日々是好麺

S谷の食べた麺の記録。


<< 【本日オープン】凪@立川 | main | 凪@立川 >>



【本日オープン】三代目 けいすけ 紅香油@立川

三代目けいすけ 紅香油ラーメン今年492杯目。
引き続き、立川ラーメンスクエアでハシゴ。『凪』と同じく本日オープンした『三代目けいすけ』に行ってきた。竹炭を練りこんだ味噌を使った「黒味噌ラーメン」が有名な、本郷の『初代けいすけ』の3号店。

1号店の「黒味噌ラーメン」も用意されているが、ここの看板メニューは、「紅香油(くれないこうゆ)ラーメン」。ポスターによると、「豚骨、鶏がら、香味野菜、羅臼昆布等で炊いたスープに凝縮したイタリアントマトを加え香油の効いた虹色のスープ」とのこと。面白そうだし美味しそう。「紅香油ラーメン(750円)」の食券を購入して店内へ。カウンター席に案内され、しばらくすると…。

何だかすごいものが出てきた。ラーメンに加え、味玉やら鮭やら野菜が盛られた豪勢すぎるお皿。これは間違いなく750円のラーメンではない。女性店員に「これが紅香油ラーメンなのか」と尋ねると、そうだという。念のため、別の従業員に尋ねると、明らかに「間違いに気付いた瞬間」の表情(笑)。やはり違ったらしい。隣のお客さんのラーメンだったようだ。箸は付けなかったけれど、そのまま隣のお客さんに運ばれることなく、作り直されたようだ。

さて、改めて出てきたラーメン。まずドンブリの形がおもしろい。一部に灰皿のような切れ込みが入っており、反対側に小さな穴があいている。この切れ込みと穴が、箸置きの役目を果たしている。そこに置かれた割り箸にはバジルの葉がはさんであり、はじめにバジルをスープに沈めて食べるよう説明がある。

スープは、本当に真っ赤。「紅香油」というけれど、紅色の香油を足したというよりスープそのものに赤い色がついている。トマトの酸味が効いた洋風のスープなのだけれど、確かに豚や鶏の香りもしっかり出ているおもしろい味。麺は中太の平打ち麺。トッピングは、糸とうがらしにニンニクの芽、斜めに薄くカットされた白ネギにニラ。これに蒸した(?)鶏肉が入る。

元フレンチシェフの店主が手がけただけあって、かなり洋風の変わったラーメン。美味しかったのだけれど、それよりも面白さの方が印象に残った。トマトの入った真っ赤なラーメンというのは一般的には受け入れがたいのか、オープン初日でありながら僕の周囲の客の半数近くが黒味噌ラーメンを食べていた。ふと、品達の「せたが屋 雲」が現在では本店と同じメニューを出す「せたが屋」になったことを思い出した。
posted by S谷 15:02comments(0)trackbacks(2)



この記事に対するコメント











この記事のトラックバックURL
http://esuya.jugem.jp/trackback/627


【新店】三代目 けいすけ@ラーメンスクエア(立川)
7月に高田馬場に二代目をオープンさせたばかりの『けいすけ』が、立川の『ラーメンスクエア』内に三代目をオープンさせた。初代が“黒味噌”、二代目が“海老そば”ときて、今回は“紅香油(くれないこうゆ)”。 メニューはメインの「紅香油ラーメン」
しらすのラーメン日記 | 2006/10/16 2:34 PM


三代目けいすけ 立川ラーメンスクエア
紅香油(くれないこうゆ)ラーメンって何だろ?という疑問から、飛び込んでみたのが立川ラーメンスクエア内にあるラーメン店「三代目けいすけ」。
マチルダベイビー! | 2007/06/30 10:16 PM