日々是好麺

S谷の食べた麺の記録。


<< ひるがお 新宿御苑店 | main | 道頓堀 >>



ポウター

ポウターガキの頃、図鑑で見かけてずっと気になっていた鳥ポウター。私がインターネットを初めて間もない頃、ネットの力でポウターの正体にせまってみようと思い、こんなホームページを作ったことがある。

参考リンク:Webarchive 徹底検証 ポウターを探せ!

本日の「トリビアの泉」で紹介されたネタ「すごいハト胸のハトがいる」に登場したのは、まぎれもないポウターであった。残念ながら私は本放送を見逃したのだが、番組エンディングのダイジェストでも生きて動くポウターの姿を見ることができた。

番組中は、専門家のコメントなどなかったそうだが、はじめて見る人にはやはり印象が強いのだろう。本日の最高へぇを獲得し、ネタ提供者には金の脳が授与された。

ポウターもえらくなったものである。

ネタ提供者も、私のページを見たことがあっただろうか。ポウターエバンジェリストとでも名乗ろうかしら。



■2007年10月9日追記
だいぶ前なんですが、『WebDog』というブログでこちらの記事を紹介していただきました。トラックバックやコメントを送りたかったんですが、そういうシステムは導入されていないようでしたので、遅ればせながらこちらに追記することにします。

僕が『徹底検証 ポウターを探せ!」を作ってから、もう10年以上が経つんですね。

このサイト、僕がリニューアルすると宣言してから記事の整理が追いつかず、当時就職した勤務先での忙しさにかまけて放置し、結局はプロバイダ変更の際に消滅してしまいました。

このサイト、作ってからすぐにYahoo!のクールサイトに登録されました。登録カテゴリは「エンターテイメント」→「正体不明なもの(1)」。(1)っていうのは、僕のサイトを登録するために新しいカテゴリーが設けられたということで、今でいうところの「SEO」なんてレベル以上に凄まじいアピールになってましたね。当時の個人サイトではありえないくらいのアクセス数がありました。僕が大学を中退した'95年末から'96年春にかけて、某出版社に就職する際、そこがIT系のネタを扱っていたので「今流行りのホームページくらい作れなきゃ!」みたいな感じで見よう見まねでやってみたというのがこのサイトを作った動機。面接のわずか数日前にYahooに登録され、それをアピールしたせいか面接は一発通過。今でもそういった出版の仕事をしているのですから、僕の半生に大きく影響を与えたサイトではあったのです。盛り上がっていた当時は、ホームページ紹介雑誌から掲載許可メールがくるなんてしょっちゅうでした。一番驚いたのは、勤務先の別の編集部(隠すことないや。「インターネットマガジン」という某I社の雑誌です)のスタッフに自己紹介する際、「ポウター」の管理人だと言うと一発で話が通るんです。

サイト消滅後、しばらくしてから、ジオシティーに『ポウターってなんだぁ』というサイトが出来ているのに気づきました。わかる人なら分かると思うのですが、内容は私のサイトとほぼ同一。こちらの管理人さんに、やる気があるなら僕の持っているデータを全部差し上げるのでぜひ継続して欲しいというような旨メールしたのですが、よけいなお世話でしたね。返事はいただけず、結局そちらのサイトの更新も止まってしまいました(まだあるけど)。当方としては、ポウターの知名度を上げる一助になればと思ったのですが、今となっては黙っていればよかったと思います。

当時はGoogleのイメージ検索などなく、ポウターのリアル写真を探すのは今よりは困難(というほどでもないですね。面倒くさい、というくらい)でした。当時の米国Yahooで「pouter pigeon」で検索すれば、熱川にいたのと同じ「Saxon Pouter」の写真が大半ではありますが、僕が求めていた「Brunner Pouter」の写真もわずかながら見つけることが出来ました。それを載せなかったのは、単にもうちょっと引っ張りたかったという余計な思いがあったのです。ご存知の通り、結局はその思いを継続できなかったので中途半端で終わったわけですが。

このブログ、今では完全にラーメンのネタ専門になってますし、今さらポウターネタで何かやろうとも思いません。とはいえ、僕がガキの頃は図鑑にもイラストしか乗っていなかった幻の鳩について、数多くの皆さんの興味を引くきっかけにはなったかと思い、満足はしています。

この追記で僕のポウターに関する記述は最後になると思いますが、ネットが普及した現在、ガキの頃から十数年にわたって気になっていた疑問をネットで解決できたという満足感〜感動は、今の20代くらいの人にはわからないかもしれません。結局今でも転職先の出版社でコンピュータやITに関する企画を継続しているのは、すべてこの感動が原点になっているのだと思います。

このラーメンブログ、ときおりアクセス解析を見ているのですが、1日に1件くらいは「ポウター」の検索ワードでアクセスされる方がいらっしゃいます。ラーメンネタを売りにしている以上、それもどうかと思うのですが、読んでくれた皆さんにとって「ネット」って知的好奇心を満たすツールとしては最高だぞ、と思うきっかけになってくれればいいなと思います。
posted by S谷 03:05comments(3)trackbacks(0)



この記事に対するコメント











よっ!
ポウターエバンジェリスト(笑)!
Duke | 2005/11/24 2:37 PM


放送を見てましたが、アレが出てきた瞬間、アンタの顔を思い出しました…。さすがエヴァ(略)
おばら | 2005/11/24 11:19 PM


旧ブログから誘導していただきました。
動くポウターといえば屈伸運動するgifアニメというのもありましたね。
少しずつ、かつての記憶がフラッシュバックしてきます。
番組では、ゲスト(ベッキー?)も、人みたいとか感想を漏らしていて、
本当に知性を感じる出で立ちだなーと思いました。
seino | 2005/11/25 1:24 AM


この記事のトラックバックURL
http://esuya.jugem.jp/trackback/115