日々是好麺

S谷の食べた麺の記録


<< せんじゅ麺処 猪太@北千住 | main | 博多 一風堂@上野広小路 >>



ラーメンの店 どでん@北浦和

どでん ラーメン

■ラーメン/780円

北浦和で人気の『二郎』インスパイア店。北浦和といっても、駅から気軽に歩いて行ける場所ではないな。クルマや自転車などがなければ、駅東口からバスを利用するといい。(クイーンズ伊勢丹そばのバス停から、東武バス浦31系統「さいたま市立病院」行きのバスに乗り、「教育センター前」で下車)

お店に着いたのは22時近かったが、20人近くの行列が出来ている。先に食券を買ってから並ぶ。カウンター席は12あり、だいたい半分ずつくらいの席を入れ替えていく仕組みのようだ。席についてラーメンが出てきたのは、23時頃だったと思う。1時間並んだのは久しぶりだなぁ…。

注文したのは基本の「ラーメン」。メニューは他に「油そば」がある。トッピングも定番は揃っており、珍しいところでは「ローストポーク」や「南部せんべい」など。本家『二郎』同様、麺が茹で上がった頃にトッピングを尋ねられる。今回はニンニク少なめ、ヤサイやアブラは普通で作ってもらった。「カラメ」は非対応だが、カウンターに醤油ダレが置いてあるので自分の好みで足せばいい。

『二郎』系を食べるのは久しぶりだが、けっこう特徴のあるラーメンだ。土台の豚骨スープは乳化して濃厚。スープはけっこうショウガが効いており食欲をそそる。アブラは大粒の背脂片で、おそらく醤油で味付けしてあるのかな。これが甘辛く、ラーメンの味に大きく影響しているのだと思う。そして何より、極太の平打ち麺のインパクトがすごい。かなり縮れが入っており、スープやニンニク、アブラが絡みついてくる。この手の麺はズズッとすすると汁ハネがすごいので、持ち上げかじって、持ち上げかじって食べるのがいい。

いやぁこれは美味い! 立地はお世辞にも良いとは言えないが、こんな夜遅くまで行列が絶えない理由がよくわかる。大満足。

■ラーメンの店 どでん
埼玉県さいたま市緑区三室1207-4

 

JUGEMテーマ:ラーメン

posted by S谷 23:00comments(0)trackbacks(0)



この記事に対するコメント











この記事のトラックバックURL
http://esuya.jugem.jp/trackback/3168