日々是好麺

S谷の食べた麺の記録。


<< 麺酒場 夕凪/ラーメン凪@渋谷 | main | 麺酒場 夕凪/ラーメン凪@渋谷 >>



ラーメン二郎@三田

二郎三田本店 小豚ヤサイニンニク今年357杯目。
三田本店を始めて訪問。お店の入っている細長いビルに近づくと、裏口から店主のオヤジさんが現れて突然シャツを脱いで裸になる。何事かと驚いたが、単に暑い厨房で汗だくになったシャツを着替えただけのようだ。

小豚(いわゆる普通盛りのチャーシューメン、600円)の食券を買う。食券を買ったらすぐに席が空いたので、席についてから麺の量を伝える。小でも相当な盛りがあるという評判にちょっとビビり、麺を少なめにしてもらう。トッピングのコールはヤサイニンニク。

待つこと数分。出てきたラーメンは表面に油が厚く張っており、新代田で油少なめにすればよかったと後悔したことを思い出したが、食べてみると意外に気にせず食べ奨めることができる。むしろ、アブラのコールをしてもよかったとさえ感じた。醤油の味はそれほど強くなく、動物系のダシがしっかり主張している。麺も独特のモチモチした食感で、柔らかいのに弾力がありしっかりとした歯ごたえがある。この食感は、これまで食べた二郎(歌舞伎町、小滝橋、神保町、新代田)とは一線を画すもの。二郎のような真性ジャンク系のラーメンが、数多くのラーメンオタクたちを納得させる秘密の一端をかいま見たような気がした。モヤシよりも多めに入ったキャベツが甘くて美味しい。チャーシューもボール状の巨大な固まりが入っていたが、かじってみると柔らかくていい感じ。

さすが二郎の本店。何とも侮りがたい。美味しゅうございました。
posted by S谷 20:46comments(0)trackbacks(0)



この記事に対するコメント











この記事のトラックバックURL
http://esuya.jugem.jp/trackback/488