日々是好麺

S谷の食べた麺の記録。


<< 自作 鶏と鰹の残念ならーめん | main | 【本日オープン】三代目 けいすけ 紅香油@立川 >>



【本日オープン】凪@立川

凪@立川 (魚)豚今年491杯目。
どういうわけか『凪』の節目の日はいつも雨降り。本日は立川ラーメンスクエアに『凪』の立川店がオープンする日。そりゃひどい雨も降るよなぁと、さっそく雨の中を立川に行ってきた。アレアレアに着いたのは午後2時を過ぎており、ラーメンスクエア全体も比較的空いておりやや拍子抜け。

立川店にはさまざまなメニューがあるが、「凪豚(700円)」という豚骨ラーメンを基本に、各種の香味油やトッピングが追加された「(黒)豚」や「(赤)豚」などの変わり玉入り豚骨ラーメンが加わる(その他にも醤油ラーメンもある)。今回は標準の豚骨ラーメンを食べるつもりが、つい「(魚)豚(850円)」という名前と、ワンタンが乗っていると思われる写真に惹かれてそちらの食券を購入。

厨房に面したカウンターに案内される。立川店にはニンニクとクラッシャーが席に常備されているのね。

もともと凪@渋谷の「豚骨麺」は、臭みがまったくなく、芳醇な魚の風味が特徴の甘い豚骨ラーメン。今日食べた「(魚)豚」はそれを突き詰めた感じというか、その名の通り魚の風味がさらに強調されたもの。丸鶏を使っているのもこのお店の特徴。今日は、厨房と客席をしきる暖簾の隙間から、茹で上がった丸鶏を処理している様子が見え、なんか「おぉっ!」という感じ。
渋谷ほどの甘さはなく、やや醤油の味が強い。豚骨醤油といっても差し支えのない味になっている。店内には浅草開化楼の麺箱が置いてあったけれど、この麺のパキパキ感は渋谷でも使っている東久留米の麺っぽい。チャーシューはいつもと同じ物だと思うが、ベストな状態の渋谷のチャーシューに比べてやや固かったかもしれない。
このメニューの特徴は、魚の香味油に加えて、プリプリの海老が入ったワンタンが3つ入っていること。このワンタンもモチモチしており食べ応えがあり美味しい。これ、渋谷でも出してくれないかな…。美味しゅうございました。

あれ? そういえばマシューの姿を見なかったな。

posted by S谷 14:45comments(0)trackbacks(0)



この記事に対するコメント











この記事のトラックバックURL
http://esuya.jugem.jp/trackback/628