日々是好麺

S谷の食べた麺の記録。


<< めん家そら@神田 | main | 【新店試食会】三ツ矢堂製麺@中目黒 その2 >>



【新店試食会】三ツ矢堂製麺@中目黒 その1

三ツ矢堂製麺 つけめん

■つけめん/780円

中目黒や高田馬場などにお店を出している『フジヤマ製麺』が、屋号を『三ツ矢堂製麺』と改めてリニューアル。経営母体の社長さんのブログによると、屋号の変更は商標の問題が関係していたらしい。ふむふむ。中目黒のお店は1月24日から営業開始するが、親しくしているラーメン専門ライターさんのお誘いで一足早く試食会に参加させていただきました。

基本メニューは3種あり、そのすべてを食べることができました。試食会の記事を3本続けますが、まずは一番基本の「つけめん」から。

つけ汁の味自体は『フジヤマ製麺』時代から大きく変わってはいない。柚子を使った香味油で風味付けした甘めの醤油つけ麺だが、屋号に「製麺」と入れているだけあって麺にかなり力を入れている。つけ麺の麺というと、だいたい茹で上げてから冷水で締めたものが一般的で、ちょっと気の利いたお店は温めなおした「あつもり」を用意しているくらい。それがこちらのお店では麺の締め方を4段階で選べる「締め分け」を目玉にしている。

・氷締め キンキンに冷えた氷水で締めた麺。強烈なコシがある。
・冷もり 標準の締め方。普通に冷たく、コシとモチモチッとした弾力を両立。
・ぬめり落とし 粗熱とぬめりを落とした常温の麺。
・熱もり 一度冷水で締めてから温めなおしたもの。

S谷的には普通の「冷もり」が好み。寒い日は「ぬめり落とし」もいいかも。夏場には「氷締め」が美味しそう。「熱もり」はちょいとイマイチに思えた。「氷締め」と「熱もり」は器にけっこうな量の水(お湯)が溜まっていたが、おそらく温度を保つためにわざとそうしているのだろう。

皆さん好みが違うようで、僕を誘ってくれたライター氏は「ぬめり落とし」を薦めているし、別のラーメン好きのお仲間さんは「マニアックな見解」と断りながらも「熱もり」が気に入ったと書いている。

麺は標準で250g(ただし1玉の茹で上がりの量。生麺状態で200g程度かな?)。200gから500gまでは同料金。有料オプションだともっと増やせる。美味しくいただきました。
posted by S谷 20:20comments(0)trackbacks(0)



この記事に対するコメント











この記事のトラックバックURL
http://esuya.jugem.jp/trackback/1662