日々是好麺

S谷の食べた麺の記録。


<< 【本日オープン】さいたま屋@幡ヶ谷 | main | 麺酒場 夕凪/ラーメン凪@渋谷 >>



二代目 海老そば けいすけ@高田馬場

二代目けいすけ 海老そば

別に、グラフを作りたくてネタにしやすいお店を選んでいるわけではない……と思う。
二代目けいすけ べつやく『二代目けいすけ』で「海老そば(720円…だったような気がするが値上げした?)」を食べた。その名の通り、海老の風味が特徴のラーメン。ところが前回食べたときは海老の風味はたいして感じなかったが、今日はとても海老海老している。味が変わったかと思ったが、そんな話を聞いたことがないので僕の勘違いであろう。そのまま食べていると、前回の印象通りのラーメンになったように思えた。不思議。

僕は普段ラーメンを食べるとき最初にスープをすするのだが、今日は麺から食べた。察するに、ここに違いがあるのではなかろうか。作っている様子を見ていると、まず器に数種のタレや油、スパイスなどを入れてから、あの巨大なレンゲを入れ、その後にスープを注いでいる。勝手な想像だが、スープを入れることで海老油は浮いてくるが、レンゲの下に塩ダレが隠れており、レンゲを取り出すことによってタレが拡散し味が変化するのでは。前回は最初にレンゲを出してしまったので、海老の風味より強い塩味が目立ち、今回は麺から食べたので海老の風味が先に目立ったということであろう。そう考えるとあの巨大なレンゲには、「タレを覆い隠す」「最初に使う気がしない→味が変化するタイミングを後にできる」という効果がある。あのサイズは単に奇をてらったわけではなく、必然だったというわけだ。

以上、勝手に妄想してみた。おそらく、僕は的はずれなことを書いているのだと思う。あまり本気にされぬよう、切に願う。
posted by S谷 16:03comments(0)trackbacks(0)



この記事に対するコメント











この記事のトラックバックURL
http://esuya.jugem.jp/trackback/931