日々是好麺

S谷の食べた麺の記録。


| main | 眠れない夜の新兵器 >>



死にかけました

本日0時52分。自転車で帰宅中、「あの路地を曲がったら自宅に到着」というところで、右折のために後方確認した瞬間、全身に強い衝撃を受け、上下感覚がなくなった。直後、再度全身に衝撃を受け、気づいたときは路上をものすごい勢いで転がっていた。ふと見ると、自分は車道のど真ん中で倒れていることに気づき、とりあえず歩道に移動しようとするが腰が抜けて立てない。這うようにして歩道にたどり着くと、そのまま動けなくなってしまった。あごが痛ぇなぁ…とあごをなでた右手は血でべっとり。ようやく、あぁ、車にはねられたんだなぁと理解した。

事故を目撃した人が集ってきて、警察への連絡や救急車の手配をしてくれたようだ。

周囲の会話は聞こえていたはずだが、気が動転して何を言ってるのか理解できない。頭部への痛みがまったくないので、頭は打っていないと思うと少し安心。すると、「大丈夫ですか? わかりますか?」と強く呼びかけてくる声に気づき、「状況はわかりませんが、事故にあったんですね」とかそういうことを答えたのだと思う。それから、自宅がすぐ近所なので、家族を呼び出してもらえないか頼んでみた。電話番号を伝え、かけてもらったのだが…。

「お宅の方が交通事故に遭われて…」

いかん、これじゃ家族がオレオレ詐欺と勘違いする。こんな時に、なにを冷静にくだらないことを考えているのかと思ったが、右手が比較的自由に動くことがわかったので、「電話に出られます。直接説明できると思います」と携帯を受け取り電話口の母親に助けを求めた。


母親がくるとほぼ同時に警察や救急車がきた。母親に不始末を詫びながら、救急車に乗せられる。病院につくと、何枚もレントゲンを撮られた。診断の結果、左肘を骨折していることがわかる。

1ヶ月はギプスの生活を余儀なくされるとのこと。ハードダーツのリーグも、新宿のソフト
ダーツリーグも、来月の自転車筑波8耐久レースも、全部パァだ。そんなことより仕事。うまくこなせるのだろうか…。

先日、ヘルメットを盗まれたが、幸いもうひとつ別のを持っていたのでかぶっていた。かぶっていたヘルメットを見ると、見事に左側面がつぶれている。医者も警察も、ヘルメットがなかったら間違いなく命はなかっただろうとコメント。ありがとうヘルメット。
posted by S谷 05:58comments(16)trackbacks(0)



この記事に対するコメント











と、いう報告をたった今受けたところなので、
とりあえずお見舞いカキコ
有 | 2005/07/03 7:08 AM


ひとまず命に別状なくて何よりです。
茶化すわけではありませんが、ヘルメットの盗難と言い、
今回の事故と言い、何かよくないものが憑いていた感じですね。
これで払えたのではないでしょうか?
カズキ | 2005/07/03 8:56 AM


うわー、生きててよかったですね〜!
僕も小学生のとき、クルマにハネられました。やっぱり自転車だったんですが、ぶつかった瞬間ってのはホントに何が起きたかわかりませんよね。
その時は幸いにも大したケガじゃなかったですが、現場が消防署の前だったので速攻救急車に乗せられました。

これを機会にゆっくり休んではいかがでしょう。
哲 | 2005/07/03 11:46 AM


大変ですね。お見舞い申し上げます。

事故直後にこれだけ長文書けるのだから、仕事は大丈夫ですよ。たぶん。

でも、ゆっくり養生して下さい。
れぽれろ | 2005/07/03 12:06 PM


いやぁ…とりあえずカキコができるほど元気で、安心したよ。
それにしても恐ろしい話だなぁ…。
以後、注意してくれたまえ(泣)。

オレも小学校の時、ガンダムが始まるというので、大急ぎで走って帰る途中に車ではねられたよ…。
頭の中では、「ま、マチルダさぁーーーーーん!」と叫んでました。

何はともあれ、お大事に!

