日々是好麺

S谷の食べた麺の記録。


<< 麺家大海@新宿三丁目 | main | 麺屋武蔵@西新宿 >>



麺屋武蔵@西新宿

麺屋武蔵 限定 15種類のきのこそば(トリュフ添え)

■15種類のきのこそば(トリュフ添え)/1000円

何となく『武蔵』の店内を覗き込んだら、新しい期間限定メニューの告知が出ているのを発見。今回は「15種類のきのこそば(トリュフ添え)」で、1日10食限りとのこと。時刻は12時半を過ぎていたが、まだ残っているのでさっそく食べてきた。ランチタイムの混雑時ではあるが、タイミングがよかったのか5分くらいの待ち時間で席に着けてラッキー。

ラーメンの上に載ってる黒いものが、スライスされたトリュフ。キノコはたくさん入っているが、それぞれの名前はわからない。エノキっぽいもの。シメジ……みたいのはあったっけか。ふさふさしたヤマブシタケみたいのも入っていたような……。他にウズラ卵と銀杏が入り、チャーシューは入らない。
とてもいい香りがする。これはトリュフの香りなのかな? というか、15種類もキノコが入っているのでどれがどの香りなのかはよくわからないが、とにかくとてもいい香りだ。

スープは最初はアッサリめ。淡めの醤油と軽めのコショーで味付けた感じだが、食べ進めるうちにしっかりした醤油味に変化していく。『武蔵』の限定でよく見られるのが、スープの熱で溶け出すジュレで味を変化させる手法。今回もキノコの山の中に茶色のジュレっぽいものが入っているのを見たので、おそらくそうなのだと思う。最初に淡い味付けでキノコの香りを楽しませ、途中からしっかりした醤油味で食べさせるという組み立てなのかな?

麺はやや太めの平打ち麺。麺の中に茶色いブツブツがあったので、何かが練りこまれているのだろうが正体はわからなかった。麺を食べ終えたら、雑穀米の焼きおにぎりを残ったスープに入れて食べる。キノコの香りがたっぷり染み込んだスープで食べる締めご飯は絶品。美味しゅうございました。

13時ごろにお店を出るとき、どうもまだ残っていたようだ。やっぱり1000円という価格に抵抗感があるんですかね。そういえば、メニューも秋冬向けに新しくなっており「味噌つけ麺」なんてものが登場していた。これも食べに行こう。


■麺屋武蔵
東京都新宿区西新宿7-2-6 K1ビル1F
posted by S谷 12:45comments(0)trackbacks(0)



この記事に対するコメント











この記事のトラックバックURL
http://esuya.jugem.jp/trackback/1562