日々是好麺

S谷の食べた麺の記録。


<< 首の痛み | main | さっぱり。 >>



診察3回目

今回は、あごの皮膚がえぐれた部分の治療のため、整形外科の専門医の診察を受ける。

診察、わずか1〜2分程度。

「縫って治すような話もありましたが、もう治りかけているのでこのまま様子を見ます。傷は残ります」
「えーと、いくつか相談があるんですが」
「はい」
「骨折部の包帯がゆるんでいるので巻き直して欲しいことと、それから」

俺の話の途中に、看護士に「包帯巻き直してあげて」と指示したままこの医者どこか行きやがった。消毒してガーゼ交換するだけならわざわざ来ないよ。
posted by S谷 14:09comments(1)trackbacks(0)



この記事に対するコメント











今度会ったときは、ブラックジャックかハーロックみたいな傷が顔にあって、腕にはサイコガンが埋め込んであったりしますか?
shigezoh | 2005/07/06 3:31 PM


この記事のトラックバックURL
http://esuya.jugem.jp/trackback/30