日々是好麺

S谷の食べた麺の記録。


<< 自作 鶏白湯スープの塩らーめん | main | 麺屋武蔵@西新宿 >>



麺酒場 夕凪/ラーメン凪@渋谷

凪・自作鶏白湯昨日『凪』の夏山から電話があり、自作の鶏白湯がうまくできたと話すと、
「明日持ってこい」

で、一日経って今日になったわけなのだが、冷静に考えて我ながらとんでもないことをしようとしていると思う。だって、ラーメン店にラーメンスープを持ち込むわけですよ。居酒屋に缶ビール持ち込むのと同じくらい非常識だし失礼だと思うのだが、まぁ、お店が持ってこいと言うんだもんなと自分を納得させつつ『凪』へ。こんな風に書くとお店のせいにしているようだが、もちろん自分のスープの評価を直接聞いてみたいというのが一番の動機である。

100均で買ったケースの中で、煮こごり状態に固まったスープ。冷える過程で3層に分離しており、それを見た西尾店長「鶏白湯ってところまで行ってないですね。乳化の具合が甘いですよ」と厳しいコメント。だけれど煮こごりスープを鍋で温めるとよく混ざるはず。このスープにはネギ、玉ネギ、ジャガイモが完全に溶け込んでいるのだが、これらは乳化を妨げる働きがあるという。分離したのはそのせいかな?

かくして凪+S谷コラボの「失礼な鶏白湯らーめん」ができあがった。自作の鶏白湯スープ、塩ダレ、チャーシューに、本日の日替わり麺で使っているトッピング(ラードで炒めた白髪ネギと、野菜は何だっけ?)を合わせてもらう。麺は浅草開化楼の平打ちぃ麺。

自分で言うのもなんですが、やっぱり美味しい。先ほどは「鶏白湯ってところまで行ってない」と評した西尾店長も「やっぱり鶏白湯でした」と認めてくれた。ジャガイモの風味が好評価。喜ばれるレベルの味にはなっていたようで一安心。

一方、自作チャーシューはなかなか残念な評価。一口かじった夏山が「うわッ、酒臭せッ」。向こうの方で食べている西尾店長「S谷さん、このチャーシュー酒がぜんぜん飛んでないですよ」と同じコメント。うーむ、美味しくなるかと思って食用酒をたっぷり入れたんだけど、調子に乗りすぎたようだ。

自分のスープを使ってプロが調理する姿にちょっと感動を覚えた。素人のお遊びにつきあって試食してくれた凪のスタッフの皆さん、ありがとうございました。
posted by S谷 22:13comments(0)trackbacks(0)



この記事に対するコメント











この記事のトラックバックURL
http://esuya.jugem.jp/trackback/670