日々是好麺

S谷の食べた麺の記録。





揚州商人@北浦和

揚州商人@北浦和 茸そば

■茸そば/910円

 JR北浦和駅西口のハッピーロード商店街を抜け、車道を渡ったところにあるお店。子連れで利用しやすいので、よく利用している。店内のポスターの写真が美味そうだったので、期間限定メニューの「茸そば」を注文した。麺はいつものように刀切麺にした。太くて伸びにくいので、子どもの面倒を見ながら食事するのに向いている。

 もっと和風のキノコ鍋風の醤油味を想像していたが、やはりここは『揚州商人』。けっこう中華風な味付けだ。キノコがたっぷり入って香りもよく美味しいのだが、もう少しなんかビシッと締める薬味が欲しいね……というところで、ネギの入れ忘れに気がついた。後で別皿で青ネギを出してもらったのでまぁ問題なし。

 もともとキノコ好きという僕の好みもあるのだが、けっこう美味しくて気に入った。刀切麺にしたのも結果的に大正解。キノコがたっぷり入ったほうとう鍋を食べているような感じで、スープや具の味と麺の食感の相性がいい。次来るときも同じものを食べよう。

■揚州商人 北浦和店
埼玉県さいたま市浦和区常盤9-32-2

posted by S谷 13:30comments(0)trackbacks(0)






揚州商人@北浦和

揚州商人 ネギラーメン

■ネギラーメン/800円

 ラヲタ受けするお店ではないのだが、ファミリー利用しやすいので最近よく利用しているお店。子ども用のイスもあるし、ひとり1個ずつオモチャももらえる。

 今回食べたのは「ネギラーメン」。ネギラーメンというと、だいたいシャキシャキした白髪ネギがたっぷり盛られた一杯を想像するが、こちらでは違う。たっぷりの白髪ネギを豚肉とシナシナになるまで炒め、塩味の中華スープに合わせたもの。ネギの甘味がスープを引き立てておりなかなかウマイ。同じようなメニューで「豚肉スープのこくネギラーメン(910円)」というのがあり、そっちスープがリッチで美味いのだが、こっちの「ネギラーメン」はややアッサリ目といえるかも。

 メニューにもよるが、だいたい麺は3種類から選べる。最近は極太の刀切麺を選ぶことが多い。今回の「ネギラーメン」については、中太の「揚州麺」が合うと思うのだが、あえて刀切麺にしたのは子どもを連れているから。子どもが食べるのを手伝っている間に麺がのびる心配がないのがイイ。

■揚州商人 北浦和店
埼玉県さいたま市浦和区常盤9-32-2

 

posted by S谷 14:00comments(0)trackbacks(0)






ラーメンの店 どでん@北浦和

どでん ラーメン

■ラーメン/780円

北浦和で人気の『二郎』インスパイア店。北浦和といっても、駅から気軽に歩いて行ける場所ではないな。クルマや自転車などがなければ、駅東口からバスを利用するといい。(クイーンズ伊勢丹そばのバス停から、東武バス浦31系統「さいたま市立病院」行きのバスに乗り、「教育センター前」で下車)

お店に着いたのは22時近かったが、20人近くの行列が出来ている。先に食券を買ってから並ぶ。カウンター席は12あり、だいたい半分ずつくらいの席を入れ替えていく仕組みのようだ。席についてラーメンが出てきたのは、23時頃だったと思う。1時間並んだのは久しぶりだなぁ…。

注文したのは基本の「ラーメン」。メニューは他に「油そば」がある。トッピングも定番は揃っており、珍しいところでは「ローストポーク」や「南部せんべい」など。本家『二郎』同様、麺が茹で上がった頃にトッピングを尋ねられる。今回はニンニク少なめ、ヤサイやアブラは普通で作ってもらった。「カラメ」は非対応だが、カウンターに醤油ダレが置いてあるので自分の好みで足せばいい。

『二郎』系を食べるのは久しぶりだが、けっこう特徴のあるラーメンだ。土台の豚骨スープは乳化して濃厚。スープはけっこうショウガが効いており食欲をそそる。アブラは大粒の背脂片で、おそらく醤油で味付けしてあるのかな。これが甘辛く、ラーメンの味に大きく影響しているのだと思う。そして何より、極太の平打ち麺のインパクトがすごい。かなり縮れが入っており、スープやニンニク、アブラが絡みついてくる。この手の麺はズズッとすすると汁ハネがすごいので、持ち上げかじって、持ち上げかじって食べるのがいい。

いやぁこれは美味い! 立地はお世辞にも良いとは言えないが、こんな夜遅くまで行列が絶えない理由がよくわかる。大満足。

■ラーメンの店 どでん
埼玉県さいたま市緑区三室1207-4

 

JUGEMテーマ:ラーメン

posted by S谷 23:00comments(0)trackbacks(0)






