日々是好麺

S谷の食べた麺の記録。


<< 眠れない夜の新兵器 | main | 顔面の擦過傷治療 >>



診察2回目

今日はギプスをつけるのかと思っていたら、また仮止めみたいなものを用意される。ところが、なんだかふにゃふにゃしたものを包帯で巻き付けただけ。こんなもので固定できるのかと心配になって聞いてみると、これが固まって、腕の形にフィットした添え木になるそうだ。で、ギプスは付けず、これから1ヶ月この添え木と過ごすことになるのだという。へぇ〜、最近はギプスしないんだ。知らなかった。

医師に起きたり寝たりがつらいと伝えると、首のまわりをいじられ、
「ここは痛むかな?」
「痛いっす」
「頸椎ねんざやってるね、これだけ顔をぶつければ当然かもしれないね。」
そうか……、首やってたんだ、俺。

顔の絆創膏をはがされ、顎の傷を見てみるとひどい。傷跡が残らない治療もあるそうなので、次回は明後日、整形外科の診察を受ける予定。
posted by S谷 13:49comments(3)trackbacks(0)



この記事に対するコメント











今知ってビックリしました!

その昔僕が盲腸切った時にチミが見舞いに「パラサイトイヴ」を持ってきてくれた事を思い出したよ。その恩返しに何か、、、と言う前にまず久々会いたいですな。回復したら飲もうぜ、馬場で。

とにかくお大事に。
りょう | 2005/07/04 11:56 PM


いやいやえらい目に遭ってたな、驚いた。ご安静に。
| 2005/07/05 1:41 AM


「傷跡が残らない治療もあるそう」とあるが、
つまり今のままでいくと、傷跡が残っちゃうわけだね?
むぅ〜ん…。

とりあえず悪運の強い、ギブスくんのチミを「アナキン・スカイウォーカー」と呼んであげよう。

とにかくお大事に!
Duke | 2005/07/05 2:24 PM


この記事のトラックバックURL
http://esuya.jugem.jp/trackback/26