日々是好麺

S谷の食べた麺の記録。


<< 我流旨味ソバ 地雷源@方南町 | main | なんつッ亭@渋沢 >>



なんつッ亭@渋沢

なんつッ亭秦野本店 らーめん

言わずと知れた人気店だけれども、渋沢の本店(秦野店)は初訪問。開店時刻(11:30)の10分ほど前にお店に着くと、もう20人以上並んでいる。行列に並んでからも続々とお客さんが集まり、開店した頃には40人以上並んでいたのでは。

店内に入り、壁際のベンチ席で待つ仕組み。待っている間に注文を尋ねられる。この後にも待っている人がたくさんいるのに恐縮だが、滅多に来られるお店でもないので2杯注文してしまった。今日は正月限定らしい「めで鯛(……だったっけ? 正しい名前は失念)」という塩らーめんもあったようだが、注文したのは標準の「らーめん(700円)」と1日20食限定の「しおらーめん(800円)」。ちなみに今日から大半のメニューが100円前後の値上げをしている(一部、「にんにく」のように50円→無料になったものもある)。

席に着いたのは12時過ぎ。ほとんど待たずに「らーめん」が登場。クリーミーで濃厚な豚骨スープに、マー油(焦がしニンニクを使った黒い香味油)を合わせたもの。スープが力強いので、旨味が突出するわけでもなく、マー油の風味が全体を支配しているわけでもない。品達や池袋では食べたことがあるのだけれど、噂どおりここ渋沢の本店の味は大きく違うのがわかる。もちろん品達や池袋だって普通に美味しいのだけれども、この違いは何なのだろう。他の支店では多くの人が食べやすいようにスープをライトにしているそうだが、別に本店の味が食べ手を選ぶほどヘビーなわけでもないだろうし。いずれにせよ、僕はこちら本店の味の方が好みではある。

トッピングはチャーシューにモヤシ、ネギに海苔。チャーシューは肩ロース肉を使ったもので、スライスしたもの1枚に角切りひとつが入る。スライスした方はしっとりとジューシーで美味しかった。角切りは個人的には不要かも。

麺をほとんど食べ終えた頃、スタッフの方から「しおらーめん」を作っていいかどうか尋ねられた。食べるペースをちゃんと確認して、すぐに出せるようにしてくれたのですね。丁寧な対応も好印象。
posted by S谷 12:09comments(0)trackbacks(0)



この記事に対するコメント











この記事のトラックバックURL
http://esuya.jugem.jp/trackback/1248