日々是好麺

S谷の食べた麺の記録。


<< ラーメン むろや@四谷四丁目 | main | 旬麺しろ八@新宿御苑前 >>



麺酒場 夕凪/ラーメン凪@渋谷

凪 ジャンク醤油今年370杯目。
今日の凪の日替わり麺は、先週の月曜日に引き続き西尾氏創作のジャンクな醤油ラーメン。先週は食べられなかったのだけれど、今日も作ると聞いていたので行ってみた。

醤油味の濃い油たっぷりのスープに、ニンニクと野菜(キャベツ、モヤシ、ニンジン、玉ねぎ、ニンニクの芽、ニラ(?))が入る。スープは二郎っぽいのかもしれないが、ニンニクと生卵、野菜から受ける印象は「街の中華屋さんのスタミナラーメン」。これに開化楼の極太麺という意表を突いた組み合わせ(凪の日替わり麺のために、本当に開化楼が毎日違う麺を出していることは公言されているとおりだけれど、それでも意表を突かれる。ちぃ麺好きにはある意味夢のコラボと言えるかも)。

濃い醤油、ニンニク、かなり味の濃い生卵が合わさって、かなりの大味。野菜を一気に食べられるのはこの味のおかげか。多少値段が上がってもいいから、野菜をたっぷり入れた状態で食べたいと思った。後悔したのは、生卵の黄身を壊すタイミング。後半まで黄身を壊さずとっておいたのだが、いざ壊してみて驚いた。美味い。最初っから黄身を壊して食べればよかったと思うくらいの美味さ。

気になったのは麺。さすがに開化楼というべきか、確かに美味しい。しかし個性が強すぎではないだろうか。今回のスープやニンニクも含めたトッピングは、相当にインパクトがあるものだけれど、それでも口の中に最後まで残るのは麺の味のように思える(いや、最後に残るのはニンニク臭さだろうというツッコミは御無用)。もちろん、この麺にしても凪が作りたいラーメンに合わせて選んだものだから、あまり開化楼開化楼と強調するのもナンセンスなのだが……。難しいことを考え過ぎかな?

あ、それからチャーシューがやけに固かったような気がしたが、僕が食べたものがたまたまそうだったのかな?

今日のラーメンは、生田店主曰く「たまにはこんなラーメンもありでしょ」とのことだけれど、満足できたし印象深いラーメンなのでした。美味しゅうございました。

■麺酒場 夕凪/ラーメン凪
東京都渋谷区東1-3-1 カミニート1F
posted by S谷 19:19comments(0)trackbacks(0)



この記事に対するコメント











この記事のトラックバックURL
http://esuya.jugem.jp/trackback/502