日々是好麺

S谷の食べた麺の記録。


<< 中村屋@高座渋谷 その2 | main | 麺処ZERO@立川 >>



ラーメンきら星@武蔵境

きら星 きらにぼしそば今年203杯目。
きらにぼしそば(700円)+味玉(100円)を注文。携帯コンテンツ『超らーめんナビ(月額100円)』のユーザー限定のメニュー。携帯コンテンツの限定メニューとはいったいどういうものかというと、食券を渡す際、同時に携帯の有料コンテンツのチケット画面を見せることで注文が成立する仕組みだ。

実は、ここに来るのは初めて。普段なら、初めてくるお店で限定ラーメンなど注文しない。だけど、昼夜限定15食という但し書きにつられてつい食券を買ってしまった。

まず、ネギだけ入ったかけそば(というか素ラーメン)のドンブリが現れ、それから別盛りのチャーシューとメンマが出される。別皿のチャーシューは相当柔らかく、温めてから客に出しているのだと推測される。店員も僕も味玉を忘れており、途中で思い出して持ってきてもらったので写真には撮っていない。

ドロドロの豚骨ラーメンを出すお店だと認識していたれど、このラーメンは濃厚な煮干し・昆布を加えた濃厚ドロドロな豚骨魚介スープ。一口食べれば、豚骨がベースになっているのはすぐにわかるけれど、それより強烈なのが煮干しの味。ところが別の人のブログを読むと、普段のラーメンに比べると豚骨の味がしない上に、スープの粘性もたいしたことがないらしい。超らーめんナビにも、スープと麺のインパクトを出すために、具を別皿で提供したというようなことが書かれているけれど、じゅうぶんにインパクトがある味。これもインパクトもあるし美味しいのだが、普段、どんなラーメンを出してるんだと驚いた。通常メニューに比べてスープの粘度が低いという話にしたって、今日の「きらにぼしそば」も一般的には粘度の相当高いスープだと思うのだが…。

確かにここまで濃厚な豚骨魚介のラーメンを出すお店は少ない。インパクトもあるし、美味しいとも思う。まぁ、今度来るときは標準のラーメンを食べます(というか、次来るときは限定メニューが終わっているだろうし)。

まぁ、美味しゅうございました。近いうちに再訪する宿題店のリストに入れておきます。

■ラーメンきら星
東京都武蔵野市境南町3-11-3
posted by S谷 20:25comments(0)trackbacks(0)



この記事に対するコメント











この記事のトラックバックURL
http://esuya.jugem.jp/trackback/310