日々是好麺

S谷の食べた麺の記録。


<< らぁめん家 69'N'ROLL ONE@赤坂 | main | 鮎ラーメン@二子玉川 >>



河原成美 四季のラーメン 第二章@日本橋イチノイチノイチ

河原成美 四季のラーメン 第2章 世界はSHO-JINを欲している

■世界は、SHO-JINを欲している。/1,500円

『一風堂』が主催する創作ラーメンのイベントで、ここ数年お休みしていたが今年から『第二章』として復活。前回は新横浜だったが、今回は会場を東京・日本橋に移して開催された。今回のテーマは精進料理。野菜や穀類、豆類のみを使って仕上げたラーメンだ。『一風堂』が世界の各国に出店する中で、肉類を使わないラーメンの必要性を強く感じたことが着想のきっかけなのだそうだ。ラーメンは、温かい1杯と冷たい1杯、それからスープ「SHO-JINダシ うまみ」がセットになっている。

中央の器に入っているのが「SHO-JINダシ うまみ」。昆布や穀類でふくよかな旨味を出している。これが今回のラーメンに共通する基本のスープなのかな。

左のラーメンが温かいもの。別皿で添えられたかき揚げや青唐の天ぷら、大豆タンパクの立田揚げなどをトッピングして食べる。どちらかというと日本蕎麦のような一杯だが、きちんとラーメンを食べている気がする。

右の器が冷やしラーメン。野菜のテリーヌの美しさが目を引くが、驚くのはスープ。なんとコーヒーが使われている。和風の精進ダシとコーヒーを、米酢とバルサミコ酢でまとめているのだそうだ。ほどよい苦みと酸味があり、一風変わった冷やしラーメンに仕上がっている。

豆乳などを使ってコクを出したベジタリアンラーメンは食べたことがあるのだが、それとは違うスッキリした旨味が味わえた。今回も美味しゅうございました!

なお、次回の『四季のラーメン』は10月にニューヨークで開催されるとのこと。このイベントはとうとう世界進出するのか! さすがに行けないな……。
posted by S谷 11:12comments(0)trackbacks(0)



この記事に対するコメント











この記事のトラックバックURL
http://esuya.jugem.jp/trackback/3082