日々是好麺

S谷の食べた麺の記録。


<< 北の大草原@曙橋 | main | 七重の味の店 めじろ@代々木 >>



旬麺しろ八@新宿御苑前

梅塩つけ麺試作ver.しろ八今年218杯目。
旬の野菜はスティックセニョール。ブロッコリーの仲間で、茎を食べるとアスパラみたいな味がして美味しいというもの。ちなみに私はブロッコリーもアスパラも嫌いなのだが、どういうわけか普通に美味しく食べることができた。

さて、本日は「梅塩つけ麺試作Ver.(580円)」を注文。製品化する前の試作版のため、他のメニューに比べて安い価格設定になっている。これを注文する客は早い話がモニターなので、食後に感想や意見を述べなければいけない。

麺は水で冷やしてから出てくる。醤油味のしろ八のつけ麺はあつ盛りが基本だが、塩は冷やしが基本になるようだ。麺をスープにくぐらせて一口目をいただくと、確かにしろ八ならではの旨味が感じられる塩スープに仕上がっている。しかし、何か予想していた味と違う。そういえば梅塩つけ麺だったよなこれ。梅はどうしたんだよ、と思っていると、店主からちょうどよいタイミングで説明が。

「食べているとだんだん梅の味がするようになっています」

なるほど。確かに食べ進めるにつれて梅の風味が漂ってくる。はやりのダブルテイストを意識したのだろうか。さすがしろ八! とこちらはうなるしかない。

他にもこんな話を聞いた。
つけ麺は食べ進めているうちに汁が冷えてしまうのは皆さんもご存じの通り。いかに温かく食べてもらうかが各店の腕の見せ所になっているが、この梅塩つけ麺は違うそうだ。なんでも、スープが冷めてもそのまま美味しく食べられる味を目指しているとのこと。醤油つけ麺はアツアツで、塩つけ麺は冷えてもOKということか。これから夏に向けて暑くなるから、そういうのもありなのだろう。
また、今後はシソをスープに散らして見た目もきれいなメニューにする予定とのこと。

試作品というのが信じられないくらい完成度が高いつけ麺だと思うが、せっかくの梅の風味がやや弱いのも事実。オマケでついてくるゴマとワサビを入れると、梅の風味がワサビに負けてしまうのだ。食後、店主とこんな話をしていると、今度は梅を強めに作ってみるとのこと。

梅塩つけ麺、6月から正式メニューに加えるべく目下研究中。楽しみなメニューがまた増えた。

■旬麺しろ八
東京都新宿区富久町18-5
posted by S谷 14:41comments(1)|-



この記事に対するコメント











S谷さん、はじめまして。FILEと申します。
TBどうもありがとうございます。S谷さんの解説、的確で参考になりますね。
しかし、あとから主張してくる梅。どういう仕掛けになっているのでしょう??
なんか気になってきた。もう一回いってみようかしら…。
今後ともよろしくお願いいたします…m(_ _)m

※TB返し出来ないんですね…(T-T)
FILE | 2006/05/21 10:45 PM