らーめん喜久@北浦和

らーめん喜久 ラーメン

■ラーメン/600円

北浦和駅西口を出て、17号を右に曲がって7〜8分歩いたところにあるお店。一見して昔ながらの町中華っぽいお店だが、いつも行列が出来ているのでこの街に越してきてからずっと気になっていた。お店の自信作は「海老ワンタンメン(750円)」とのことだが、初めて来たのでまずは基本の「ラーメン」を注文してみた。

細かい背脂粒の浮いた醤油ラーメン。豚骨清湯スープをベースに醤油ダレ主体の味付け。昔ながらの醤油ラーメンのひとつの形と言えるが、けっこう印象に残りやすい美味いラーメンだ。後を引くスープの旨味もいいし、背脂の甘味もいいバランス。肉厚で柔らかい煮豚チャーシューも美味いのだが、何より麺がいい。ほどよい縮れが入った細目の平打ち麺で、スープの持ち上げもよいし、食感も好みのタイプだ。これは美味しいな〜。行列もうなづける。

 

■らーめん喜久
埼玉県さいたま市中央区新中里1-14-17

 

JUGEMテーマ:ラーメン

posted by S谷 22:00comments(0)trackbacks(0)






味噌呉田 Life@北浦和

味噌呉田 Life 味噌ラーメン

■味噌ラーメン/870円

北浦和の人気店『柳麺 呉田』が毎月第2・第4月曜日に味噌ラーメン専門店にチェンジ。屋号も『味噌呉田 Life』に改めて営業している。営業日は、店頭の掲示も確認されたい。

写真は基本の「味噌ラーメン」。少し濁ったスープに、やや固めに茹でられた中太縮れ麺を合わせた味噌ラーメン。野菜や豚バラ肉と一緒に中華鍋でスープを炒めて仕上げている。写真ではよく見えないが、炒めた豚バラスライスなども入っている。スープの塩味は控えめなのは『呉田』らしいが、しっかりした旨味があり美味しい。もっとはっきりした味が好みなら、卓上の刻みショウガと刻みニンニクを入れよう。麺の食感がピロピロしていい感じ。大判のチャーシューもうれしいね。

■柳麺 呉田

埼玉県さいたま市 浦和区常盤9-16-7

 

JUGEMテーマ:ラーメン

posted by S谷 19:00comments(0)trackbacks(0)






柳麺 呉田@北浦和

柳麺 呉田 神戸牛脂まぜSOBA

■神戸牛脂まぜSOBA/950円

この日は通常メニューをお休みして、メニューを「神戸牛脂まぜSOBA」「鶏白湯SOBA」の2種類に絞って特別営業。ちょうど家族で外出中、ランチを食べようとしていたところだったので行ってみた。
私が注文したのが「神戸牛脂まぜSOBA」。レギュラーメニューの「鴨油とエシレバターの油そば」と似ているが、牛の香りがアクセントになっている。幅広の平打ち麺の食感がいい。

 

柳麺 呉田 鶏白湯SOBA

■鶏白湯SOBA/850円

こちらはカミさんが注文した「鶏白湯SOBA」。鶏白湯スープはゼラチン質(?)たっぷり。唇がペタッと張り付くほど濃厚だ。タレの塩味がはっきりしており、『呉田』のラーメンでは珍しいインパクトのある味付け。

■柳麺 呉田
埼玉県さいたま市 浦和区常盤9-16-7

 

JUGEMテーマ:ラーメン

posted by S谷 12:00comments(0)trackbacks(0)






柳麺 呉田@北浦和

柳麺 呉田 二年そば

■二年そば/1300円

2月6日でオープン2周年を迎えた『呉田』。2月5日(日)と6日(月)にわたって、2周年を記念した特別メニューが提供された。自宅からいちばん近いラーメン店だしね、これは見逃せない。日曜のお昼に食べてきましたよ。

さまざまな食材でとった、澄んだスープのラーメンに、神戸牛や雪姫豚のレアなチャーシューなどの具材が別皿で添えられている。見ての通り、ルックスもスペシャルなラーメンだ。スープはまるで上品な和食のだし汁のよう。塩味は控えめで、ダシの旨味を幾重にも重ねて構成しているところが『呉田』らしい。

レアなチャーシューは3種類。少し炙った神戸牛と、同じく神戸牛のみすじ肉、ブランド豚の雪姫豚が盛られている。食べていて幸せ。だってそうでしょう。口に入れるだけでとろけるようなお肉が3種類もあって、それぞれ食べ比べて楽しめるのだ。

美味しゅうございました。ご馳走さま。二周年おめでとうございます!!

■柳麺 呉田
埼玉県さいたま市 浦和区常盤9-16-7

 

 

JUGEMテーマ:ラーメン

posted by S谷 13:00comments(0)trackbacks(0)