日々是好麺

S谷の食べた麺の記録。


<< 神保町 可以 | main | 【百貨店催事】富山麺遊会@西武池袋催事 >>



河原成美 四季のラーメン 第2章@新横浜ラントラクト

河原成美 四季のラーメン 第2章 ラーメンはロックだ!

■ラーメンはロックだ!/1,200円

河原成美 四季のラーメン 第2章 ラーメンはロックだ!
『一風堂』の河原成美社長による創作ラーメンのイベントが、会場を新横浜に移して「第2章」として復活。前回は2009年だから、4年ぶりになるんだなー。

会場に着いたのは午前11時を少しすぎた頃。入り口で受け付けを済ませてから30分ほど待ったかな? 順番が来ると改めて待合室に通される。待合室では、今回のスープに使われている煮干しや、同じ食材で作った出汁茶(?)を味わえる。待合室には10分もいなかったと思う。改めて席に案内されると、ほとんど待たされることなしに今回のラーメン「ラーメンはロックだ!」が現れた。

ややいびつなドンブリに入ったラーメンは、今までに食べてきた『四季のラーメン』に比べると武骨でシンプルなルックスをしている。豚骨、昆布、煮干しなどから炊き出されたスープに、極太の平打ち縮れ麺を合わせている。スープは『一風堂』史上もっとも濃厚なのだという。決してドロリとしているわけではないが(そもそも濃厚=ドロドロというわけではない)、いろんな旨味が凝縮してスゴイ味になっている。

麺もこれだけ太くて縮れていると食感の主張がスゴイ。スープと麺はおとなしく調和するような感じではない。もともと目指していたのは「スープと麺のケンカ」だったそうだ。とはいっても、けして相性が悪いというのではない。どちらも遠慮せずに前にぐいぐい出てくる感じ。

トッピングも面白い。ゴボウ天はラーメンのトッピングとしては珍しいが、実はよく合う組み合わせなのだ。牛スジ肉もよかったし、粗く刻んだタマネギも生だが甘く美味しかった。ときおり感じられるスパイシーな風味も面白かった。

次回も楽しみだ。また家族で行きます!





posted by S谷 11:47comments(0)trackbacks(0)



この記事に対するコメント











この記事のトラックバックURL
http://esuya.jugem.jp/trackback/3031