日々是好麺

S谷の食べた麺の記録。


<< 【本日オープン】三代目 けいすけ 紅香油@立川 | main | 【新店】豚骨屋 これでもかっ@幡ヶ谷 >>



凪@立川

凪@立川 (赤黒)豚今年493杯目。
オリオン書房で時間をつぶし、再び『凪』へ。ラーメン集合施設へくると、食べ過ぎとわかっていても3杯くらい食べてしまう。券売機の前で迷いつつ「(黒)豚」に決めた頃、ちょうど店の中から生田店主が現れた。
「(黒)食べた? オススメだよ!」
「ちょうど、それにしようと思ったところだよ」
「むーん、でも(赤)も食べて欲しいな」
「なんだよ、迷って黒に決めたのに」
「じゃ、両方半分ずつ入れて作っちゃる」
と言いながら店の中にスタスタ戻っていく店主。よくわからないので「(黒)豚(850円)」の食券を買ってお店に入る。従業員の女性に食券を渡したら、当然普通の(黒)として注文が入るが、すでに厨房に戻っている店主は了解済みのようだ。

ちょうどドンブリにレードルでタレ(香味油?)を入れているところが見えたが、本当に黒いタレと赤いタレを入れていた。で、出てきたのが写真のラーメン。とりあえずここでは「(赤黒)豚」ということにしておくが、オープン初日からいきなりメニューにないものを作ってもらってしまった。

おそらく「(黒)豚」は、マー油(焦がしニンニク油)に、コショウの味を効かせた肉味噌をトッピングしたもの。そして「(赤)豚」は、唐辛子の効いた辛味ダレに、ピリ辛の肉味噌をトッピングしたもの。下の写真では、半分チャーシューに隠れて見にくいが、黒い肉味噌(手前)と赤い肉味噌(奥)をミックスしたものである。

なんか必要以上に複雑な味になっているような気もしないではないが、マー油の風味と辛味の親和性は高い。豚骨スープの上ではさほど違和感なくまとまっているのだが、ちょっと辛い。だんだん汗をかいてきた。辛いものが苦手な僕だから、ある意味(赤)の要素が半分入っている今回のラーメンは、一度試すにはちょうどよい辛さだったのだろう。

とりあえず、新生『凪』の4種の変わり玉(黒、赤、魚、海老)のうち、今日だけで3種を食べられた。渋谷と違って立川にはそう通えないけれど、また行きます。

やっぱりマシューの姿を見なかったな…。
posted by S谷 15:30comments(0)trackbacks(0)



この記事に対するコメント











この記事のトラックバックURL
http://esuya.jugem.jp/trackback/626