Duke | 2005/07/03 1:40 PM


いやー後遺症が残らないといいですね。私も数年前チャリで事故りましたが…。教習所の前だったので、教習所の人たちがいっぱい集まってきて「ああ、生きた教材を提供してしまった…」とか思ったのを覚えてます。その時無職だったので、休業補償が0円で轢かれ損だったんですけど、大丈夫ですか?文面だと、相手のことなんにも書いてないにで、逃げられちゃったのかと。
neuvecom | 2005/07/03 2:17 PM


なんだよ洒落にならないな…。
とにかく生きててよかったよ。ほんとよかった。
君のトラブルネタはいつも面白いけど、今回は流石に笑えないぞ。
折れたのが左肘だったのが不幸中の幸いかぁ。

俺も早くヘルメット買わなきゃ。
ゲーリー | 2005/07/03 6:11 PM


命に別状なくて良かったですね・・・・・・
僕も大学4年のときに事故って、顔面骨折&顔面神経麻痺やりました。
あのときの教訓からいくと、看護士さんと仲良くなっておく機会ですよ!
shigezoh | 2005/07/03 6:17 PM


皆さん心配をかけて本当にごめんなさい。

車を運転していた相手はわかっており、病院で応急処置を受けた後、一緒に警察に行って事情聴取を受けました。これから事後処理の相談等が始まるので、確定するまではこうしたところに相手のことを書くのは控えようと思っています。

入院などはしていません。救急車内で、脳の検査もできる病院に行ってくれるよう頼みましたが、事故当時が週末の深夜ということで、行ける範囲の病院に脳を検査できる専門の医師を当直させているところがないとのことで、検査はできませんでした。驚く話ですが、これが現実のようです。

救急車の中でも病院でも、頭部や首、背骨の様子など調べられました。車に当たった瞬間から地面に叩き付けられた瞬間、這って歩道に歩道に避難してから救急車に乗るまでの記憶が鮮明なところから、脳震盪なども起こしていないとおもわれること。首や背骨などもまったく違和感も感じないところから、脳神経系のダメージは心配されなかったようです。僕としてはちょっと不安でもありますが、固定された左手以外は自由に動くので、明日はとりあえず出社する予定です。途中で病院に行きますが。
S谷 | 2005/07/03 7:13 PM


なんだよ洒落にならないな…。
とにかく生きててよかったよ。ほんとよかった。
君のトラブルネタはいつも面白いけど、今回は流石に笑えないぞ。
折れたのが左肘だったのが不幸中の幸いかぁ。

俺も早くヘルメット買わなきゃ。
ゲーリー | 2005/07/03 10:53 PM


あれ?なんか再投稿しちゃったぞ。

悪運が強いのも、S谷らしいといえばらしいね。
ゲーリー | 2005/07/03 10:58 PM


いや、ホントに良かった。
これでヘルメットが戻ってくれば、壊れるのをヘルメットが嫌がったんだろうなんて話にできるんですけどね。早くそんな笑い話にできるといいですね。
Ryuichi | 2005/07/03 11:07 PM


大変でしたねー!
っていうか、ギブスじゃぁまだ大変かー...

とりあえずお大事に。

それにしても「自転車筑波8耐久レース」なんてものが存在するんだ。
きゃん | 2005/07/03 11:49 PM


無事でよかったっすね。
「右折のために…」ってことは、あの新しくできた道路で、ってことかな? あそこけっこう車がビュンビュン飛ばしてるから怖いよね。
まぁ、しばらく休みなさいよ、仕事。で、飲みに行きましょ。傷に障るぐらいに(笑)。正体失ったら、例によって送ってあげるからさ。
おばら | 2005/07/04 12:53 AM


仕事が立て込んでいて今、事故の書き込みに気付きました。
大怪我のようですが、書き込みなどしっかりしているので重症ではないようですね。
しばらく、安静にして養生してください。
なかにし | 2005/07/04 2:04 PM


事故災難だったね。
まずは仕事よりも身体を大事にして療養してくだされ。
なんにしても生きててよかった!
takamacky | 2005/07/05 10:56 AM


この記事のトラックバックURL
http://esuya.jugem.jp/trackback/23