日々是好麺

S谷の食べた麺の記録。


<< 自作 ど豚骨 | main | ラーメン凪@立川 >>



きら星@武蔵境

きら星 旬の冷やし真鯵そば

きら星 旬の冷やし真鯵そば小平市内で下水道管に入ったり、ケシやアサを見学した後に武蔵境の『きら星』へ。昼夜それぞれ5食限定の「旬の冷やし真鯵そば」が目当て。開店30分前にお店に着くと誰もいなかったが、開店時刻には10人以上並んでいるから敷居の高い限定だ。

「限定(850円)」の食券を買い、店内へ。食券を渡してしばらく待つと、ガラスの器に盛られた「旬の冷やし真鯵そば」とライスが出てきた。脂の乗ったアジを「なめろう」にして、冷たい麺に乗せたもの。「なめろう」というのは、アジのたたきみたいな料理なんですね。醤油やショウガ(?)の風味が聞いた強めのタレで和えられており、麺を一緒に食べても爽やかな刺激があって美味しい。生臭さは感じられず、生魚が中華麺に乗っているとは思えないほどうまく合ってる。こりゃウマイですね。

トッピングはアジのなめろうの他、海苔、大葉、万能ネギ、糸とうがらし、柑橘系のジュレ。ジュレはなかなか刺激が強く、少量混ぜるだけでも爽快な風味が加わる。おもしろいのは、アジの骨を揚げたせんべい上の具材。香ばしく、食感にサクサク感も加わる。麺を食べ終えた後、残しておいたなめろうをライスの上に盛り、アジのたたき丼みたいにして食べた。これも美味しい。麺のボリュームがちょっと抑え目なので、このライスで締めるとちょうどよいくらい。

こりゃ美味しゅうございました。すごく美味しくて満足しているんですが、また限定食べちゃった。実は、ここのお店でレギュラーメニューを食べたことがないんですよ……。

posted by S谷 18:35comments(0)trackbacks(0)



この記事に対するコメント











この記事のトラックバックURL
http://esuya.jugem.jp/trackback/1062