日々是好麺

S谷の食べた麺の記録。


<< 【新店】角萬@新宿御苑前 | main | 【新店】極辛BLACKつけ麺 七代目 けいすけ@秋葉原 >>



【新店試食会】麺屋 じもと@西台

都営三田線西台駅前のダイニング&カフェ『jimoto』がリニューアル。9月1日から、お昼の営業時間のみだが『麺屋じもと』というラーメン店になる(夜は『西台酒場じもと』という居酒屋になるそうだ)。そのラーメンをプロデュースするのが蓮根の人気店『元 ―HAJIME―』のご主人内田さんと、TVチャンピオンラーメン王の青木さんというから嫌が上にも注目度も高まるというもの。この日はオープン前の試食会に招待していただいた。

この日提供されたラーメンは「牛骨らあめん(塩/醤油)」と「牛あぶらそば」。「牛骨つけめん(塩/醤油)」もあるそうだが、食べられるのは正式オープンしてからみたいだ。この日は塩味の「牛骨らあめん」と、「牛あぶらそば」を食べてきた。

麺屋じもと 牛骨らあめん(塩)

■牛骨らあめん(塩)/700円(予価)

内田さんによると、ラーメンのオススメは塩味なのだとか。
牛ならではの香りが楽しめる塩ラーメン。牛の香りは、トッピングの揚げた牛脂によるところが多いのかな? ともすればクセのある牛の香りだが、揚げて香ばしく、刻みタマネギやピンクペッパーがいい感じに効いて美味しく食べられる。中央を横切るように盛り付けられたインゲンが、『元』らしいですね。試食会なだけに厳しい意見も出ていましたが、個人的には個性的で美味しく、じゅうぶん楽しんで食べられた。


麺屋じもと 牛あぶらそば

■牛あぶらそば/700円(予価)

2杯目にいただいた「牛あぶらそば」。本来なら麺は200gあるそうだが、2杯目なので少なめで作ってもらった。タマネギにインゲン、揚げた牛脂、チャーシューというトッピングはラーメンと同様。メニューには「コンセプトである牛をらあめん以上に感じられるのが『あぶらそば』」と書かれているとおり、確かにラーメン以上にインパクトある牛の香り。そのインパクトを演出しているのが、たっぷり入った牛脂(?)。今まで食べた油そばとは異質な味わい。これまでなかった味で楽しく食べられた。「牛あぶらそば」には週替わりで専用トッピングが用意されるとのこと。この日はおろしポン酢がありました。この組み合わせは鉄板で、脂っこいのがスッキリして美味しかった。

麺を食べ終えたら、残った汁にライスを入れて食べるのが美味しいそうだ。しかし、油はかなり多めでジャンクな感じ。ここにライスを入れるのはちょっと勇気がいるなぁ。

この日は試食会。いろんな意見があったのだと思います。9月1日からの本オープンではそれらの意見も含めて調整が入るだろうから違いもあるかもしれないが、個性的で面白いお店になりそうですね。今後も楽しみにしています。


■麺屋 じもと
東京都板橋区高島平1-79-1 2F
posted by S谷 18:16comments(0)trackbacks(0)



この記事に対するコメント











この記事のトラックバックURL
http://esuya.jugem.jp/trackback/2697