日々是好麺

S谷の食べた麺の記録。


<< 大勝軒@代田橋 | main | 西早稲田 北狼(きたろう)@高田馬場 >>



【新店試食会】麺屋武蔵 鷹虎(たかとら)@高田馬場

麺屋武蔵 鷹虎 1:3醤油ら〜めん

13日(月)に、高田馬場駅前にオープンする7店目の麺屋武蔵『鷹虎』に行ってきた。本日はオープン前の試食会。18時からスタートだが、17時すぎに到着すると、すでに10名ほどの行列ができている。その中には知人も数人。どんどん人が集まり、スタート30分前には50人近くが行列を作っている。

このお店、鶏と豚の動物系スープを使った「ら〜めん」と「つけめん」を出す。ら〜めん、つけめんともに醤油・塩・味噌の3種類が用意されている……というとちょっとメニューの多いありがちな店に聞こえるが、最大の特徴はスープ。鶏と豚のスープを別々にとっており、その配合を5段階(鶏:豚を「4:0」「3:1」「2:2」「1:3」「0:4」)から選べるのだ。さらに、それぞれお好みで魚粉・辛粉・揚げにんにくをトッピングできる。今回は鶏:豚「1:3」の醤油ら〜めん+味玉を注文し、魚粉、辛粉、揚げにんにくは別皿で出してもらった。

ラーメンが出てきた。まずは僕の「1:3醤油」と同行のマッハさんの「3:1醤油」のスープをレンゲで飲み比べる。実はこの前にラーメン王の青木さんが隣で「2:2塩」を食べており、スープを一口分けてもらっていた。それも踏まえて、僕の好みでは2:2よりも豚か鶏のどちらかを多めにした方がよいと感じた。1:3と3:1は両方好きな味だったが、どちらかというと豚スープ多めの1:3の方がよかったかもしれない。トッピングは大きな海苔に大判のロース肉チャーシュー、メンマにネギ。ネギは『めじろ』のネギを大きく切ったような感じで、白ネギと揚げネギが散りばめられている。『武蔵』にしては非常にシンプルで、ダシを丁寧に濃厚にとっている。麺は中太のストレート麺。もちもちした感じは、東池袋大勝軒系の麺の食感みたいな感じ(味は違うけれど)。

麺屋武蔵 鷹虎 お好みトッピング3種お好みトッピングを後で入れてみたが、皿に入れてもらったものをすべていれると多すぎると感じた。どれも少量でよく効く。魚粉は多めが好みの人もいるだろうが、動物系の旨味がしっかり出ているのでそんなにたくさん入れなくてもいいのではないか。れは3種類ともカウンターに置いておき、客にお好みで入れさせた方が混乱も少なくて良いのではないかと思った。

途中で横を見ると、青木さん、今度は「2:2塩つけめん」を食べている。少し分けてもらうと、麺がかなり「ちぃめん」っぽくて驚いた。

出てきたラーメンはある意味『武蔵』らしからぬラーメンだったが、ここまで客の好みに合わせたものを作ろうという珍しい試みは、逆に非常に『武蔵』らしいといえるのではないか。

本日は試食会とのことでメニューは無料で提供されたが、13日からは、基本の「ら〜めん」「つけめん」はそれぞれ730円。味玉は100円になる。おもしろい試食会だった。ごちそうさまでした。
posted by S谷 18:15comments(0)trackbacks(2)



この記事に対するコメント











この記事のトラックバックURL
http://esuya.jugem.jp/trackback/852


2/10 麺屋武蔵鷹虎
高田馬場駅からすぐ 西武新宿線と山手線のガードの間にできました 方向としては神田川方面で 電車の中から店舗が見える位置にありますね 17時に駅前でS谷さんと待ち合わせをして店へ すぐ前にはラーメン王の青木さんが並んでいました そこにHIRYUさんも加
マッハのマウントポジションラーメン日記 | 2007/02/12 3:44 AM


「麺屋武蔵 鷹虎」 ラーメン 高田馬場
新宿ではいつも大行列のお店 といえば「武蔵」。 そのお店が高田馬場に姉妹店をだしたそうだ。 その名も「麺屋武蔵 鷹虎」。 お店は高田馬場駅から 徒歩1分程度の場所に位置していて、 立地条件はバッチリ!店内の椅子、壁にはとら、トラ、虎。 バリバリ(死
遊・癒 life ? | 2007/03/13 8:45 PM