日々是好麺

S谷の食べた麺の記録。


<< 安喜亭@鹿沼 | main | 熱血!! スタミナタンメン五郎ちゃん@下北沢 >>



軍鶏鍋 五鉄@東北道 羽生PA 鬼平江戸処

軍鶏鍋 五鉄@羽生PA(上り)鬼平江戸処 しゃも一本饂飩

■しゃも一本饂飩(うどん)/1,250円

東北自動車道上りの羽生パーキングエリアが昨年暮れにリニューアル。『鬼平犯科帳』の江戸の街並みを再現した『鬼平江戸処』として生まれ変わった。江戸の味を継承する老舗の飲食店が集まり、お土産コーナーには江戸の名物が並んでいる。

もちろん『軍鶏鍋 五鉄』もある……といっても『五鉄』は作品中の架空のお店。ここの『五鉄』は人形町『玉ひで』が監修しており、鬼平が食べていたであろう軍鶏鍋が食べられるのだ。ここの『五鉄』のもうひとつの名物が、「しゃも一本饂飩」。器の中にとぐろを巻いた1本うどんを、温泉玉子を落とした濃いめの汁で、ネギや水菜の薬味と軍鶏肉と一緒に食べる。山梨のほうとうみたいなものをイメージしていたが、実際はちくわぶみたいな感じだった。『一本饂飩』といえば、兎の忠吾がひどい目に遭うエピソードが有名だ。でも、あれは『五鉄』のメニューではなかったはず。

この『鬼平江戸処』には、『弁多津』というラーメンコーナーもあり、日本橋『たいめいけん』が監修している。次に行ったら行ってこよう。ところで、どうして上りのパーキングエリアにあるのだろう? これから東京に帰るのだから、江戸の名物が並んだお土産コーナーはいまいちピンと来なかったな……。
posted by S谷 18:30comments(0)trackbacks(0)



この記事に対するコメント











この記事のトラックバックURL
http://esuya.jugem.jp/trackback/3088