日々是好麺

S谷の食べた麺の記録。


<< 自作 鶏白湯らーめん | main | 自作 鶏白湯スープの塩らーめん >>



長崎亭@新宿二丁目

長崎亭 ちゃんぽん午後の早い時間まで原稿を読み終えたいので、昼飯は近場で。久しぶりに『天辰』で焼肉定食でも食べようかと思ったが、つい気が変わって『長崎亭』へ。新宿二丁目の仲通りから路地を1本入ったところにある、ちゃんぽんと皿うどんの専門店。かなり枯れた感じの建物で営業している。

先客は4名。テレビの真下の席に座り、ちゃんぽん(600円)を注文。ちなみに、150円追加すると海鮮系の具材が少し追加された「上」になる。

あれ? 厨房を見ると店員さんがふたり。普段はおばちゃんひとりで切り盛りしているのだが、今日は若い女性が手伝っている。言っちゃ悪いがとても従業員が店主に対する態度には見えなかったので、きっと娘さんなのだろうと思われる。

さて、ちゃんぽんが出来た。豚骨とラードの香り。独特の臭いがあるが、以前同じ臭いを長崎の中華料理店で嗅いだことがある(ような気がする)ので、ひょっとするとちゃんぽんの麺独特の材料の香りなのかな? 本当のところはよくわかりませんが。

ここのお店、麺は固めだったりクタクタだったりするけれど、本日はけっこうな柔らかめ。そこそこのボリュームはあるけれど、こんなに柔らかいと食べている途中に飽きてしまうかも。しかし、スープの味がかなり独特。時々食べに行きたくなってしまうんだよな……。
posted by S谷 12:34comments(2)trackbacks(0)



この記事に対するコメント











ウチの事務所から30秒ですがな…。
ココ麺柔らかいッスよ。ぶにょって…。
まあちゃんぽんですから…(^^;)
FILE | 2006/10/23 8:49 PM


たまの混雑時、ときどき麺が妙にコシがあるときありませんか?
ひょっとして時間計り間違えてたりして。
ここの独特な香りのちゃんぽん食べてると、伊勢丹とかに来てる「みろくや」のちゃんぽんが物足りなく感じてしまうのです。
S谷 | 2006/10/23 10:57 PM


この記事のトラックバックURL
http://esuya.jugem.jp/trackback/665