日々是好麺

S谷の食べた麺の記録。


<< 旬麺しろ八@新宿御苑前 | main | ラーメン むろや@四谷四丁目 >>



河原成美 四季のラーメン/銀座 五行

銀座五行 河原成美 四季のラーメン あら燻薫

あら燻薫(あらくんくん)/1500円

『一風堂』や『五行』を展開する力の源カンパニー社長の河原成美さんがその日限りの創作ラーメンを提供するイベントで、今回が14回目。ずっと博多の『一風堂』本店で行われていたそうだが、前々回から会場を東京・銀座の『五行』に移している。今回のテーマは「あら燻薫」。「アラ」といっても魚の捨てるところのアラじゃない。東京ではクエという名で知られている高級魚を使ったラーメンで、詳しくは以下、力の源カンパニーのプレスリリースより引用。

東京で幻の魚と言われる"あら"(東京名ではくえ)から贅沢に潮汁をつくり、平戸の焼きあご、帆立の貝柱、げんこつから とった清湯スープを加え、4種類のスープにしました。手切りの加水多めな不揃いの麺を使い、トッピングにはあらの身を贅沢に桜の木チップで燻した燻製、焼 き松茸、ゴーヤとくずの磯辺揚げ、ラディッシュの芽を。隣には秋の味覚の栗のおこわを添えました。旬の走りの"あら"。盛りの"松茸"。名残りの"磯の香り"。旬の走り、盛り、名残りが織りなす幻の一杯で、旬の移ろいを存分にご堪能ください


銀座五行 河原成美 四季のラーメン アラ燻薫 栗ごはん何やら凄そうなラーメンだが、S谷はアラ(クエ)なんて食べたことがないし、その美味しさが僕にわかるのか心配。ひょっとしたら、周りに合わせて「美味しいですね〜」って言ってるだけになるんじゃと心配したが……。

平たく言えば塩ラーメンということになるのかな? 手切りの麺は太さが不揃いで、不均一な食感が面白い。スープはとても美味しいお吸い物みたいで上品。本当に美味しいのだけれど、ちょっと上品すぎるかな……と思ったが、それだけでは終わらなかった。

トッピングを食べ始めてから印象が激変。アラの身をひとくち囓ると燻製の香りがブワ〜ッと広がってインパクトがある。その後にスープを飲んで、さらに驚いた。上品過ぎると思っていたスープが、強い燻製の香りに負けていないんですね。同じことが焼き松茸や磯辺揚げでも起こって、この風味の波状攻撃に完全にやられてしまいました。ラーメンに限らず、こんなに香りで楽しませてくれる料理は初めてだ。

説明書きに書かれていた「旬の走りの"あら"。盛りの"松茸"。名残りの"磯の香り"」を、とてもわかりやすく楽しめるラーメンなのだった。このスープと一緒に食べる栗のおこわも反則的な美味くてびっくりした。

これはもう、次も来るしかないですわ。
posted by S谷 19:40comments(2)trackbacks(0)



この記事に対するコメント











入ってるキノコみたいの、もしやマツタケですか!?!?
これはうまそう。。
next | 2008/10/23 10:22 PM


こんにちは。

その通り、松茸です。美味しかったです。
「四季のラーメン」初参加でしたが、美味しくてちょっとテンションが上がっています。
S谷 | 2008/10/23 11:50 PM


この記事のトラックバックURL
http://esuya.jugem.jp/trackback/1537