日々是好麺

S谷の食べた麺の記録。


<< 【閉店後の酒席】七重の味の店 めじろ@代々木 | main | 麺屋錦堂@桜上水 >>



新潟濃厚味噌 弥彦/我武者羅@幡ヶ谷

弥彦 激麺

七夕にスタートした、幡ヶ谷『我武者羅』の土日限定セカンドブランド『弥彦』。セカンドブランドとは、同じ店舗で、屋号やメニューを変えて営業するスタイル。『我武者羅』は鯛だし豚骨スープのラーメンを出しているが、『弥彦』は独自のアレンジを加えた新潟風味噌ラーメンの専門店。『我武者羅』には一昨日来たばかりだが、今日の『弥彦』からカレー味の「越後味噌 激麺」を始めると伺っていた。

お昼の12時すぎにお店に到着。券売機で「激麺(850円)」の食券を買い、席について待つ。待っている間に続々とお客さんが詰めかけ満席。行列もできつつあった。

弥彦 激麺基本メニューの「剛麺」同様、ラーメンに割りスープ、大きなレンゲ、ガリの小皿がセットになっている。目を引くのが、ラーメンの中央に盛り付けられた赤い具材。糸唐辛子と揚げニンニク、粉チーズ(?)の下に、小さく切ったトマトがたっぷり盛られている。その他のトッピングはニンニクの芽、セロリ(?)、ニラ、メンマ、角煮のようなバラ肉チャーシュー。スープには背脂片が浮き、かなりこってりしたルックス。カレーの風味はかなり強いのかと思ったが、わりと抑え目で味噌の風味も残っている。スープは濃厚でドロッとしているが、「剛麺」ほど突出した強い味ではなく、「激麺」という割にはマイルドな感じ。割りスープを使わなくてもそのまま食べられるくらいだ。トマトや揚げニンニクを崩してスープに溶かしこむと酸味や香ばしさが加わって美味い。大きなレンゲの中で、割りスープをブレンドして食べてみたが、なくてもよかったかな? まぁ、この辺は完全な好みの世界だけれども。麺はもちもちした太麺で食べ応えがあるが、スープの強さのおかげもあってか一気に食べ終えた。残ったスープはそのまま飲むには濃すぎるように思えたので、ここで割りスープが生きてくる。

帰り際に気づいたのだが、なんか妙に女性客が多い。男性は2〜3人くらいだったのかな? かなりガッツリ食べられるラーメンだけれど、やっぱりこういう濃厚なラーメン、好きな人なら性別を超えて受け入れられるのかな。

posted by S谷 12:22comments(0)trackbacks(1)



この記事に対するコメント











この記事のトラックバックURL
http://esuya.jugem.jp/trackback/1051


弥彦@幡ヶ谷
とりあえずSNS記事転載しときます。あとで編集します。
ラーメン通信 By Tkz | 2007/07/25 1:24 AM