日々是好麺

S谷の食べた麺の記録。


<< 【閉店後の酒席】七重の味の店 めじろ@代々木 | main | 新潟濃厚味噌 弥彦/我武者羅@幡ヶ谷 >>



【本日オープン】新潟濃厚味噌 弥彦/我武者羅@幡ヶ谷

弥彦@我武者羅 越後味噌剛麺

弥彦@我武者羅 越後味噌剛麺全体昨晩の『金めじ』で、幡ヶ谷『我武者羅』が味噌ラーメンのセカンドブランドを今日から始めると聞いたので行ってみた。お店には『弥彦』と書かれたのれんがかけられ、甲州街道沿いののぼりも「新潟らーめん」に取り替えられている。のれんをよく見ると、「割りスープつき味噌らーめん」と書かれていた。新潟の一部で食べられる、かなり濃い味の味噌ラーメンを、割りスープで好みの濃さになるまで薄めて食べるもののようだ。昨年、新潟の『東横』で食べたことがあるが、『弥彦』では独自にアレンジした創作ラーメンになっているらしい。基本メニューはラーメンの「剛麺(780円)」につけ麺の「流麺(780円)」、カレーを加えた「激麺(850円)」の3種類。ただし本日は「剛」と「流」のみの提供で、「激」は近日スタートとのこと。

店内に入ると、券売機が新しくなっていた。満席で、2人ほど待っている状態。「剛麺」とトッピングの「とろり玉子(100円)」の食券を買って待つこと10分ほど。席についてからもしばらく待つ。麺がけっこう太いようで、ゆで時間がかかるようだ。

黒いトレーにラーメンと割りスープ、とろり玉子、ショウガの漬物、巨大なレンゲが乗っている。ラーメンにはニラ、ハクサイ、揚げニンニク、ニンニクの芽、豚角煮、糸唐辛子、白いホルモン……と思ったら背脂の塊が入っている。スープの中には魚粉や挽き肉も入っている。麺はかなりの極太麺。味噌の味がかなり塩っぱいので、ある程度スープ割りは必要。レンゲが大きいので、レンゲの中で割ったスープに麺を入れて食べられる。こうして食べれば薄めすぎる心配もない。食べている途中で背脂が溶け出し、かなり濃厚な甘味も加わる。

『東横』とはだいぶ違う感じだが、スープで割って好みの味に調整するという面白さは味わえる。こういった食べ方、東京ではかなり珍しいので話題になるかも。最後はショウガの漬物で口直し。スープは残したが、あれを全部飲んだら塩分取りすぎだと思う。

つけ汁に焼き石が入っているという「流麺」も面白そう。近所におもしろい店があってよかった。
posted by S谷 14:19comments(0)trackbacks(0)



この記事に対するコメント











この記事のトラックバックURL
http://esuya.jugem.jp/trackback/1031