日々是好麺

S谷の食べた麺の記録。


<< ナースと至福の3分間 | main | ギプスが取れました >>



何のために3週間も我慢したのか

昨日(月曜日)の出来事。

折れた左腕が治癒している気配を感じられないので、別の病院(女子医大)に行ってきた。
レントゲンを撮って診察を受けると、担当している医師いわく、

「うーん、ぜんぜんくっついてないねぇ」

これにはかなり参った。ヘコんだ。がっかりした。この3週間は何だったというのか。

これまでは、添え木に腕を包帯で固定しているだけだったのが、「この際だからしっかり固めて治しましょう」という医師の判断で、ギプスをすることに。ギプスとは、本来ドイツ語で石膏を意味する言葉なのだが、最近のギプスは石膏ではなくガラス繊維でできているそうだ。メッシュ状のプラスチックっぽい帯を腕に巻き付けて10分ほどするとカチンコチンに硬化する。

骨折してから3週間してからギプス生活が始まるとは…。

posted by S谷 09:14comments(0)trackbacks(0)



この記事に対するコメント











この記事のトラックバックURL
http://esuya.jugem.jp/trackback/50