日々是好麺

S谷の食べた麺の記録。


<< うどんさろん ふなもと | main | iL CHIANTI CAFE@笹塚 >>



岡本中華@徳島県小松島市

岡本中華 中華そば 小 肉玉子入り

■中華そば 肉玉子入り(小)/700円

茶系、黄系と続き、最後の徳島ラーメン「白系」を食べに、小松島市の『岡本中華』に行ってきた。最寄り駅は牟岐線の中田駅。徳島駅から電車で15分ほどで着くが、電車が30分に1本しかない。帰りの飛行機に間に合わせるためにはタイトなスケジュールだった。

お店に着いたのは10時40分頃。開店20分前でさすがに誰もいなかったが、5分くらい前になると続々とクルマが集まってきて、皆クルマの中で開店を待っている。開店と同時にほぼ満席になった。

ここもラーメンの味は1種類。サイズは大小選べる他、玉子や肉の追加ができる。サイドメニューにはライスの他、寿司もあった。お稲荷さんや押し寿司っぽかったな。で、注文したのが「肉玉子入り」の「小」。

一見すると九州風の豚骨ラーメンのようにスープは真っ白。ところが一口すすってみると、けっこうはっきりとした醤油味……といっても僕ら東京人が慣れた濃口醤油とは違う感じ。白醤油など使っているのではないかな。スッキリした味わいで食べやすかった。スープと麺は一昨日食べた『三八』にちょっと似た感じがした。チャーシューは部位のことなるものが10枚以上入っていたんじゃないかな。生卵は卵黄のみ。くずして肉に絡めると、やっぱりご飯が欲しくなりますね。そうそう、このラーメンもボリュームは少なめ。やっぱりご飯と一緒に食べるとちょうどよい量になりそう。


3日間で『いのたに』『三八』『岡本中華』しか食べられなかったけれど、共通しているのは動物系スープの濃さ。2日目に一緒にお酒を飲んだ地元の方は、「徳島のラーメンはコッテリしているのであまり食べない」と言っていた。こちらでアッサリと言われるラーメンは、関東人の感覚ではかなりコッテリの部類に入るので、苦手な人も確かにいるのはわかる気がする。地元の方に伺った話では、こちらの人はうどんが大好きで、アッサリした麺類のニーズはうどんが満たしているのだろう。楽しい3日間だった。今度は夏、阿波踊りの時期にぜひまた来てみたい。


■岡本中華
徳島県小松島市中田町字奥林60-1
posted by S谷 11:07comments(0)trackbacks(0)



この記事に対するコメント











この記事のトラックバックURL
http://esuya.jugem.jp/trackback/2576