凪@池袋

ラーメン凪@池袋 冷やし煮干そば

■冷やし煮干そば/850円

 池袋駅西口の歓楽街に今年オープンした『凪』の池袋店。煮干ラーメンを主力にするお店で、基本のメニューは「すごい煮干ラーメン」と「すごい煮干つけめん」、最近売り出し中の「ふつうに煮干ラーメン」の3種類……なのだが、この日食べてきたのは夏向けの期間限定メニュー「冷やし煮干そば」。この日はキャンペーン中とかで100円でチャーシューを増量できると説明されたが、通常の量で注文した。

 煮干し風味のスープに、盛岡冷麺みたいなやや透明の麺を合わせた冷たい醤油ラーメン。器の中にはいくつも氷が入っており、食べ終えるまで麺もスープもキンキンに冷えていた。油分はほぼゼロながら、強烈に効かせた煮干しのおかげが物足りなさは皆無。また、かなり弾力のある麺を合わせたことで、グイグイ嚙んで食べることがさらなる満足感を出しているのかも。トッピングの煮干しはスープの食材と同じものだと思うが、ちょっと固すぎてかじるのが大変。気になったのはそのくらいで、冷たくスッキリ美味しい冷やしラーメンだった。

■すごい煮干ラーメン 凪 池袋西口店
東京都豊島区西池袋1-39-1

posted by S谷 14:00comments(0)trackbacks(0)






IPPUDO RAMEN EXPRESS@さいたま新都心

IPPUDO RAMEN EXPRESS@さいたま新都心 博多流ざるラーメンスペシャル

■博多 ながれ ざるラーメンスペシャル/918円

『一風堂』のフードコート向け業態で、さいたま新都心にある大規模商業施設コクーン2の3Fフードコートに出店している。『一風堂』の「白丸」のような豚骨ラーメンを主力商品としながら、定期的に期間限定メニューも提供している。現在の期間限定メニューは「博多 ながれ ざるラーメン」。博多ラーメンの極細麺をよく冷やし蕎麦つゆで食べるもので、今回はチャーシューや味玉を追加した「スペシャル」を食べてきた。

 この手の「ざるラーメン」はこれまでいろんなところで食べてきた。どれもすずしくサッパリ食べられるのは良いが、日本蕎麦のかわりに中華麺を使っただけという印象はぬぐえない。麺の歯ごたえも蕎麦ではなく間違いなく博多風の中華麺なのだが、ちょっと変わった蕎麦を食べている感じかな? それが不思議なもので、チャーシューやメンマと一緒に食べるだけで、ラーメンを食べている感じに一気に引き戻される……ような気がする。満足感もぜんぜん違うので、可能であれば具だくさんのスペシャルがオススメ……なのだが、そこまで言ったら言い過ぎのような気もしてきた。提供機関は9月24日まで。

■IPPUDO RAMEN EXPRESS コクーンシティ店
埼玉県さいたま市大宮区吉敷町4-263-1 コクーンシティ3Fフードコート内

posted by S谷 12:00comments(0)trackbacks(0)