日々是好麺

S谷の食べた麺の記録。


<< 七重の味の店 めじろ@代々木 | main | らーめん 麺好(めんこう)@中野富士見町 >>



無骨地味そば 短太固(たんたこ)@中野新橋

短太固そば
短太固そば中野新橋の『短太固』をようやく初訪問。あの『山頭火』と二郎ライクな『ぽっぽっ屋』のコラボレーションとして話題になったお店。

看板メニューの「短太固そば(600円)」と「不思議なゆで玉子(100円)」の食券を買い、待つこと少々。まず出てきたのは「不思議なゆで玉子」。ジップロックみたいな袋に入っており、塩でびっしり被われた殻付きのゆで玉子。殻をむいている途中にラーメンが出てきた。

さらっとした茶色のスープは、魚介(鰹?)の香りが入った豚骨スープ。店内には、豚骨スープ+太麺と説明が書かれていたが、いわゆる九州風豚骨スープとは異なる印象。ラードの風味が強く旭川風の醤油スープっぽさを感じたが、この辺が『山頭火』の影響なのかもしれない(決して『山頭火』らしくはない)。塩とコショーが強く効いており、好みが分かれるところかもしれない。

特徴は、屋号の通り短く太く固い麺。麺の太さは相当なものだがスープとのバランスはよく、歯ごたえもあり美味しい。麺の少なさは前評判通り。替玉を前提としているようで(ちなみに今日見ていた感じでは、替玉している客は半数もいなかったので、もうちょっとアピールしたほうがよいのではないかと思った)、替玉用の麺は標準の極太麺と「変玉(北海道麺)」という細麺の2種類が用意されている。今日は初訪問なので細麺を注文したが、食べ比べた結果では極太麺の方が合っているのではないかと感じた。なお、替玉は100円だが、あらかじめ麺を2玉入れる麺ダブルは50円増しで作ってくれる。

「不思議なゆで玉子」は、どこが不思議なのかよくわからなかった。
posted by S谷 14:10comments(0)trackbacks(0)



この記事に対するコメント











この記事のトラックバックURL
http://esuya.jugem.jp/trackback/800