日々是好麺

S谷の食べた麺の記録。


<< 畑正憲 | main | 何のために3週間も我慢したのか >>



ナースと至福の3分間

星野真里という女優さんがいる。坂本金八の娘、乙女を演じている女優といえばわかる人も多いかと思う。かねてより俺はこの女優さんを気に入っていた。ご存知ない方はGoogleでイメージ検索でもしてもらえれば、きっとナース姿がよく似合うとかしょうもない妄想ができるはずだ。

今日の午前中、会社の健康診断で指定された病院に行ってきた。健康診断の案内役(?)をしてくれたナースが星野真里そっくり。血液検査のための採血後、針を刺した後を指で押さえている方がよいそうなのだが、左腕を怪我している私を気遣ってか、彼女自ら右腕を指で押さえてくれた。その間、およそ3分。その間に他愛のない世間話をして過ごしたのだが、俺は癒される感覚にどっぷりつかっていた。時計の秒針が時を刻むのが惜しい。メイドカフェに通う奴らの気持ちもこんな感じに違いない。今日、あの時間、俺は本気で萌えていたのだと思う。

3分は儚く過ぎ去り、その後の問診で健康診断は終了。もう彼女の姿を拝見できる機会もまずないだろう。

で、ものすごく気になった彼女の言葉。

検尿室に入る前、
「大丈夫ですか? できますか?」
と聞かれたのだが、
「できません」
と答えていたら、何がどうなっていたのだろう。気になって仕方がないが、もう確認する術もない。
posted by S谷 15:01comments(3)trackbacks(0)



この記事に対するコメント











できません

では今男性の看護師さんお呼びします

てのが定石かと
タカオ | 2005/07/15 6:29 PM


それはそうと一緒にメイドカフェ行ってみないか?
ゲーリー | 2005/07/16 3:39 PM


>タカオ
なるほど。そりゃ困るな。

>ゲーリー
メイドカフェは一度だけ行ったことがあるが、妙なもんだぞ。
今、ある事情によってメイドカフェに少しだけ詳しくなっている。また行ってみたいと思う気持ちは今がピークだ。行くのなら、できれば左手を固めているうちにしたい。だって優しくしてくれそうじゃんか。
S谷 | 2005/07/17 4:03 AM


この記事のトラックバックURL
http://esuya.jugem.jp/trackback/42