日々是好麺

S谷の食べた麺の記録。


<< 【新店】長尾中華そば@小川町 | main | ときわ亭@浦和 >>



本枯中華そば 魚雷@後楽園

本枯中華そば 魚雷@後楽園 本枯中華そば

■本枯中華そば/790円

「こんにゃくえんま」で知られる源覚寺の向かいにあるラーメン店。長野県を中心に展開する『ボンドオブハーツ』が経営するお店で、近所の『烈士殉名』や御徒町の『チラナイサクラ』などの系列店だ。コーヒーサイフォンでスープを仕上げるのが有名で、テレビなどでもよく紹介されていた。

 注文したのは「本枯れ中華そば」。ネギや具材は別皿で用意され、ラーメンは「かけそば」状態で出てくる。トッピングは何種類も用意されており、好きなものを3つ選べる。選んだのは「エリンギメンマ」「うずらの玉子」「真空豚チャーシュー」。

本枯中華そば 魚雷@後楽園 トッピング

 強いカツオ風味のスープに、やや平たいストレート麺を合わせた醤油ラーメン。中央にある白いクリームのようなものは、「少しクセを効かせた煮干とカツオのエスプーマ」。この泡はすぐに消えてしまうのだが、このラーメンの特徴であるビターなカツオ風味を演出する要素になっているようだ。麺はもっと細くても合いそうだが、予想をちょっとだけ上回る太さと弾力があり、食感が印象に残る。トッピングで印象に残ったのはエリンギのメンマ。佃煮風に仕上げたエリンギで、ラーメンとの相性は普通のメンマよりも良いのでは。総じて好みでスープまで完食。オープン当初はサイフォンの珍しさが注目されがちだったが、カツオ風味を贅沢に強調したスープは今も新鮮で美味い。

 この日は5歳の長男と東京ドームシティに行っていた。園内の飲食店はどこも激混みで長い行列ができており並ぶのを断念。結果的にここまで歩いてきた方が早く食事ができたと思う。子どもにも同じ「本枯中華そば」を注文したところ、一味唐辛子を抜く提案をしてくれたのが好印象。もちろん子ども用のフォークやスプーン、取り皿も用意されているし(イスは未確認)、トッピングが選べてネギが別皿というのには助かるファミリーも多そうだ。

■本枯中華そば 魚雷
東京都文京区小石川1-8-3

posted by S谷 13:30comments(0)trackbacks(0)



この記事に対するコメント











この記事のトラックバックURL
http://esuya.jugem.jp/trackback/3276