日々是好麺

S谷の食べた麺の記録。


<< 燦燦斗(さんさんと)@東十条 | main | 旬麺しろ八@新宿御苑前 >>



玄蔵@東十条

玄蔵 玄流麺
玄蔵 玄流麺東十条の気になるお店の2軒目は『玄蔵』。かつての秋葉原の名店『玄』の元店主、田中氏が数年のブランクを経て復活させたお店。『玄』には何年か前に行ったことがあるのだけれど、当時は今ほど真剣にラーメンを食べていなかったので正直なところよく覚えていません…。薬膳を使った味噌ラーメンを食べたような覚えがかすかにあるけれど、記憶にはまったく自信がない。

基本のメニューは、玄流塩ラーメンを復活させたという「玄流麺(780円)」、鶏白湯の「玄流白湯麺(780円)」に、最近新しく加わったらしい「玄流つけ麺(780円)」がある。つけ麺には、ノーマル清湯バージョンの「A」と、オリジナル白湯こってりバージョンの「B」が用意されている。

21時前で、先客はなし。カウンター席のみだがお店は広く、席の数は未確認。食券制。券売機で「玄流麺」の食券を買い、席に着く。待っている間、従業員を厳しく指導しているのかどうか知らないが一度だけ怒号が響く。あちゃ〜、こういう雰囲気苦手だな…。関係ないけど、お冷やの水も出ない。セルフサービスなのかと思って周囲を見回すが、グラスがあるようにも見えない。あの怒号一発で、こういう変なところが気になり始めてきた。

チャーシューはバーナーで炙ったものを使うようだ。麺が茹で上がり、トッピングを盛り付ける。盛りつけの様子は丁寧そう。出てきたラーメンの第一印象は、色鮮やかできれい。水菜の緑に白髪ネギの白、糸唐辛子の赤が美しい。

スープの色はかなり醤油ラーメンっぽく見えるが、黒い器の影響かもしれない……と思って食べてみると、本当に醤油っぽい。塩味が強いという評判を聞いていたが、そういう印象はなかった。揚げネギの風味が強い醤油ラーメンという感じ。やや油が多めのように感じるが、優しい味わいが口の中にひろがり、間違いなく美味しいラーメンである。麺は開化楼の細ストレート麺を合わせている。麺を食べるとけっこうオイリーな風味が強く、レンゲでスープを飲んだときと印象が違っていた。これは意図的にやっているのかもしれないが、スープとの相性の善し悪しはよくわからなかった。
posted by S谷 21:00comments(0)trackbacks(0)



この記事に対するコメント











この記事のトラックバックURL
http://esuya.jugem.jp/trackback/776